とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

奢りか割り勘か、美味しい店にありつくには

最近自分のことを「デブだ!」「もちだ!」と反省してますが、会社では今のところ、ジジイキラーの異名を馳せている。

わりとノリよくついていくので、ご飯はゴチになる事が多い。爺さん(アラフォーより上)とご飯にまつわるまとめ。

 

 

バブル世代より上と私たちアラサーより下の世代

 

婚活デートのとき、「割り勘か奢りか」と殊更に気にしてい。その場の男もお会計の時の私の行動をガッツリ見てくる。婚活ブログでも、驕りかどうかで相手の男性の本気度をみるという話はよく見たし、友達同士でも話題に上がる。

見聞きする話を世代別でざっくりまとめるとこんな感じ。

 

  • 「財布を出すふりをすると割り勘をする姿勢が見えて優しい女性にみえる」というのが若い男の子の意見らしい。アラサー世代より下。

  • 「ご飯代は誘った男が持つべきもの。女子に時間を作ってもらったんだからもてなすべき」というのが、アラフォーより上のバブル世代以上。

二つの意見はあるけども、自分的には割り勘か奢りかはどちらでもよいと思う。

食事に行きたいというのが、どんな動機であっても会計時にごちゃごちゃして店に迷惑かけなきゃ誰が払ってもいいと思うが。

まぁやる気で誘ってきたんなら、割り勘で自慢話をする男は空気よめとは思うわな。

 

美味しい店を知ってるのは爺さん

 

若い子もやれホットペッパーだ、やれネットだ、友達の情報だと美味しい店を探してくれるシーンがあるが、食べ歩きじいさんの持つデータベースには敵わないだろう。

ケチな爺さんは最初から想定しておらず、ある程度舌の肥えたじいさんであれば価格がどうあれ「美味い店」をしっている。

若い男はコスパだのクーポンだの、ちょっとでもお得になることを探すケチが多いような印象はある。

ラフォージジイの金払ってやった自慢もアレだが、まだお金をかけてでも女子が喜ぶ店を探すという前向きさはあるのよね。

さらにそれを上回るのが、爺さんだ。たまにケチで使いどころのないのもいるけど、最近周りに居るのはいい爺さんらしく連れて回るのが楽しいみたい。

爺は長年生きてるだけあって、美味しい店を選んでくる。

 

f:id:dobokutanuki:20170427003827p:plain

ご飯を奢るのは下心からという説

 

おっさんや爺さんにご飯をごちそうになるというと、意識高い系かまととぶりっこ系の女子から言われるのがまずこういうこと。

「え、絶対下心があるからそういうことするんだよ。行かないほうがいい!」

まぁ、単純に一緒にご飯食べたいというだけではなくて変な期待してる爺さんもいるかもしれないね。でもそれで?

ご飯を食べに行って、睡眠薬混ぜるとか一人になった隙にわいせつ行為をしようとするとか、若い割り勘男でもないとは言えないのよ。婚活サル男とか。

金の支払いじゃなくて、ご飯ごときで恩着せるとか人間性の問題なのよね。

 

私の説は「割り勘で下心をもつ男もいるので、金の払いじゃなくて行動みればいい。」

恩着せられたら自分で払ってさっさとかえりゃいいだけだし。

そんなことより、私の知らない旨い店に行き損ねるというリスクこそがもったいない。

 

食事に対するこだわり

 

カロリーはここ最近気になるけど、パリパリ香ばしいうなぎの店とか、昔ながらのイタリアンを出す店とか、ふぐの刺身が美味な店とか、激うまなコーヒーが飲める喫茶店とか、美味しいものを食べに行くのはやめられない。

過去の変態とかモラハラ彼氏とか嘘つきダメンズにはこりごりだが、あえて「ご飯いこうよ!」という誘い自体は悪いものじゃないと思う。

つか爺さんっても役員だったりするから、これでも最低限の気は使うしね。

普通の作業員のおじいさんとは現場離れてから今は接点ないけど、安くてもいい食堂知ってるし外れってあんましいない。爺さん地味に最強。

男の人にもいろいろ種類がいるんだなというのは、騙されやすい性格のおかげで一般より多く勉強できた気はする。

ま、この年になればそうそう騙されることもないし、この先も美味しいものを食らって生きていきます(`・ω・´)キリッ