とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

無意識にやってた断捨離(人間関係そのもの編)

無意識でも断捨離してた

前回書いたやつの後編ですが、超長文です。最近検索で記事を見に来る方も多いようなので、かぶるネタもあるけど、全体向けでかきます。(検索が約75%らしい)

なお、辛口モードで行きます。。。「人の悪口なんて言っちゃダメ!!」という綺麗ごとが好きな方には遠慮するのをお勧めします(`・ω・´)キリッ

 

1.友達や田舎の同級生

うっかりだけど、幼馴染のナマズ旦那などをディスったら村八分になった事がある。

とにかく羨ましがらせたいのは感じていたが、「羨ましくないものは羨ましくない」と素直に反論して超スッキリしていた。

「価値観を押し付けてくる田舎女子」を自分的には断捨離していたのだろう。

 

はてなブックマークでコメントくれてた(アンチさん)が教えてくれた。※本人は批判してやった、ざまぁwって思ったのだろうけど。

 

「その幼馴染を心の中で村八分にしてたのはお前では?」とのこと。

 

まぁ、今思えば大正解。自立も出来ない歯科衛生士で偉そうに「国家資格!国家資格!」ってどれだけアホなの?って思ってた。金持ちなんだからもっと努力すりゃいいのに。

※幼馴染の実家は公認会計士の事務所。本人自体は専門→歯科衛生士ってコース。

 

彼女らは、私には用事のない男(去った元彼・合わない微妙な相手など)について、「なんですがらなかったの!」「もっと頑張りなさいよ!」「浮気されたあげくすぐ次の女と結婚されるなんて、あんたがブスで魅力がないから!っと喧嘩売ってくる。

※本人たちは「素敵な先輩としてアドバイスしてあげる♡とか思ってたくさいお」

 

相手の男が誠意のかけらもない人格でもスペックさえよければ頑張れとか言ってきた。乞食体質か、スペックぐらいてめぇでとりゃいいだろうが。

それに、別れた時点で結論出てるし。下記の感じが最後の方のやりとり。(※青字が私赤字が幼馴染)

 

「男のスペックにしがみついたり、大切にされる・愛されるだのばかりしか頭にないのはてめえらが低能で自立できないからじゃね?

                    ↓

「強がり過ぎると幸せになれない。ひがみっぽくて可哀そう(ドヤ)」と集中攻撃。

                    ↓

あまりにムカついたので「でも実際、あんた(幼馴染)ってナマズのご機嫌取りして、お手伝いみたいな仕事するために生きてくの?くそアホじゃん。」

                    ↓

「それが女の幸せよ(ドヤ)、ハイスペ男を捕まえられない僻みは醜いわね(ドヤ)」

                    ↓

「うーん。。私、本人が低脳でしょぼかったらすべてダメだと思うよ(*´∀`*)」

                    ↓

          「本人が幸せならそれでいいのよ!!!」

                    ↓

       「私、てめえらと違うし。嫌なもんは嫌だね(`・ω・´)キリッ」

 

※記憶は薄いが、こんなようなやり取りだった気がする。ざっくりだけど応酬は結構した記憶があるわ。

そして、田舎女子の友達は誰もいなくなった。

 

2.友達の旦那

ナマズ旦那は、幼馴染がまだ彼女だった頃に私に粉かけてきたからさらに嫌い。

当時はみんな学生だったけど、ナマズ顔でおじさん臭いくせに「飲みに行こうよ」とか毎日メール(※当時はlineなんてなかったの)がきたお。

「おはよう」「お休み」「可愛い」「〇〇(幼馴染)より先に出会いたかった」「今からでも遅くない(ドヤ)」「本当にタイプだ」「将来歯医者になる俺と付き合わないなんて馬鹿だ」だの、それはそれはしつこかった。リクルートのメールなんて目じゃない。

バイト帰りに待ち伏せとかホラーな事もあったっけ。

 

仕方ないので、自分が歯学部なのを鼻にかけた話をしだしたときに返してみた。

「歯学部って金詰めば入れるんでしょ?三流大学の上にブ男とかありえないしw

そもそも私に声かけていいのはイケメンだけだし。日常生活でも馬鹿なの?」

つったら、幼馴染より先に距離を置いてきた。口の悪いところがお気に召さなかったのだろうか。

勘違いブ男にいけると思われる時点で気分悪いわ(´・ω・`)

図々しいなと思うやつにセクハラされたら昔から戦うしかないもんな。

 

「皆に嫌われたらどうしよう」とは思ってたけど、本心は「村八分上等、ばっちこい!!」だったのかも*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

3. 高校時代の担任

英語の教員だったのだが、口癖が「僕は一日17時間勉強して、底辺高校から早稲田に入った。努力すれば夢はかなう!!」との昔話。

英語の授業はもちろん、全校集会とか、遠足とかとにかく話す機会があればこのネタを織り込んでて、でらうざかった。

 

夢が早稲田入学ってしょっぼ!!と当時から思ってたけど、わりと空気読むので棒読みで「すごいですね。」と返事する場面は返事してた。

たしか広末涼子がAO入試かなんかで入ってたので、「そもそも受験科目少ないし、馬鹿なタレントでも入れるんだから大したことなくね?」って思ってた記憶があるSTAP細胞の小保方も早稲田じゃなかったっけ。

 

風のうわさか、私をはぶにした幼馴染主催の同窓会で今の状況を知ってるかもしれないが、今は私が確実に上なのででかい口はたたけんやろ。ハガキこねぇしw

 

つか学歴なんて就職時や転職時の免許証ぐらいでしかないのに、何十年も前にすがってしょうもないジジイだな。15歳ごろから思ってて、今も同じ考えだ。

学歴はあるに越したことないけど、いつまでも用事ないのにひけらかしてカッコ悪い。

 

4.元彼・元婚約者

私はかなり未練があった元彼が居る。幼馴染に紹介されたブ男と付き合ってる間もずっと気にはなっていた。ふと寂しくなると、復縁の本とか引き寄せの法則を読みまくってた。

そんなある日、フェイスブックとかで「友達」として出てきたので、こちらからアプローチしたが、とある事情で1年以上無視されていた。

振られまくりでお先真っ暗だった。

 

何年かして今の仕事が波に乗り、「もう潮時かな」連という時に思いがけず連絡が入った。仕事が落ち着いたし去年ぐらいにご飯を食べたいというので、久々に再会。

 

だが、「私って、人を判断する目がなかったんだな。。。」という結果になった。

これも話すと長くなるので省略するが、裏切ったあげく調子が良くなったら近づくやつはゴミだ。

間違ったふりして電話とかしてきても要件聞いて切る。着信拒否もありだな。もう、わざわざ指摘もする気になれない。

※テンションあがってきたので、近く書きます。

 

人間関係を断捨離した結果

後悔するかな?とちょっとは思ったけど、1年たち、5年たち、10年たち(内容によって年数は異なるが)、何も後悔することはなかった。

 

友達については、自分の生活が私の生活より素敵という事を見せびらかしたいだけ「マウンティング友達」が居なくなっただけだし

様子伺いのlineやらメールやらフェイスブックイイネ強要のコメント強要もなくなり、スッキリした。

いっそのこと「友達」からも削除しようかなと思ったけど、じきにフェイスブック自体退会するしそのままにしてある。見たいときもあるし、どっちでもいけるように。

「友達と思い込んでたけど違う存在」に振り回されることがなくなった。

「自分にとって不要な人との関係そのもの」を断捨離してたという話だな。ここだけみれば時代先取りしてたわww

 

あれだな、きっちりとした仕事をして責任を持つようになってきて目が覚めた。

モノの断捨離で部屋を片付けながら、こんなことにも成長を感じた。

いろいろ嫌な目にもあったけど、最後はなんとかなるね*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

人間関係の断捨離

人間関係の断捨離はたくさんあった。

自分のしてきた「人間関係の断捨離」を書いてたら、すっごく長くなった(⦿_⦿)

読み返すと次の二つの事についてまとめてみた。

1.「人間関係の不要な風習」を断捨離した話 ※意識的

2.「人間関係そのもの」を断捨離していた話 ※ほぼ無意識に

2つに分けて予約投稿にてアップしまっす。今回は順番通り、家の中の余分なゴミを片づけてついでに出てきた風習を見直した話。

 

昔ながらの風習(不要になった風習)

部屋を片づけていて、年賀状や暑中見舞い、イベント時のプレゼントが出てきた。

その風習もなんらかのタイミングがあって辞めたのを思い出した。それらをあげていく。

 

Ⅰ 年賀状のやりとり

年末年始に送られるアレですが、廃止しました。実際に送らなくなって10年近くなるけど、何も不自由ないです。

①まず、受け取りを断つ

(過去にもらった年賀状)

引越す前に、過去一年分だけ保管してあと何年か分は捨てていた。残ってた一年分を発見したので、用事ないし全部捨てた。

年賀状なんてあっても役に立たない。必要な連絡先は携帯にあるし、そもそも仲の良くない人や昔の職場の人間なんて何のかかわりもない。

実家から来る年賀状についても対応は同じ。直接帰省した時言えばいいこと。

昔は貧乏くさくて趣味がなかったから、抽選であたる切手シート」が楽しみだった。もう、あんな子供だましはもう必要ない。

②こちらから送らない

 

もとから届いた年賀状に対して「返事をしな嫌われる。恩知らずって思われる」と恐怖心から、きちんと送っていた田舎在住時代。

今思うと、義務的に送る年賀状なんて、紙資源の無駄遣い!

 

 

Ⅱ お土産の受け取りと買ってくる行為

①もらう時

どうしても渡したい人がいてこれは喜びそうだからあげたい!ってんなら別だが、基本どうでもいいお土産がほとんど。

「会社を休んだお詫び」としてカロリーの高いお菓子とかを配ってくる。

デブに対して嫌がらせか。コラー! ( `Д´)ノ

 

ちな、土産をくれる人って、自分や家族に対しては免税店で数万円単位のブランド買いあさってたらしい。

皆には原価30円の変な現地の菓子とかケンカ上等なゴミを渡してくる。

お菓子ならゴディバのチョコなら許してやるけど、東南アジアのよくわからんクッキーとか飴はいらぬぜよ。

 

すこし前まで、気に入らなくともせっかく買ってきてくれたんだから」と無理に食べてたりした。まずかったし吐きそうでも食べきってた。

そんな「ゴミを食べて嬉しそうにするという変な行動」を断捨離。

 

もちろん、面と向かって「いらんのだけど!!」というのは、いくらアレな私でも駄目だと思うのでマイルドにやり過ごす。

空気を読んで、「他の欲しい人に挙げる」か「こっそりごみ箱に捨てる」かの二択。 

②土産を渡すとき

 

自分は基本、お土産行動に加担しない。

※これ喜ぶだろうなとか、自分がもらっても迷惑じゃないもの見つけた時は例外。でもだいたい忘れてるから買わない。

旅行・お出かけ自体を会社の人に言わない。言っても買わないので、渡せないんだお。

 

「友達に嫌われちゃうかも」「会社の人に嫌われちゃうかも」って思ってたけど、「土産ごときでガタガタいうやつはほっておこう」と気がかわった。

土産買おうが、媚びようが嫌うやつは嫌うだろっつーことで。

 

Ⅲ 頂きものをありがたがる習慣 

「お返しをしなくちゃ」と脅迫されてるようで、私はもらうの自体がなんか嫌だ。

なので、お返しはしないと明言している。プレゼントに限らず、ものを受け取ったら見返りを求められるのがどうも嫌なのよね。

 

1.誕生日プレゼント

誕生日プレゼントっていまだに妹や母親がくれるけど。。。友達同士だと一回お返ししないとなしになるから気が楽になった。ほしいものなんて自分で買うからほっといてほしい。

 

2思い出の品

 

「思い出の品だから」と使う用事もない・自分の趣味でもない、そんなものをほこりがかぶった状態でずっと持っていた。高校時代のもう連絡も取ってない子からの手紙とかプリクラとか。写真があればいいし。

元彼からの手紙やアクセサリーも出てきたけど、使えるやつだけ残してあとはポイッとしたわ。

3.記念品

 

中高時代の県大会かその予選か、昔勝ち取ったらしい部活のメダルの数々。

※私の田舎は帰宅部がだめで強制的に部活に入らされてました。

あと、大学の名前の入ったボールペンとかUSBメモリとか。

普通に使わないやん、使用してるの外部に見られたら恥やん、クールに燃えないゴミにだしました。※実用品はキープ。家で使う分にはただの文房具。

 

人間関係の風習についての結論

不要なゴミをやり取りする悪臭はもう必要ない。

自分にとってのゴミを受けとって負担に思わされたり、それだけでも嫌な事。

そのうえ、勝手にモノわたしてきて、勝手に見返り求めて「恩知らず」「感謝の気持ちがない」だのいうやつはその人自体に問題ある。

そんな人とは風習もだが、関わり・関係自体を断っても問題など起きず、むしろスッキリ爽快・快適になる。そんなことを後日アップします。

ズボラ女が断捨離した結果その2(モノ編)

断捨離2日目 

日曜日も断捨離してた。前の断捨離時とは違う系統のものも出てきたので挙げていく。総量で、45L入り袋×4!!

※一日では終わらず、二日目でもまだやり足りない感じ。捨ててるついでに、お掃除もするしね。途中で飽きてユーチューブみたり。

 

玄関編

・靴やサンダル×3足(穴あいてるサンダル・ヒール12cmと9cm)

 

台所編

・ほうじ茶お徳用50p×1箱(2016.10賞味期限)

・練乳(2018まで可だが、イチゴ狩りのち放置してから冷蔵庫入れたから。。)

 

洋服編(計21着)

・シャツ×1枚(15年ぐらい前のサイズで入らなかった。。)

・レギンス×2枚(黒い・数年前に流行ったけどいつの間にか消えた)

・ジャケット×1着(演歌歌手みたいなの)

・ボトム×6着(ウエスト57cmミニスカ・ショーパン等・履けても痛いヾ(。>﹏<。)ノ)

・起毛式のロンティー×1着(起毛が汚くて泡立ってる)

・私物作業着×1着(合材のシミが取れてない・サイズややきつい)

・ハーパン×1着(寝間着だったけど、20代ごろに買ってきつくて窮屈)

・コート×3着(EGOIST・ピンク・ボタンが取れて放置してた)

・ワンピース×3着(婚活用・スエット起毛のやつ・今は着れない派手柄)

・パーカー×2着(グラデーション・起毛式)

 

寝室編

・ブランド物の布ぶくろ×6枚(シャネルとかヴィトン等)

・パジャマ×2着(実家から持ってきた思い出の品・汚らしいから10年は着てない)

・ブラ×20着ぐらい(大学生の時からのも!!)

 

番外編

・今の会社の作業着一式→45ℓの袋に2枚分

※これは返せと言われたので、段ボールをホームセンターで買ってきたので宅配便か車で持参予定。

 

今回捨てたものの特徴

洋服関係・下着関係がめっちゃ多かった。

大学生の頃からのパジャマとか下着とか、気もしないのに「思い出の品だから」とか「お母さんが持たせてくれたから」とかの理由でたんすの肥やしになっていた。

 

苦労人の部類だったが、事情もあったのでブランド物はそれなりに所持してた。これは長くなるので別の話で書けたらと思う。

ともあれ今は、シャネルにもヴィトンにも興味が湧かず、「かばん?GUのリュックでいいんじゃね?」ぐらいの勢いだ。

ルブタン履きやすい(ドヤ)ってセレブ姉さんはよく言うけど、平たい靴またはクロックスが最強だ(`・ω・´)キリッ

黒革の手帳

好きなドラマが始まった。

黒革の手帖」が武井咲ちゃん主演でドラマ化してた。松本清張の原作からファンだったので、ドラマは大体見てる。(フルで見てるのは新しいの2作だけど)

一番見てて好きなのは、世代だからか米倉涼子さん編かな。

主人公のイメージにぴったりで気が強い美人だし。テレビ局もそれ分かってるからか、松本清張の実写化(ここ最近)は米倉さんが多い。

 

今回の武井咲ちゃん版は、また別な雰囲気。

銀行員だけど、派遣社員で派遣ホステスって設定になって現代風に。原作通り、横領して銀座に店を出したけど、今のとこは、銀座のママって感じじゃないなぁ。。

キャバ嬢ぽくはないから夜の蝶ならクラブ寄りではあるんだけど。

 

最初は米倉涼子バージョンが印象強いからどうよと思ってたけど、若いかわいこちゃんが元子をやるのもこれはこれで新鮮でいいので、今後の展開に期待。

しかし、若い子が元子やると色気の面で違和感があるから30~40ぐらいが適役かな。若けりゃいいってもんじゃないのよね。

原作の小説のイメージに忠実なのは、1982年の山本陽子さんかな。昭和の色気が今の世代の米倉さんにはないので。

 

あらすじ

銀行の女子行員(元子)が、金持ちの脱税目的の架空口座から2億ぐらい横領して銀座にクラブを出す。

黒革の手帖のデータ(架空口座の個人情報)を元手に、悪い奴らから金を取って金持ちになったり、男に振り回されたり、振り回したりする話。

主人公が賢いし気合入ってて根性あるんで、悪女だけど応援してしまう。

 

上記がざっくりしたあらすじで、ドラマ化ごとに主人公の生い立ちや年齢が違ってくる。これまでにドラマ化は5回してて、(スピンオフ入れたらもうちょい)、役を演じてる女優も24歳から40歳まで幅が広いお。

※キャバクラなりクラブなりで勤めてたかつ本好きな子は一度は見てる気がする。

 

ドラマ化の概略

興味ある方向けにドラマ化された一覧を載せておく。※スピンオフは除く。

①1982年版:元子が山本陽子

1984年版:元子が大谷直子

③1996年版:元子が浅野ゆう子

④2004年版:元子が米倉涼子

⑥2017年版(今年):元子が武井咲

 

しかし昭和の女優は綺麗だな。

 

ユーチューブで1982年版ちらっとみたけど、山本陽子さんが綺麗すぎた。

昔の女優は正統派な美人が多いのか。あれで40歳とか綺麗すぎる。

「金と手間暇をかけた若作り」より、「しっとりした天然の美人40歳」のほうが威力あるわぁ。カラーリングとか修正なしであれかぁ。。

 

デビィ夫人の若い頃もだけど、扇千景とかも若いころは美人だったっぽい。

昔の芸能人の方が、家族とかプライベートを売りにしないところが好きかも。ブラック企業はいかんけど、プロとして仕事してる女優の方が見てて惹かれる気がする。

ズボラ女が断捨離した結果(モノ編)

 

断捨離、思いついたときにしてます。

仕事面では几帳面なんだけど、自分の家ではだらだらしており結構ものをため込む。

無駄で不要なのに10年以上そのままなものとか結構あってびびる!!(*∀*;)

進路の面でも変化があったけど、同時に部屋の断捨離も進んでいる。

「今の自分に不要なもの」で「今後も用事がなさそうなもの」はがんがん捨てているのだ(`・ω・´)キリッ

 

多くの先人が言うように、捨てることで気持ちの整理がつく。

 

もともと、友達(音信不通にされた友達も含む)にもらったものだと、気に入らなくて保管していた私。捨てる旅にこう思った。

 

「何でこんなゴミ、取っておいたんだろう??」

 

もう会う事もないし、連絡取ることもない、必要ないじゃないか。

 

むしろ大事な人でもくれたものがゴミなら捨てたらいいんじゃないか?

そんなわけで、ズッボラ系三十路女が断捨離したら出てきたゴミについて語る。

 

 

断捨離の結果、処分したゴミたち

ものが沢山すぎて、まだ全部は終わってないけど途中経過を。

一日で断捨離出来る人って優秀だと思う。一回やったら疲れて当面だめ。無理無理、気分屋には無理ぽ。

無駄になりそうなものは買わないに限るわぁ(´・ω・`)

1.台所編 

賞味期限切れの調味料を中心にどっさり出てきおった!!

①和風ドレッシング 2016.3.30

②納豆用しょうゆ 2015.12.15

③シナモントーストパウダー 2013.2.10

③サラダ油 2010.5.10

⑤いつ買ったか不明な玉ねぎ(変色ありで、なんか出てる)

⑥アロマ付きポプリ (実家を出て帰省時におかんがくれた)2007.4

⑦電子レンジで熱が均等に伝わる皿(サイズーバーで使用不能)2016年購入

⑧沖縄の塩(お土産で買った時は使う気満々だったんだけど。。。)2016年購入

⑨電子レンジOKなおかずとかも乗る皿(大皿×2)2005年購入

 

2.寝室編

 

 

「そのうち使うかも。」といって未開封とか途中まで使ってある化粧品もどっさり出たよ!!

 

①化粧水(3本)2008.6購入

②目元クリーム(1本) 2008.6

③まつげ美容液(1セット) 2008.6

④イブサンローランのベビードール(香水)2004.12購入

ランコムのミラク(香水)2004.8購入

アロマキャンドル(4個入り1箱+中1個+小1個+ゼリーっぽいの1個)2005年以降収集したくさい

⑦ボディクリーム(3本ぐらい)2007年以降収集してたっぽい

⑧ヘアワックス(オーストラリア産×1本)2015あたりに旅行時で現地のスーパーで買った残り

⑨バスローブ×1(無印)2010年ごろ

⑩キティちゃんのバスローブ×1(購入時期不明だが、2005以降)

⑪友達のお姉さんがくれたギラギラした服(ワンピース)2014年10月

⑫バリ製の変な箱(幼馴染の新婚旅行の土産のから)2006年9月

⑬つけまつげ(12セットぐらい)2008年頃 キャバ嬢時代のどうでもいい遺産

⑭熊のマスコット(5.6cmぐらい)数体 購入時期不明

⑮乳液(2本) 化粧品とセットで買わされるやつ 2008年ぐらいかなぁ

 

私が長年置いてたものを捨てた時の基準

 台所:食べたら危険

 

文字通り、賞味期限が何年も切れてたとか。どうりで酸っぱいにおいとかつんとした風味だと思ったわー!!

 

寝室:①使用したら危険+②汚いから邪魔

化粧品とか肌に直接塗るわけだし、3年や5年、いつ買ったかわからないやつなんてカビも生えてそうだしやばい気がしてきた。

つけまつげやら人からもらったやつは別にあってもいいんだけど、それがあるおかげで視界が悪かったり、普段着る服などのの邪魔になるのはアレだなと思った。

 

 

 

断捨離への感想

結論からいうと、断捨離はめんどくさいけどスッキリ爽快です(*´∀`*)ノ。+゚ *。

例えて言うなら、だるいけどシャワー浴びたりお風呂つかった方がすっきりするみたいな感じです。

今まではぷらぷら暮らしてたけど、人が出入りするとかだと綺麗にしとかなきゃと思う。逆に言えば、侵入されないうちの中は無法地帯だ。

特に一人暮らしして10年たつ人は一度やってみてはヾ(*・ω・*)

土木女子、スーゼネへゆく。

f:id:dobokutanuki:20170704094555j:plain

 

ぬるい現状に疑問を感じだす

今いる会社で骨を埋めようと思っていた。引越しもしたくなかったし、役員の席も空いてるし他の候補もいないし、いい思いができる計算もあった。

が、久しぶりに現場をもって見えてきたものがあった。

最初のヘッドハンティングが来た頃、零細土建はDQNの巣窟と分かり切っていたが、大手ゼネは厳しすぎて病むと思い込んでいた。

なので、「自分レベルは大手にはちらほらいるが、中堅以下ならばスーパースターに違いない(ドヤ)」という打算もありきで中堅に来たのだ。

 

その結果、転勤や赴任をすることもなく、「ま、中堅のいいポジションでゆるくやってくのが私には合ってる」と思って甘やかされて生きてきた。

しかし、なにぶん地方の一企業だけに仕事の規模が小さいので、現場のきつい労働にやりがいを見いだせない。最初はよかったんだけど。

※それでも全建設業のうち、ゼネコンってだけで上位2%にはいる。建設業は98%が一つの県にしか事業所をもてない中小の多い業種。

 

が、久々にフルで現場復帰して思ったのだ。

どうせきついのだから、国を挙げたビッグプロジェクト級の仕事のほうで苦労したい

勘違いした田舎の小金もちの住民に頭を下げて、小さいインフラを更新していくのに飽きを感じた。やつらの手のひら返しは見事なものだ、人を見て横柄に出たりぺこついたりけっこう人間不信になった。

都市土木の仕事は、構造は単純だけど気を張るポイントが多いので経験を積んだジジイ向けだと思う。

 

セコイのは無理なのよね(`・ω・´)キリッ

加えて、会社のカラーの問題なのか、超セコいし、ケチケチしてるのだ。

基本給は平均的な女性の倍以上はもらってるけど、夏のボーナスが10万円で「感謝しろ」とか言ってくる。

下請け仕事が多いのもどうも気にくわなかった。

 

何より、大したことないレベルのことを仰々しく語るので、「ああ、もう卒業しようかな(`・ω・´)キリッ」と感じることが多々あった。

耐えることはできるけど、年齢的にもラストチャンスかなと他の会社の事を気にかけるようになってきた。

 

ヘッドハンティング第二弾がきた。

そんな今、この業界で泣く子も黙るスーゼネ様からお呼びがかかった。

※自動車業界でいえばトヨタ自動車、ITでいったらグーグル、広告代理店と言えば電通、みたいな感じでトップの会社群のことね。国内には5社でかい会社がある。

 

昨今の人手不足で30代の土木技術者・建築技術者はいま引っ張りだこなのだ。

もちろん、女性だからってお飾りの意味で声かけてるのもあるんだろう。

役職と年収はいまより落ちるかもしれないけど、提示額は悪くない。

現実的に考えると、残業がきっちりつくらしいので大手に移れば年収は100万増えるぐらいで役職二つさげぐらいか。下手したらひらかな。。

 

条件もだけど、技術屋としての興味も大事

安定した条件で産休だの育休だの考えるなら、今のままぬるく生きてた方がいい。

せっかく男も出来たけど、このまま小さい町の仕事と、たまにあるJVで仕事した気になるのか、この機会に技術屋根性の発揮できる大手に行くのか。

で、もう後者の方なのでボーナスの明細を渡されたときに私はこういった。

 

「私を雇いたいという会社はたくさんあるので、10万円のボーナスはありがたいと思いません。もう小さい仕事はしたくないです(`・ω・´)キリッ

ここでニモ(部署の上司)が涙目になった。でも頭に来たので続けて言ってやった。

 

「そんなにお金お金というなら、このボーナス突っ返していますぐクビにしてもらって、結構です。この前JVで一緒に仕事した〇〇建設にお世話になる話も進めてるんで。もちろん最後の現場の検査が終わるまで責任があるのでいますけど。」

 

ニモ黙る。結局今すぐ辞めるというのは現実的ではないので撤回し、冷戦状態が継続していた。が、今日動きがありすこしだけ和解。

なんだかんだいってきつい仕事を一緒にやってきた仲間だし、生意気なBBAだろうが可愛がられてるんだろうなとは思うわ。

 

今日、さらにセコい真似をされたので転職確定

恩着せがましいのが嫌だということに加えて、今さら入社したばかりの頃の車をぶつけた修理代をよこせと言いだした。

 

いずれ大型現場で集中できる場所でものをつくりたい、セコイ体質にはついてけんわ、と思ってたのでスーゼネへ旅立つのは時間の問題となった。 

 

野球やってたら甲子園行きたいし、プロになりたいし、メジャーリーグ行きたくなると思うんだけど、そんな気分だ。

 

やっぱ大海にでたい

検査も終わって暇になったので、しばらく休みをもらった。

最近、同業で過労死した若者のニュースがあった、あれは新卒には無理だろ。

私もそればりに現場出てる時は働いてたけど、納得のできないブラック労働はしたくないので、もうこの会社では働きたくないな。

 

楽な人生を送りたいなら結婚の話で専業主婦になるって手もあるにはあるが、「付属品の人生なんてまっぴらごめんだわ」って思ってるし、せっかくなら昔の女の人が出来なかったことに踏み込んできたいのよね。

 

ワークライフバランスは最近入った後輩に譲って、お気楽ドボジョは卒業!!

家賃3万円のアパートに住んでた

f:id:dobokutanuki:20170408214002j:plain

 23歳だった頃の私の住処

昨日、家電の話を書いていて、家賃3万円(管理費・町内会費・水道代込)のぼろアパートに住んでいた時代をふと思い出した。

 

当時の給料は手取りで14万円という今でいえば立派な貧困女子だった。親とは折り合いが悪かったので、まとまった金がたまった時点で実家を出た。

 

当時の住処は、敷金礼金全部合わせても10万かない激安物件だった。

もともとは地元にある短大の女子寮として入居者を募集していたが、不況で一般人も可になった物件。田舎だし独り暮らしをわざわざする女子もいないしね。

隣の部屋のギシアンが聞こえてくるし、一階は大家だし、1Rのユニットバスで10畳、洗濯機は屋外だよという築30年越えのボロボロアパートだ。

 

ギシアンが聞こえるのは、隣の部屋の女が彼氏を連れ込んでいたから。まぁ住んでた最後のほうだけど、それもきっかけで引越したし。

それでも実家が嫌でたまらなかった当時の私にはお城だった。

その頃には、当時の彼氏と結婚する気でいたので、一人暮らしも長くならないだろうと思っていた。

 

若者だった頃の私と家電

実家を出てから、家電量販店でまとめて必要そうな家電を買った。

当時は製品を選ぶ重要要素が、1に価格、2に品質、3にデザイン

掃除機については「まぁ使えればいいや」ぐらいで安さとデザインと大きさ重視でパナソニック(旧・松下電器)を買い、今も使っている。パナソニックは地味に優秀。でもいいやつみちゃうとそこまででもないかと思う。

 

お金もなくて冷蔵庫・洗濯機・掃除機・炊飯器・電子レンジと10万以下で揃えた覚えがある。

 

BBAになってからの住処

都会・オートロック付き・バストイレ別・2LDK・壁厚い・屋根付き駐車場有で、10万ぐらいの家賃。

 

洗濯機・炊飯器・電子レンジも、まだ使えたとは思うのだけど都会のマンションに引っ越してから替えてた。※屋外に出てた洗濯機は変色してたしなんか臭かったから、すぐ替えた。

 

23歳の頃には、当時の彼氏とその次に裏切られ、最終的に幼馴染の紹介のモラハラくそブ男に引っかかり、村八分にされるとかは予想できなかった。

それから「もう男はいいや、仕事一筋で独身通すぜ(`・ω・´)キリッ」と思ってたので、若い頃にも出くわさなかったクソタイプをゲットできるとは全然予想していなかった。

 

そもそも新卒カードをブラック大企業に使って半年もせず辞めたから、男に依存しなきゃ生きてけないと思ってたからね。その後も田舎の呪いにかかって、片手間でできるような仕事ばかりしばらくしてたし。

約10年後に、単独で保証人もなしで3倍以上の家賃の家に住んでるなんて想像もしていなかったわ。

 

家賃はケチらないほうがいい(`・ω・´)キリッ

今のマンションには、約5年住んでるけど年収がギリギリの頃に入居した。

現在の月収なら余裕だが当時は「これ、、、やっちまったかもな、、、うーん、、、」と思う時もあったなぁ。

前のアパートが酷過ぎたと思うのだけど、「いつか結婚するからぼろアパートに住んで貯金しよう」「家賃は収入の30%以下にしなくっちゃ」とかケチケチおばさん寄りの意見に染まってるとそれが正しいと洗脳されてしまう。

それなりに働ける・結果が出ると自分が思えるのであれば聞かなくていい。

というか、人生攻めて生きたいタイプであればあるほど休息する家は整った状況であるべきだわ。

しょぼい場所に住んでると、気持ちも情けない女になるし、性格がくたびれたババアになるんでお勧めしたいとは思えない。

どうせ住むんだから、多少高くても納得するおうちがよいよ(*´。・ω・。`*)キャパ