読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

ブラックな疑いのあるバイト TOP2

 

ベタなブラックバイト

 

学生時代からいろいろバイトはしてたのでわりと免疫がついてました。まぁ、ムカついたらブチ切れてやめちゃう残念な性格だったのですが。バイトってたくさんあったし。

今のところ、うつ病にはなったことがないけど、あれはブラックじゃね?って思うやつをあげてきます。

「居酒屋」「塾講師」が2トップ。

 

居酒屋:勤務日数は2日。

 

注文聞いてお運びして会計ぐらいかな?と思われがちだけど、独特な風習がけっこうあった。個人店だったけど和民をマイルドにした感じ。

これあかんやつwと初日で気づいてたので問題はいつブッチするかだったけど、二日目に宣言して辞めました。

夕礼:開店前に元気を高める激励会みたいなやつ。オープンからの時は始業30分目には制服を着た状態で毎日行う。

ロープレ:お客さんのグラスが空いたらすぐに、おかわりを勧めるトークをしなければいけない。これも夕礼で一人一人発表する。

綺麗ごとの唱和:「お客様は神様です!」とか「感謝の気持ちを常にもつ!」とか「他人と過去は変えられないが自分は変えられる!」などのポジティブなきれいごとを叫ばせる。

※声が小さいとやり直し。

罰金:辞める旨を宣言した途端、倉庫裏に呼び出される。最初は期待してたのにとか泣き落としや、「逃げるのか!」といった挑発的な物言いで引き止め。それでも辞めるというと。。「辞める奴に給料は払えない」「迷惑料を払え」とか。

暴力:私は訴える気満々だったし一応女子だから、「ここで働けないお前なんかどこでも働けない」「社会のごみ」「女なんか風俗に行け」とか暴言ぐらいだったけど、気が弱そうな若い男の子はよく蹴られてた。

 

塾講師:勤務は2年。

 

時給2000円か2500円という貼り紙をみて、美味しいかなと思って近所の学習塾にてバイトしてました。居酒屋みたいに低学歴じゃないし大丈夫かしらと。ところが。。。

話が違う:時給ではなく1コマいくらという設定。

意識高い系ミーティング:講義前や講義後、生徒にやる気を出させるにはどうすべきかという意見交換会を強制。

お掃除:授業が終わった後に教室に掃除機かけたり備品の補充。トイレ掃除もね。

集金:月謝の集金も規定日にしてね、との事。※手渡しでしたので。

持ち帰り仕事:苦手科目がある生徒にはプリントを作ってきてあげて、小テストの採点しといてとか。

 

軽く搾取されてきました

 

これらにあたった後のバイトは卒業までやってましたね。肉体労働系のブラックとデスクワーク系のブラックである意味コンプリートしました。

どっちの仕事も「無給の時間外労働」を「仕事とはそういうものだから」で強制してました。

 

学生時代は社会人としての経験がないので、搾取しやすかったんだろうなぁ。

さすがに居酒屋はバックヤードにものを取りに行ったら、一人の男子が辞めると言い出して蹴られてたんで、危険を感じ1時間ぐらいで辞めようと思ったけど。塾はそんなものかもって働いてたし。

 

バイトで鍛えられたというより、「これは変だぞ、苦しいぞ」と気づくデータの蓄積になってたのかもしれません。

ちなみに今思うとより嫌なのは塾講師。自慢にならない自慢話をする学歴しかしがみつくもののないモヤシみたいなおっさんが代表でした。

 

モラハラなのか?

 

塾長のおっさんはモラハラってやつだと思うんだけど、コピーの取り方が気に入らないと(ちょっと歪んだが内容には問題ないのでそのまま印刷した)、たぬきさんは裕福な家庭じゃないからコピーも歪むとか細かいことにうるさかった。

自分のキャリアに自信がないため、話す内容はいつも昔話と「男子校時代(有名私立中高一貫校)の同級生にはこんな偉い人がいる!」「こんな偉い友達や教え子がいる俺素晴らしい!!」って痛いモヤシでした。

見た目もスネ夫みたいだったし、死ぬまであんな感じなのかな。

 

こんな感じで田舎町の実家に居た頃でバイトの方がなにかとブラックだった気がします。