とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

ブログ開設半年を迎えると

はてなブログを半年やると、メールでお知らせしてくれるようだ。

そんな今日は、花火の見えるビアガーデンへ行く(`・ω・´)キリッ

私の場合はブログに生活が懸かってるわけでも、副業でもないので今後も気ままに好きな事を書いてく予定です。

ついでに、ざっくりこのブログの方向性を。しかし予約投稿って便利な機能だな。

f:id:dobokutanuki:20170408224411p:plain

 

1.毒舌注意

別に炎上を狙ってるわけではないけど、クリアな表現のほうが分かりやすいということで批判や悪口も機会をみつけたら、ばんばん書きます。

「やわらかく・優しく・思いやりを忘れずに」みたいな綺麗ごとは、インスタとかフェイスブックでやれやって思います。

つか、「やわらかい」ブログ書いてる人でも、自虐を装った自慢話よくしてるほうが性質悪いと思うけど。偽装やわらかは、はっきり言えよって感じです。

 

2.土木ネタはたまに投下

もともとのメインテーマであるはずだった現場の話や設計の話は、身元詮索されるのが嫌ねってことでぼかしながら出してます。技術士施工管理技士をいつとったか、何の現場でどこどこのゼネコンとか。

ブログを始めてからなぜか抜擢が続き、現在は数百億円規模の派手な現場の職員にジョブチェンジしました。

通常の中小規模な土木工事だと、単純に掘って固めて構造物造るってだけで機械もレベルとトランシットに光波ぐらいでしたが、最近きたとこはFEM解析からマスコミ対応、第三者委員会までやってるので技術者冥利に尽きる現場で嬉しい限り(*´艸`*)

人が立ち入れないところにガンガン先に入ってやんぜよってところが土木好きな理由の一つです。

 

3.食い意地が張ってるので、タイミングを読まず食した品物出します

最近だと、断捨離で過去をひたすら振り返ってましたが、「ええ、桃にパスタ?しかも冷製?」みたいな想定外のグルメに出会ったりした場合には暗い話を忘れるようです。

桃冷製パスタは、メニューで見たら迷ったけど美味しかったです。フルーツをパスタにメインで使うとか言う発想がすごいわ。

ダイエットは気が向いたらゆるくやろうかな、ぐらいの感じで。

私の場合は相方がイケメンなのに、デブ専のドМなのでダイエット必要ないみたい。洋服が綺麗にはいる程度までは絞るけどぽっちゃりを維持する方針です(`・ω・´)キリッ

あと、体幹を整えるというストレッチで数㎏落としたらスッキリしたので、あとは脂肪が貯まる生活を整えるぐらいかな。水着もいま種類沢山あるし。

 

4.性格はたぶんマイペースな方みたい

田舎にいるころはまだ「皆と一緒でなければならない」「田舎の権力者には逆らってはいけない」「間違ってても褒め称えなければならない」「常に周りに合わせなくてはならない」という呪いに洗脳されてましたが、村八分事件をうけ本格的に覚醒。

 

学生の頃も教室で一人で本読んでたり、図書館で一人で過ごしたりだったし、大人になってからもぷらっと一人旅(国内・海外)も楽しいので、私は自由を制限されるのがたぶん気に入らないのでしょう。

読者数についても最初は増えたり減ったりに反応してましたが、人間なので好き嫌いあるよね。それはみんなの自由だから仕方ないわ、と言う考え方です。

 

別に帰国子女ではないけど、嫌なもんは嫌だし団体行動もちょっとね。仕事でチーム組んでる時は共通の目標があるんでいい。特に今はしょうもない考えとか出くわさないし。

 

5.感謝の気持ちより筋の通った理屈

当然ながら仕事は、生活の為にやっている。平たく言えば給料だ。

それをやりがいがあるからどうたらこうたらといったり、感謝の気持ちでごまかすのは違和感がある。

介護や看護師、ボランティア好きの方に多いのが、患者さんや利用者の「ありがとう」が嬉しいから素敵な仕事であるとひたすら優しさ・思いやりが大事だと押し付けてくる同調圧力

 

実際そういう仏マインドがある介護職や看護職もいるけど、「私は国家資格を持った立派な仕事をしている」ってのがいいたいのが多い。

相手のために行動するのが素晴らしいっていうなら、ケチケチした節約の話なんかでないはずだし。金が女の人にしては多いみたいなのを言ってこないはず。

 

つうか、公平に教育が受けれる機会があったのに「お手伝い」職種でなぜああも上から目線で来るのか。

実際に家庭が金銭的に窮して看護士しか道がないなら自分に選択できる道でベストを尽くしたんでいいけど、ひたすら文系の子やOLを下に見たりとか。

言ってはいけないが、理系の底辺であれば文系で出来るやつのが強気で行っていいと思う。

ただ能力差自体は仕方ないんで、謙虚にやって成果挙げてる人はすべからく素敵だと思っている。謙虚を装ったやわらか偽善者が嫌なだけっす。