読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

オーストラリアが苦手だった理由

 

昨日記事にしたオーストラリアだが、最初はイメージが悪かった。

なぜなら不幸自慢男その1の留学先だったからである。

身長が160cmで目が細く、握手をすきあらば求めるなど、距離感が近いので最初から苦手だったのですよ(´・ω・`)

仮名をキューピーとしよう。※キューピーは目がパッチリだけど、全体のイメージが似てる。これで細目ならそっくり。

f:id:dobokutanuki:20170426224511j:plain

 

キューピーの生い立ち

 

生まれは地方都市で、母子家庭だったという。

近くの旧帝大や有名私立には受かりそうにないので、オーストラリアの短大へ高校卒業してすぐに留学したと聞いている。

実際:私立高校(偏差値45前後)→オーストラリアの短大(Fランク?)

その後はフリーターに。何年かのちコネか何かで、当時私の勤める中堅の医療機器メーカーへやってくる。

 

その後、彼は会社である事件をおこして事実上クビになるのだが、今はどうやらアムウェイをやって、そのお金で運送会社をやっているらしい。

外見はブサイクで背も低いが、パッと見は小奇麗にしておりポジティブに見える。

口がものすごくうまいので、社長業(自営業)は向いてるのかも。

 

キューピーの生態

 

口癖は「俺より貧乏だった人は居ないと思うけど」「君の夢はなんだい?」「もっと自信をもっていこうよ!!(ドヤ)」「俺の知り合いには〇〇がいる!!」

※〇〇は安定のハイスペ憧れ職業。有名人とか政治家とか。

 

経歴から、実際は少なくとも私立高校に行くお金、外国の大学にいく渡航費用や学費はなんとかできたということになる。

生活保護をインチキして受けてたとか、偽装離婚の両親とか考えるネタはあるけど、実際には貧乏な人ほど表立って貧乏っていわないので、この時点でうさんくさいと思ってた。

TOEICは普通に900ぐらいだし、確かに英語はできるのだろう。

ただ、海外には興味があるが、語学力をひけらかす男に用事はないので冷めた目で見ていた。イケメンじゃないし。

 

彼は「綺麗な子が好き」「好きなアイドルは沢尻エリカ、AKBなら板野友美」と身の程知らずなことをよく言っていた。

痩せていたころの私にもよく「ご飯に行こう」「プライベートの携帯教えて」と聞いてくる肉食系。会社を辞めた後もフェイスブック経由で、計6年ほどアプローチがあった。もちろん、好みのタイプではないので、スルーし続けた。

 

キューピーの起こした事件とは

いくら外国帰りとはいえ、会社の中で可愛い子から順に声をかけたり、結構いい加減な言動が多かったのと、仕事で知ったかぶりをするので評判はあまりよろしくなかった。

特に技術屋連中は「あの嘘つき」と信用していなかった。私もそのうちの一人だ。

 

が、ぱっとみの明るさで騙されていた人たちもいるようだ。

それが、週にいちどだけランチに行っていた先輩の海ちゃん(仮名)である。

キューピーと同じ海外事業部だが、「同じ会社だから秘密にしよう」と言われキューピーと付き合いだした。

海ちゃんは当時32歳で結婚がしたかったので、相手も真剣に自分のことを考えてくれるものだと信じていた。そんな海ちゃんは私から見ても可愛かった。

ところがある日、結婚話でもめたあげく、キューピーは海ちゃんを階段から突き落としたのだ。

怒った海ちゃんのご両親は会社に鬼電。※海ちゃんはけっこうなお嬢様。

双方から事情徴収ののち、キューピーは自主退社扱いで退職。

 

オーストラリアと聞くと「嘘つきの国」と思ってた

 

たかが一人だけど、そういう人間に遭遇したため、真面目なオーストラリア留学組もいるだろうが苦手意識をもつことに。

いくら年下で外国語ができても、嘘つきはちょっとね。ぶさいくはちょっとね。

そもそも、嘘をつくこと自体、素では相手にされないか満足いく評価が得られないと本人が分かってるからだろうし。

 

私と海ちゃんが仲がいいことを知らなかったので、「同じ部署の先輩のババアにストーカーされて参っている」「彼女を傷つけたくない」とか、会社をやめたことも「俺が悪者になることで彼女が気が済むのなら(ドヤ)」っと言っていた。

こういう人間が留学してた国か、やだな。と若いころは思ってました。