とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

文章を分かりやすく書くために。

ついに正式アンチが現れる(`・ω・´)b

調子にのってブログを書いていたら、認識がズレてるような。文章わかりにくいし…優秀な人のようなのでたぶん実務的な文章は上手く書けるのかな。との指摘を受けた。

大人になってからは仕事以外の事では指摘を受けないし、女子社会では気に入らない発言があれば即「村八分」なので、振り返って指摘されることは改めたいと思う。

 

せっかくなので分析と反省

ブックマークされた「田舎の呪い」の記事を改めて見返してみると、結構文脈がぐちゃぐちゃだった。

この話の要点は、「田舎の慣習に同調せずに幼馴染にハブられた」って事なんだけど、そこに対する関連のエピソードがうまくつながってない。

自分で書いといてアレだが、「起承転結」がなっていない文章ですね。

ここで自分の為にも復習しておく。

 

起   物語の前提を説明し
承   事件が起こり
転   その事件を解決する
結   その結果を書く

 

実務的な文章はこんな感じです

仕事面の書類作成は「これこれの方向性であれば技術提案書はこういう内容を書けばよい」という前例があるので、自然と筋の通ったものになります。

仕事面の文書では、さらにストレートに「問題点→検討案→結論」で収まる。

先輩の書類作成も代筆でやったが、役所の指摘ゼロだったので決まった形式で文章を書くのは得意です。ある意味ゴーストライターっす。

 

しかし通常のブログでは。。。☆⌒(σゝω・)σゴメンネ

見ての通り、その時々で思ったことや感じた事、食べに行ったもの、もふもふ動物に、たまに仕事の話で思いつきで書いてます。

だめんずやマウンティング女子にあたった怒りもまだ消化しきっていないのでしょう。

 

そういや、現場でも作業員に「話が長い」ってよく言われてたな(´・ω・`)

彼らが現場で求めているのは今自分達が何をすべきか、どこまでやればよいのか、この点に限られる。

そこに対して、ごちゃごちゃ余計な説明をしていた(当時は必要だと思っていたので言っていたが)のだ。

ブログになると、書きたいテーマに関連することを思いついては書きなぐるので私はたぶんポエムブロガーです(`・ω・´)キリッ!

損得なしに好きなことを書いているブロガーは、「ポエムブロガー」とここでは呼びたい(何でポエムなのかは後で書く)

とニャート様も言っておられる。ちなみに全記事はこちらになります。↓

nyaaat.hatenablog.com

 

現時点の結論

書きだして、あと数日でまる二か月だよってとこですが「文章が下手」とか言われると久々にチャレンジャー気質が出てきました(`・ω・´)キリッ

ただ思ったことをつらつら書くのは変わらないと思います。

仕事の文章ではないので完璧は目指しませんが、間を取って、今後気をつけようと思います。(出来る範囲で!!)

※気が向けばちょっと読みやくなるように過去記事も訂正してみますね☆