とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

妊娠菌のメルカリ事件について思うところ

 

mainichi.jp

妊娠できる根拠のない米の話(メルカリ発祥)

 

昨日スタジアムに向かう途中でニュースが流れてきたけど、妊娠菌のついた米が1合で1500円なんだってね。お茶碗二杯分で1500円とかたいした高級米だ。

米に限らず、妊娠が他の人にも移るって説は、事務員女子の間でそういや流行ってた。妊婦さんのお腹を触るとご利益があるよとか、自分も子宝に恵まれるよとか。

※妊娠菌といっても、妊娠できた人にあやかるっていう風習のことです。今回はそれを商品にして売りつけたのが騒動のきっかけなんだとか。

 

人の弱みに付け込むというよくある手

 

闘病中のがんが治る水と同じで、人の願望に即した根拠のない商品ということでよくあるパターンかな。最近のトレンドと言えばトレンドだけど、車に同乗してた男連中(おっさん)も気にかけていた。

子供のいない夫婦とかも居るけど、基本はやはり欲しいものというのが基本的な価値観だからそうなってしまうんだろう。

実際、不妊治療してる人も多いので、「家族が全てで素晴らしい教」というのは全国的なものかと思う。切羽詰った人は、妊娠米以外に宗教にはしる人も居るみたいだし。

私はいくら医学的と言っても、不妊治療自体も確実ではないことに願いをかけてるのだから宗教のようなものだと思ってる。

妊娠に限らず、心の悩みで宗教に頼ってお布施をする人だって、ただの紙切れとか石ころに願いをかけて大金をはたく。

 

子供に特に興味がない人間からすると

悪徳商法ばりの詐欺はよくないけど、引っかかる人も引っかかる人なんじゃないの?ってところ。不妊治療者がみんながみんな胡散臭い商品を買う事はないだろうけど、希望を買いに走る人もいるでしょうねと外から見た感覚です。

オレオレ詐欺や結婚詐欺、還付金詐欺と一緒で、明らかに信憑性がない事でも本人が「思い込んでしまったら」焦って手を出してしまうのだから仕方ないね。。

 

そもそも「妊娠菌」っていうものをありがたがる価値観に染まっていないので、「出産=正義」という考えがない。妊娠や出産はあればあったらでいいけど、必死こいて欲しがるもんじゃないかなとは思ってる。

「赤ちゃんが欲しい!赤ちゃんが欲しい!」って事だけを主張し続ける人は自分の人生が駄目駄目だからじゃないの?って勘ぐってしまう。

 

だいたいそういうタイプに限って女性だらけの職場に勤めていたり、バリキャリじゃないし。仕事が普通でも自分の人生が充実はしてない女性ってイメージ。

「家庭的です」って女の人はケチでセコイおばさんしか見たことないんで、あんまりおもしろくない。いくら世代が同じでもね。

 

 

妊娠が正義でも構わないんだけど

家族が全てって、押し付けられるのはねぇ(・ω・;)(;・ω・)

自分が子供を望んでないときに「出産が幸せ!それを認めない人は精神が狂ってる!」ぐらいで叩いてこられると、イスラム教の人間が「豚肉食ったら罰が当たるのでお前も食うな」と言ってるぐらい違和感を感じる。

望んでない事を善意として押し付けてくるのは、むしろ暴力だと思う。 

「妊娠・出産が人生で最も素晴らしい事」と思い込んでる人には何を言っても通じないなとは悟っているので、言い合いになることはないけどさ。

基本、私が子供を重視してないと、きづかれるとハブりだすので。

 

「幸せのおすそ分け」に潜む罠

理屈でコントロールできない部分で悩むというのは、ある程度年齢を重ねてるからか無駄な時間じゃないかなと思ってる。

妊娠したいならしたいでいいけど、そのための不妊治療や妊活が毎日泣きたくなったりうつ病みたいに追い詰められる人というのがスタンダードというのは変な気がする。

しかし、いろいろな悪徳商法があるものだ。 

 

妊娠菌・不妊治療との共通点

 

妊娠菌米を出品した人・それにかけて購入した人もアレだけど、不妊治療に必死な人も「子供が絶対に必要!!」という「価値観のおすそ分け」をしてくるので結構同類じゃないかと思うのだが。

  • 妊娠菌米を出品した人・購入した人:この米を食べると妊娠でき幸せ
  • 不妊治療に必死な人:妊娠出産することが幸せの絶対条件

こういった「善意」を振りまいてくることが、「幸せのおすそ分け」に潜む罠になると思うので、あえて私は受け取りたくないっす(`・ω・´)キリッ

平成生まれに手を出す権利

 恋愛・結婚は全てではないけれど

仕事一筋でいくより、パートナーは居たほうがそりゃ楽しいよねとは思う今日この頃。

恋バナっぽい事があったので書いてみる。

 

まさかの平成生まれが照準に入った

10歳下の女に手を出す上司とか男はザラですが、10歳下の男や部下に手を出す女というのはそんなにいません。

私も昭和生まれの端くれとして、これまでお付き合いやら結婚やら考える相手は基本2・3歳年上(おじさんまでいくときもい)で、年下なんて2歳下ぐらいでした。

ところが。。今年の新卒なんて12歳下だし、ちょっと前に入った新卒ですら8歳下。それでも22歳とか27歳なので一人前の男ではあったわ。

 

年上好きか

なんとなく元部下の(新卒の頃一時期面倒見てた)好意は感じてたけど、あくまで仕事上のリスペクトだと思ってた私。

GW前に飲み会(同じ部署の中でも派閥があって定期的に飲んでる)があった。

安定のもつ鍋→お姉ちゃんのいる店①→お姉ちゃんのいる店②→締めの店

で朝3時か4時までブイブイ飲んでた。ちなみに美味しい店があるというのと、上司のお気に入りの美女がママをやってる店があるのですこし遠くで飲んだのだ。

 

 お開きになって、私の取った宿まで送るというので二人きりで歩いてた時に言いだした。

元部下(以下、柴犬になのでしばおとする)、ぽつりと言いだす。

しばお「実はタイプなんすよ!俺どうっすか?」

何だって??今更か。。。

 

マジか。えええ、妹より年下だし、つか平成で新卒の時から知ってるし、ひええ。。。怒鳴りつけた事もあるのに。。まさかのどM??

君が口説いてる相手は8歳も上のBBAだぞ、気は確かか??(。´・ω・)?

やりたいだけなら社内はまずいぞ、しかも役職なんやでお前が危ないぜよ??

 

ちょっと喰ってやろうか考えた

だいぶ酒も入ってたし解放感があったので連れ込んでやろうかと考えたが、ある一言をきいていたので立ち止まった。

同僚1「この前、しばおと温泉入ったんだけど、結構いいもの持ってたよ☆」

上司「ほう、やるな。彼女いたっけ、しばお?」

しばお「いやー、いまフリーなんすよ!」

で、この時歌が歌えるお姉ちゃんの店で他の客が歌いだしたのだが、私はガッツリ聞いていた。

「しばおは立派な一物をもっている(ドヤ)」

ということはアレだ。アレがでかいのだ。私、大きすぎる人はちょっと無理。

しかも若いとなると回数多くてしつこいよね、きっと。うーん。。。

※なぜ同僚がしばおのサイズでドヤるかは謎なんだけど。。

巨根に女が悶えるとかAVの世界で、現実的に嬉しい女性ってそういないんじゃないかと私はふんでいる。

出産とかで穴が拡大してたら男根がでかい方がいいのかもしれないけど。。。産んだらゆるくなるとかいうけど、実際問題どうなんだろうか。

 

世の中にはファックして若さを保つという考えもあるけど、社内で関係もつのもね。。しかも一応部下だしね。。

今回はしらふの告白ががなければ、やりたかっただけ。。かつ酔ってた!ていう事なので保留だわ☆

 

いやー、新卒の頃はひょろひょろだったのにがっちりしてきたから、年甲斐もなくキュンキュンしたわー。学生時代バンドやってたとは聞いたけど、歌がうまかった!

私はちなみに音痴で絵が下手なので、単純にいいなと思う。前提として「こいつ根性あるんだな」と知ってるのもあるけど。

たまにはいいね☆(*/▽\*)

休日出勤

f:id:dobokutanuki:20170502235506p:plain

 

GWがそれなりだなーと思ってたら、4日までは仕事に。

本来は休みだけど、協賛してる野球やサッカーの試合に関する仕事で出番があるらしい。小さい土建屋時代は現場だけである意味スッキリしてたなぁ。

いくら社畜寄りの30代中堅といえど、「ちっ、面倒くせ。」とは思うのよね。

けど、ミーハーなのでちょっと嬉しかったりもする。だいたい試合が見れるんだけど、スポーツ観戦わりと好きなのよね。ワーイε=ヾ(*・∀・)/

 

休日に仕事だっても、連休中だとやること限られてるから、いろんなブログ見たり、自分の思ってる事書いてみたりができてる。

本当なら小笠原諸島にいって、プラプラしたかったのもあるけど。。連休明けにバタバタするのも嫌だし、あえてインドアな連休にしてみた(*ノω・*)テヘ

 

たぶん今日は暇なので、夕方あたりからまさかの恋バナを書こうかと思う。

「恋愛工学」に出てくるような変な男は嫌だけど、やっぱり相手はいたほうが楽しいしね。無理に出会うのは、個人的にはやめといたほうがいい気はする。

よく「こじれた女子は恋をしろ」とか「興味のない人からデートに誘われても行け」とかアドバイスがあるけど、意味がわからん。

自分の気が乗らない相手に合わせるのは、時間の無駄・人生の無駄だと思う。

恋愛工学とかいう漫画(作:藤沢数希)

ある日、温泉帰りに漫画喫茶によったら、仰々しいタイトルの漫画があった。

「ぼくは愛を証明しようと思う。」

。。。。一冊読んでみたけど、「はぁ?」っとなるところが満載( ゜Д゜;)

f:id:dobokutanuki:20170506135151p:plain

 

概要:もてない若い男が、色惚け中年男に女とやれるテクニックを教わる話。

それがこの漫画、本にもなってるらしい。本が前かも知れない。

恋愛工学って名称からしていけすかん。 最初、そういう学問あるかと勘違いしたわ。

ナンパ師とかいう言い方もあるみたいだけど、いかに簡単に女と肉体関係に至るかが肝になってる。

中身は週刊誌レベルだわ、これ本気にする人っているのかな(。´・ω・)?

 

 

普通にしてて、もてない時点で諦めれば良いのに。

もてない男が美女とやりたいという時点で、貧困層なのに、ベンツ買いたいとかヴィトン買いたいとかマンション買いたいとか言ってるようなもの。

例外はモテない男がすごくいいやつだったとか、「俺物語」のゴリラ君並にヒーローならの場合だけじゃない。

 

週刊誌読んでも(男性向け)、高齢になってもセックスしたいとか男のやりテクみたいな本は私もたまにちらちら見るけど、みっともないの一言。

テクニックとしては、わざとけなした後に褒めるとか小手先のものばかり。なんだよラポールって。キモい奴にやられたらイラっとするわ!

 

 少数だけど、実物っぽいのに出会ったことはある。みんなブサメンだった。

身長低くて不細工なくせに「美女がいい」とかいうのよね。需要と供給が一致してないので、世の中にはストーカーというものや強制猥褻がはびこるのだろう。

自分目線からすると、作者の藤沢数希って人の魅力はよく分からん。学歴詐称のショーンKと同じ臭いがする。経歴は華やかっぽいが、うさんくさい。

作者がアレでも話が面白いという事はたまにあるし、中身は別って事は?私にはとても面白いとかためになるとか思わなかったけど。。

「愛」というより、冴えないブサメンが肉欲を果たす方法論でしかないんだけど。

エヴァンゲリオンもナヨナヨした気弱そうな男の子が主役だったけど、この漫画みたいに「とにかく女とやりたい!げっへへっへ」って感じではなかったものね。

 

 

ダメンズはこれしき、無意識的にやってる。

わざわざ本など読まなくても、女に飢えた男で浅知恵の働くやつならやってそうなことだなということが延々と語られている。

経験として「そういう汚い男」が一定数いるのは承知しているが、「愛」とか綺麗ごとでいってるのが違和感の正体のようだ。

そんなことを「恋愛工学」として堂々と本にできてるのがすごいなと思うわ。

 

もっと面白いブログとかあるのにね。こういうのに引っかかってやってしまった女子たちは不運としか言いようがないが、犬にかまれたと思って自分の事に集中したほうがいい。

モテなくて女とやりたい男はおとなしく結婚相談所に入るか、お金で処理してもらうか、自分で解決してほしいわ。一般女性に迷惑かけんなっつーの ( `Д´)ノ

 

そういや、これと似たジャンルにヤングジャンプに出てる「不倫食堂」という漫画がある。なぜか売れてるらしい。

 

概要:中年サラリーマンが出張先で食堂で出会った美女とファックする漫画。女が名産料理に例えられていることが多い。

 

。。。これもなぁ。世の中、不倫願望がある男が多いのかしら。本能的に種を蒔きたいからという説もあるけど、ただ食堂で会ったおっさんに抱かれたいとか馬鹿じゃないのとしか思えないけど。

私だったらこんな中年に声かけられた時点で拒否だわ。強制猥褻で訴えるかな。うぜーし。イケメンでもいらつくのにほんと無理。

しかし、最近のジャンプもアレだけど、ヤンジャンもキングダム以外に楽しみがなくなった。きもいナヨ男が美女にもてもてとか意味不明な漫画はいらんのだけど。

 

※最近また読み返されてるようなので、スッキリさせときます。(2017/9/7追記・修正)

現場監督のGW(リアル土木女子の実態ほか)

f:id:dobokutanuki:20170416165933j:plain

今日から5月、GW真っ只中ですが本日も元気に出勤。

 

自分のGWは5/4から5/7、けっこう優雅です(*´꒳`*)

とはいえ、4/29から5/8までの人だと9連休ですけどね!

現場監督のほかの同僚も、現場ある人は仕事、ない人は海外旅行でゆるりって感じです。私は中間ぐらいの忙しさ。

※事務所にはいかないけど、週明けからの準備はデータ持ち帰ってちまちまやったり、現場の工期中ではあるので毎日見回りには出てます(`・ω・´)キリッ

 

土木はこれからいいよ!と勧めてきたけど。。

 一般的に一級土木か技術士とって施行管理か設計なら食いっぱぐれはないけど、同じ仕事してても格差がだいぶあるのも一面なのだ

条件の悪いブラック土建屋にいけば手取り20万ちょいなんてよくある話だし、大手ゼネコンにいっても役職付きと平社員では全然違う。

バブル崩壊時にはその大手ですらも一気にリストラで首とかもあったし。「手に職」とはいっても自分のスペックや見せ方で扱いが大きく変わる。

私は運よくいい流れに乗り込めたけど、自分をうまく売り出せないとかワークらいふバランスぅ!!とさけぶ人には向いていない業界だ。

 

私の周りの土木女子(ドボジョ)事情

自分が出会ったドボジョ達を振り返る。きつい仕事だけあって、わりと連帯感があるので前の会社の事も続いてたりします☆素朴で素直な子が多い気がする。

 

・環境編

圧倒的に若い子(20代から30代前半)が多い。ある程度は学歴も見るけど、結局若くてきれいな子を雇い入れてる事が多い。

土木や建築の男どもは清々しいくらいの面食い。採用の場面でもそうなんだけど、基本が肉食系だから、若いうちに綺麗な奥さんをゲットしていることが多い。

変なセクハラかますやつは少数派だから、意外に安心して働いている。零細企業だとやばいと噂はあるけど。。どの業界も家族経営のとこは避けたほうがよい。

トイレの問題も徐々に解決されつつある。規模の小さい会社だと、そこまで手が回らないけどそこそこの規模なら女子は歓迎されるし楽の一言。

 

・人数編

前の会社:規模が小さかった割に、社長が女社長だったから私を含めて5人いた。ブラックすぎて、1年半以内にみんな退職。

 

今の会社:私を含め3人いる。※正確には今は2人。

→うち一人は「現場が辛すぎて無理。。」と、同じ施工班の職長(彼女より15歳年上)と勤めて2か月もしないうちに同棲を開始→結婚して辞めた。

が、その後事務員として復職(パートだけど)。

※もう一人は、東京にいって修行中。年齢が若いからまだ資格も取れないけど、頑張ってるみたい。

 

あくまで規模が従業員1000人以下での会社の話だが、2年以内に合計7人いたうち4人は結婚や再婚、別業種へ。3人が建築土木で残る。

残った中でも、3日昼夜オールナイトで仕事だぜ!って鬼現場をやったのは物好きな私ぐらいで、他の二人は結婚や家族のほうが優先順位が高いので代理人もこなしてないので昇給昇格もなし。

 

・向いてるタイプ

仕事が辛いとやっぱり家庭に入りたくなるのが大多数の女性なのだけど、嫌な思いをさせられたら「こいつら、じきに顎で使ってやる┗(`・ω・´)┛フンヌッ!」っと闘志を燃やすタイプだと向いてそう。

自分の思い通りになる職人さんや工程ばかりではないので、ある程度のストレス耐性は必須。

ワークライフバランスが!と考える人なら最初から女性が想定された看護士とか介護士のほうがいいかもしれない。収入は下がるだろうけどパートに切り替えるとか、子育てや家庭に理解がありそう。

男社会だと仕事一本でやってく覚悟のあるタイプの方が、根性があるとみなされるし優遇される。腰掛みたいな感じだと舐めた扱いを受ける。

  

現場には高齢者が多い

一般的にも公表されてるけど、工事現場の年齢で行くと3人に1人が55歳以上。爺さんが多いのだ。

監督も若手は少ない気がする、だって同じぐらいの給料で割がいい仕事なんて結構あるからあえてイメージのよろしくない建設業には来ない。

やっぱり、親や祖父から土木建築やってきたから来る人ってパターンが多いかな新入社員も二世三世とか多いし。

 

総合すると

女性活躍とか促進してるけど、この業界は当面はおっさんマジョリティで10人に1人ぐらいは女性に入れ替わってくかなという気がする。

女の人が根性がないとかそういう話ではなくて、きつい思いをして仕事一筋の姿勢を要求されるのはちょっとね。昔ほど給料良くないし。

俺らがインフラつくっとるんだて!!ってところにやりがいを感じる事が出来れば女の人でも全然いいんだけど、最終目標が家族!子供!仕事はお金の為! っておばさん臭が高い人は向かないんじゃないのかなとは思います。

 

ごつい構造物や建物を作ってくのはロマンがあって好きなんだけど、女性にはそういう部族は少ないみたいなんですよね(・ω・`(・ω・`(・ω・`)

シールドマシンと切削機に萌える人ってそんなにいない。使う機械もでかくて恰好いいのに。

やはり小さい頃にインディジョーンズとか少年ジャンプばかり読んでたから洗脳されちゃったのかしら。

私がブログを読む理由

f:id:dobokutanuki:20170417213552j:plain

もともと本を読んだり、映画見たりが好きな内向的な性格だった。

インターネットが出てきたころ(今からざっと20年前)は「ネット?あぁ、オタクのおもちゃね、ふーん。」と思っていた口です。

学部新卒の頃(今からざっと10年前)には、もうネットが申込や情報の入手方法としてメジャーになってきてた。

仕事で使うようになって興味をもちだし、最初に手を出したのはミクシーだった。

sns.mixi.co.jp

 

mixiの思い出

 

今は下火なので説明すると、フェイスブックもどき。フェイスブックよりは、個人特定されないやつで長文が書けるもの。ここで文章を書いたり、人の日記(友達の日記)を読むようになった。たしか友達の事はマイミクという名称だった気がする。

最初は自分が書いた日記や写真にコメントが付いたりで、楽しかったけどたまにネガティブ記事を書くと炎上してたっけ。

 

はてなブログに来て

 

インターネット?何それ美味しいの?の時代から、自分でブログを素人ながらもやるように成長しました(`・ω・´)b

mixiフェイスブックでは、実際の友達とのつながりがメインで、常にポジティブな自分を強制させられているコミュニティだったので苦しかったのだと思います。

なので、ある程度自由気ままに書けるここはわりと息抜きになっているのです。いい時代になったものだ。

 

購読しているブログたちについて

 

個人的に面白いなと思うものを読んでます。アメーバブログさんのとこよりは書き手のバラエティが富んでいるので「ここにしてよかったなぁヽ(*´∇`)ノ」と正解だったと感じています。

書き手さんの中には、日常だったら「なんてけち臭いんだろう」「絶対友達にはなれないな」「意識高すぎて一緒に居たら疲れるな」「家族ネタが多すぎるわ」と思う方々だってもちろんいるわけですが、記事は楽しいのです。

もちろん、日常的にいても友達になれそうだなって系統の人だっているけど。

 

直球で短気なため、下品やケチなふるまいにいらつくとその人の話を一切聞かないぐらいの性格なので(※大体は私の切れっぷりにむかついた人が距離を置いてくる)、そういう種類の人の話というのは縁がなかった。

ところが、表面的にアレだなって思う人の中にも「へぇ、こういう考え方もあるのか」と面白いところがあるのです。

 

 

逆に言うと、「自分と同じ属性の人達の枠を越えて、新しい見方・考え方を見つけられる」というのがブログの醍醐味じゃないかなと思うわけです。

 

というわけで、いろいろと今後も読んでいきます。ブログの世界とはいえ、書いてる人間とそれを読んでいる人間というつながりなので、自分がされて嫌な事はしない方針。

そういうのも考慮して、コメントしたり積極的に絡む行為は「これは自分がされても気にしない☆」という時だけで、基本は自粛する派です、よろしく(`・ω・´)b 

一人暮らしの家事、個人的にめんどくさいベスト3

f:id:dobokutanuki:20170429212127j:plain

日々思っているめんどくさい家事を挙げていく。 

  • 自炊がめんどくさい。
  • 洗濯がめんどくさい。
  • 掃除がめんどくさい。

女子力が高い人間であればこんなこと思わないんだろうけど。。

時代の変化や便利な家電たちのおかげで、昔の人らよりは楽をさせてもらっているんだけど苦手でね。昔に生まれたとしても、川で手洗いは無理っす(ヾノヾノ・ω・`)ナイナーイ

受験勉強とか資格試験とか基本が一夜漬けだった傾向がある人は、ずぼら寄りだと思うんだけどどうだろう。

 

・自炊

 基本的にやる気がわかない。毎お弁当の子とかみるとすごいと思う。

食べるのは好きなので、ある程度は作れるよ。最近はダイエットに目覚めたので、週に一回はやってる。

【よく作るもの】米、カレーラース、野菜スープ、焼肉、うどん、ラーメン、グラタン

 

可愛らしいブロガーさんが書いててちょっと惹かれる家電がこちら。米のパンが出来たてで食べられるみたい。GOPANというものらしい。

実際に作って食べるまでを書いてくれているので、非常にためになる。ずぼら寄りの私でも料理教室はちらっと行ってたし興味はあるのよ(`・ω・´)キリッ

panasonic.jp

実家の朝ごはんがパン派だったので懐かしい。健康的な食生活だったのよね。

今はファミチキとか朝から食べるようになって、時代の変化を感じる。

 

・洗濯

1週間か2週間に一度がデフォ。毎日洗濯をするよ☆というキラキラ女子やキラキラ主婦を畏敬の念でみています。

一度洗濯機かけだすとやる気が湧いて3、4回とか回すんだけど、「着る服や下着があればOK☆臭わなければ直接着る物でも3日は可☆」と自分の中にルールがあるので許している。

ふと家電アイテムを検索してこんなのを見つけた。

www.amazon.co.jp

 TBSマツコの知らない世界 洗濯もの干しの世界」でも紹介されたらしい。タオルが掛けれる+下着類が干せるという優れもの。

 

・掃除

2週間から1か月に一度、掃除機をかけ床をふき、トイレも掃除し玄関もスッキリさせる。これもテンションが上がってる時だと楽しいんだけどなぁ。

ずぼら派にはルンバとかがいいんだろうか。

store.irobot-jp.com

 

毎日ちょっとずつ家事をこなして、毎日綺麗なお部屋で生活する☆

というのは地味に理想なんですけどね。自炊も頻度があがれば節約にもなるし、なにより健康的。自分の好みの味が毎日食べられるわけで。。

GWは半分仕事になってしまったので、徐々に綺麗な生活がおくれるようにやってみようと企み中です(`・ω・´)キリッ