とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

妊娠菌のメルカリ事件について思うところ

 

mainichi.jp

妊娠できる根拠のない米の話(メルカリ発祥)

 

昨日スタジアムに向かう途中でニュースが流れてきたけど、妊娠菌のついた米が1合で1500円なんだってね。お茶碗二杯分で1500円とかたいした高級米だ。

米に限らず、妊娠が他の人にも移るって説は、事務員女子の間でそういや流行ってた。妊婦さんのお腹を触るとご利益があるよとか、自分も子宝に恵まれるよとか。

※妊娠菌といっても、妊娠できた人にあやかるっていう風習のことです。今回はそれを商品にして売りつけたのが騒動のきっかけなんだとか。

 

人の弱みに付け込むというよくある手

 

闘病中のがんが治る水と同じで、人の願望に即した根拠のない商品ということでよくあるパターンかな。最近のトレンドと言えばトレンドだけど、車に同乗してた男連中(おっさん)も気にかけていた。

子供のいない夫婦とかも居るけど、基本はやはり欲しいものというのが基本的な価値観だからそうなってしまうんだろう。

実際、不妊治療してる人も多いので、「家族が全てで素晴らしい教」というのは全国的なものかと思う。切羽詰った人は、妊娠米以外に宗教にはしる人も居るみたいだし。

私はいくら医学的と言っても、不妊治療自体も確実ではないことに願いをかけてるのだから宗教のようなものだと思ってる。

妊娠に限らず、心の悩みで宗教に頼ってお布施をする人だって、ただの紙切れとか石ころに願いをかけて大金をはたく。

 

子供に特に興味がない人間からすると

悪徳商法ばりの詐欺はよくないけど、引っかかる人も引っかかる人なんじゃないの?ってところ。不妊治療者がみんながみんな胡散臭い商品を買う事はないだろうけど、希望を買いに走る人もいるでしょうねと外から見た感覚です。

オレオレ詐欺や結婚詐欺、還付金詐欺と一緒で、明らかに信憑性がない事でも本人が「思い込んでしまったら」焦って手を出してしまうのだから仕方ないね。。

 

そもそも「妊娠菌」っていうものをありがたがる価値観に染まっていないので、「出産=正義」という考えがない。妊娠や出産はあればあったらでいいけど、必死こいて欲しがるもんじゃないかなとは思ってる。

「赤ちゃんが欲しい!赤ちゃんが欲しい!」って事だけを主張し続ける人は自分の人生が駄目駄目だからじゃないの?って勘ぐってしまう。

 

だいたいそういうタイプに限って女性だらけの職場に勤めていたり、バリキャリじゃないし。仕事が普通でも自分の人生が充実はしてない女性ってイメージ。

「家庭的です」って女の人はケチでセコイおばさんしか見たことないんで、あんまりおもしろくない。いくら世代が同じでもね。

 

 

妊娠が正義でも構わないんだけど

家族が全てって、押し付けられるのはねぇ(・ω・;)(;・ω・)

自分が子供を望んでないときに「出産が幸せ!それを認めない人は精神が狂ってる!」ぐらいで叩いてこられると、イスラム教の人間が「豚肉食ったら罰が当たるのでお前も食うな」と言ってるぐらい違和感を感じる。

望んでない事を善意として押し付けてくるのは、むしろ暴力だと思う。 

「妊娠・出産が人生で最も素晴らしい事」と思い込んでる人には何を言っても通じないなとは悟っているので、言い合いになることはないけどさ。

基本、私が子供を重視してないと、きづかれるとハブりだすので。

 

「幸せのおすそ分け」に潜む罠

理屈でコントロールできない部分で悩むというのは、ある程度年齢を重ねてるからか無駄な時間じゃないかなと思ってる。

妊娠したいならしたいでいいけど、そのための不妊治療や妊活が毎日泣きたくなったりうつ病みたいに追い詰められる人というのがスタンダードというのは変な気がする。

しかし、いろいろな悪徳商法があるものだ。 

 

妊娠菌・不妊治療との共通点

 

妊娠菌米を出品した人・それにかけて購入した人もアレだけど、不妊治療に必死な人も「子供が絶対に必要!!」という「価値観のおすそ分け」をしてくるので結構同類じゃないかと思うのだが。

  • 妊娠菌米を出品した人・購入した人:この米を食べると妊娠でき幸せ
  • 不妊治療に必死な人:妊娠出産することが幸せの絶対条件

こういった「善意」を振りまいてくることが、「幸せのおすそ分け」に潜む罠になると思うので、あえて私は受け取りたくないっす(`・ω・´)キリッ