読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

ブラック企業体験記③(建設業)

こんばんは。ブラック起業ネタも本日でいったんきります。

名付けて「ブラック企業退社あるある」ですかね。辞めたいけど辞められない、にはこんな背景があったりします。

ざっくりこんな流れで三か月かかりました。

 

退職するまで

 

1.退職届出そうとすると直属の上司逃げる。

2.辞めるなら半年前に申告しろと言われる。

3.社長だせや!というと、そのうち時間を取るとごまかす。

4.1ヶ月経過しても話が進まないので「内容証明送ってもう来ません」と言う。

5.話し合いという名の、社員と取り巻きvs私(退職希望者)の戦いの場が設けられる。

6.「この会社を辞めたらどこにも雇ってもらえず不幸になる」と全員で一人を攻め立てる。

7.私「ありえないから、とにかく退職届受け取れや。」とその場で渡す。

8.社長しぶしぶ受け取る。暴言を吐きまくる。

 

私は気が短い方なので、1.2.の段階で何を言われても絶対やめるんだという決意をしました。

 

洗脳くん

 

新卒からこの会社で働いている大石さん(37歳)は見事に洗脳されていた。こんなことを言ってきた。

「社長は言葉は厳しいけど、本当に社員の事を家族と思って接している、仁義に熱い人なんだ。土木や建築なんてもっと酷いところが多いけど、たぬさんは社長に好かれてるし今辞めるのはもったいないと思う。この業界に居るならここで働くのがベストだ」

 

この先輩の事はわりと仕事面で信用していたが、もっと酷いところがあるから我慢するという所に違和感を感じた。15年もここで働いてきたから他の世界が分からないのだと思った。

 

よそ者からしたらさぁ

 

私はこう思った。社員が家族?けど社長の身内って月給20万円でボロボロの軽自動車で現場出てご飯も食べれず徹夜で働いてたっけ?三か月休みがないとかうつ病になったりとかしてないよね?そもそも役員なのに姿見ないんだけど?

本当の家族はきれいな服を着て高級車に乗って仕事の内容も分からない(というか名簿上だけでゴルフ三昧とか)くせに月に100万もらってるんよね。

私、奴隷になりにきたわけじゃないし!!

 

ブラック企業の従業員たちって

 

「退職するまで」の5.6.の話合いという説得の場面で、奴隷の身に疑問ももたず口先だけの「大事にしてる」という甘言を信用してる社員らも悪いんだなと悟った。ここ以外の土建屋ゼネコンはさらなる地獄だと思い込んでたみたいだ。

DV受けてる奥さんみたいなもんじゃん。

DVされ奥さん「夫と別れたら生きていけない!」

ブラック企業社員「この会社やめたらどこにも雇ってもらえない!」

別にここじゃなくたってやってけるって思えないらしい。

 

そしてニューワールドへ

 

こうして、環境は悪いけど優しい先輩と頑張ってきた!という思い込んできたが、「ま、現場代理人(土木業界でいう責任者)も経験できたし、次いこ次!」と人材紹介会社に登録し、同業他社を探した。

条件からヘッドハンティングされて今の会社にいるが、奴隷捕獲計画に加担しなくてよかったなぁと幸せです。

そもそも別で働いたことあると、異常なとこってわかるしね。