とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

facebookがどうも苦手。

Facebook:昔の知人友人とつながる。しばらく連絡取れなかった相手ともつながることができる。喜びや感動をシェア出来るツールとしてリア充向けとしてのSNS

 

はやりものには一通り手を出してきたので、私も登録はしてるけど、最近どうも飽きてきた。というより嫌いになりつつある、断捨離すべきだろうか。。

まず、「友達」に「友達」ではない人がわりと居たりするのだ。

勝手に「友達かも?!」とかにでてくる人を押すかなんかすると「友達」リストに追加される仕組みみたいだが。

最初は私も、カフェ行った写メやら海外旅行の記録やらいろいろあげてたし、「イイネ」もらうと嬉しくなってたけど、ある程度年齢重ねてなんか飽きた。

 

もう自慢にならない自慢話がしつこいよー!

おじさんのポエムとか読みたくないよー!

子供可愛くないからー!夫もきもいからー!青髭ー!

アレな人の「仕事の流儀」とか聞きたくないー!

って他人から見たら私もそうだった記録とかあるかもしれぬけど。

更新してる人って、毎日してたりするのよね。

 

田舎の「村八分」書いてて、プチ炎上したりで思い出したけど、フェイスブックにも似たようなところがある。

大衆の喜ぶ価値観である「子供の写真」アップ、「結婚式の写真」アップ、「お祝いごとの写真」アップ、「旅行の写真」アップなどなど、その人にとって喜ばしいことがあったら「共感してイイネする」ことを強制される。

押さないとあとで陰で何か言いあってたりする。

 

たぶんフェイスブックの世界では、常にポジティブな姿勢であるべきで、他人の素晴らしさを批判してはけないのだ。

そんなことしようものなら、ネット版の村八分になりそう。

肯定しないと「ひねくれてる」とかの話になるのでなんとも。

「自分の大事にしてる人や暮らしをディスるなんて!」と、他人に自分の価値観を強制することが正義と思う人にはいいかもしれないな、とふと思った。

 

あとフェイスブックと婚活の世界はとてもよく似ていると思う。

どちらも「素敵な自分」をいかに演出するかで、とても不自然な事が多い。これはまた詳しく書きたいです。