読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

私がブログを読む理由

f:id:dobokutanuki:20170417213552j:plain

もともと本を読んだり、映画見たりが好きな内向的な性格だった。

インターネットが出てきたころ(今からざっと20年前)は「ネット?あぁ、オタクのおもちゃね、ふーん。」と思っていた口です。

学部新卒の頃(今からざっと10年前)には、もうネットが申込や情報の入手方法としてメジャーになってきてた。

仕事で使うようになって興味をもちだし、最初に手を出したのはミクシーだった。

sns.mixi.co.jp

 

mixiの思い出

 

今は下火なので説明すると、フェイスブックもどき。フェイスブックよりは、個人特定されないやつで長文が書けるもの。ここで文章を書いたり、人の日記(友達の日記)を読むようになった。たしか友達の事はマイミクという名称だった気がする。

最初は自分が書いた日記や写真にコメントが付いたりで、楽しかったけどたまにネガティブ記事を書くと炎上してたっけ。

 

はてなブログに来て

 

インターネット?何それ美味しいの?の時代から、自分でブログを素人ながらもやるように成長しました(`・ω・´)b

mixiフェイスブックでは、実際の友達とのつながりがメインで、常にポジティブな自分を強制させられているコミュニティだったので苦しかったのだと思います。

なので、ある程度自由気ままに書けるここはわりと息抜きになっているのです。いい時代になったものだ。

 

購読しているブログたちについて

 

個人的に面白いなと思うものを読んでます。アメーバブログさんのとこよりは書き手のバラエティが富んでいるので「ここにしてよかったなぁヽ(*´∇`)ノ」と正解だったと感じています。

書き手さんの中には、日常だったら「なんてけち臭いんだろう」「絶対友達にはなれないな」「意識高すぎて一緒に居たら疲れるな」「家族ネタが多すぎるわ」と思う方々だってもちろんいるわけですが、記事は楽しいのです。

もちろん、日常的にいても友達になれそうだなって系統の人だっているけど。

 

直球で短気なため、下品やケチなふるまいにいらつくとその人の話を一切聞かないぐらいの性格なので(※大体は私の切れっぷりにむかついた人が距離を置いてくる)、そういう種類の人の話というのは縁がなかった。

ところが、表面的にアレだなって思う人の中にも「へぇ、こういう考え方もあるのか」と面白いところがあるのです。

 

 

逆に言うと、「自分と同じ属性の人達の枠を越えて、新しい見方・考え方を見つけられる」というのがブログの醍醐味じゃないかなと思うわけです。

 

というわけで、いろいろと今後も読んでいきます。ブログの世界とはいえ、書いてる人間とそれを読んでいる人間というつながりなので、自分がされて嫌な事はしない方針。

そういうのも考慮して、コメントしたり積極的に絡む行為は「これは自分がされても気にしない☆」という時だけで、基本は自粛する派です、よろしく(`・ω・´)b