とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

「ブログで稼ぐ」はアホ

catpower.hatenablog.com

ブログで稼ぐ、には反対派

アフィリエイトやブログで収入を、という文章はよく見るし、収益報告やPVとの相関を目にする。私はみると、ちょっと引く。

丁度、お気に入りのブログで、私が何となく考えてたことに近いことを目にした。

自分はブログ収入派も理由がある思うので、やや違うなって考えもあるのだけど、全般的にさすが年の功やなと思った。

 

ブックマークでは、ネット副業をしてる層から「極論」だの「決めつけ」だの言われているが、一応若者の私からしても「ネットで稼ぐ」は基本的には馬鹿馬鹿しいことだと思ってる

 

「ブログで稼ぐ」ことのメリット

今のご時世、昔のように会社に長く勤めていれば給料が年功序列であがっていくという事はない。

副業と言えば、バイト等が考えられる。が、雇う方も利益を出すために細切れで労働力が欲しいだけ、ブラックな扱いを受けて稼ぎは少ないケースも多々ある。

 

ネットが出まわる前から、労働=自分の時間の切り売り、って概念は当たり前だけど最近になって過労死やら何やらでで広まったのも大きいのだろう。

私も含めて、会社に所属する労働者は自分の時間を会社で働いてその対価として金を受け取る。それが多いか少ないか、地位が高いか低いかだけ。

 

リスクヘッジのためにも、自分でできる事を何かやったほうがいいのではと考えは当然だ。それゆえ、ブログに広告を貼るという収益方法がある。ここに手を出すのが、一般の労働者の一部ということになる。

ユーチューバーとかも眉唾物だが、そうして生活してる人も一定数いるのだろう。

 

「ブログで稼ぎたい」層の特徴

普通に考えたら、収入が低い介護士やOL、主婦や看護士とかがブログで稼ぐ層だと思っていた。が、一般的に給料も安定も保障されている公務員や医者でも一定数いるようだ。

医師や公務員も食べていけるぐらいはあるけど、資産家や働かなくても生きてける層と比べたら単なる時給のいい労働者。

税収だって人口減のいま、この先にどうなるかなんて分からない。

ここのポイントについては別に悪い事じゃないと思う。

 

島猫さんでもあれだけアンチを受けたが、私も辛口に行こうと思う。

・ブログで稼ぎたい人=自分に自信がない人※職業・年収・性別は関係なし。

これにまとまる。要はマインドが「けちけちおばさん」な人。

 

単純に今の職場で冴えない人だろうなってのが、99%じゃなかろうか。

「ネットは副業です!!」って鼻息荒く反抗してた人もいると思うけど、「自分は駄目駄目で副業するしかないんです」ってカミングアウトする方がいさぎいい

だから医療や介護職って偽善者多くて嫌いなのよね。素晴らしいお仕事でも、自信もって食べてけなきゃ意味ないのに。

リスクを取るのは嫌だけど、お金欲しいってけちけちおばさんみたいなマインドがメインという気はする。けちけちおばさんは主婦以外でも多いらしい。

 

「ブログで稼ぐ」ことのデメリット

端的に言って、本業で頑張った方が早いから無駄じゃんと思う。

ていうか一番儲かるのは、胴元のグーグルだよ。あほにせっせと内容のないブログ書かせて労力なしの小金でプロモーションできるんだから。

ギャンブルで、パチンコ屋やカジノの元締めが一番儲かるようにできてるのと一緒。

 

ブログで稼ぐのはたしかに隙間時間でできるけど、健康な身体と若さがあるなら実働をしたうえで、上に行ける道を探した方が効率がいい。

ちまちまブログを書いて、広告をクリックしてもらうシステムなので、効率が悪いんじゃないか

 

あと、つまらない人の書く文章をわざわざ見に来る人ってのは最初はいるけどだんだんいなくなるとは思う。

天性のキャラクターで面白い記事が書けるよ、絵がとても上手で味があるよってひとはある意味芸能人枠なので「ブログで稼ぐ」になっても構わないと思う。

あと、実働ではダメダメでも、鋭い人なんかはセンスでその分があるので問題ない。

 

問題は、中身がない・本業が薄いのにブログで稼ぐ!って一般人

つまらない人のケチケチした話なんて面白くないし。駄目な事を自虐レベルに昇華できるなら、センスがあるのでいいけど。

「感謝する人の笑顔が一番」「患者さん・利用者の為に」って綺麗ごとをいうわりに、実際やってる事はブログで収入が欲しいんです。では、どうかと思うのね

そもそもブログや文章って、人生経験を経た人でないと基本的には面白くない。

 

世界に出てもいいけど、経験を積むのがマスト

海外は私もちらっといったけど、一度違う世界の常識みたいなのをみると今後のヒントが得られるって意味ではおすすめ。

あと、ブラック労働は自分で判断していくしかないけど、それなりの会社に入れば潜り込めば、「え!これってこんなふうに出来てるの!すごい!」みたいな経験ができる事がある。

それはネットで月に80万稼いだり、100万稼いでも出来ない事だったりする。

自分のたとえだとややマニアックだけど、大深度地下やら海溝やらそういうのを目にする機会ってのはただパソコンに向かってるだけでは無理だから。

ブログでお小遣いを!っていうのは、体が不自由になったり、十分いろんな経験したわって段階で他人に勧められたらぐらいでいいんじゃなかろうか。

安心したり家族がいる幸せっていうのもあると思うけど、 人生の醍醐味というのは、これは面白い!」って刺激や感動にあると思う。

ただ安心して、嫁がー!家族がー!なんて狭い集落で生きるしかない時代の人間のやる事じゃないかしら。