とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

キラキラ男子の正体

f:id:dobokutanuki:20170418002840j:plain

とある勘違いガイについて、「嫌われる勇気」を読んでて思い出した。

40歳過ぎてるのに、承認欲求の塊だよっていう男の知人のお話です。この人はA氏にしておくか。

※ちなみにややセクハラされた恨みもあるので、すごい長文でむっちゃ敵意丸出しで書きました。「悪口言っちゃダメ!」って良い子の方にはおすすめしません。

 

A氏と私

知り合った当時、私はたしか学部3年で20歳ジャスト、彼はトヨタ自動車に勤めるサラリーマンで6歳年上でした。

知り合ったきっかけは人数合わせで顔を出したコンパです。友達のお兄さんが、彼女募集中だそうでその兄貴の同級生。

私その頃から若いメンズが大好きでしたので、「チッ、ジジイかよ!」とは思いましたが、友達には世話になってたし、頼まれたので初コンパに行ってきた次第です。

 

懐かしいなぁ。そこで気に入られたのか食事やらドライブに誘われた間柄です。

結論から言えば、ブサよりなのにナルシスト過ぎて付き合ってないです。無理ぽ。

マウンティング女子がたくさんいたし、今考えたら食事にもドライブにも絶対行かないんだけど「マウンティング女子フィルター」がかかって呪いにかけられていたので、のこのこ出向いてしまった。

大学の同級生にはイケメンマニアはほぼ生息しておらず、エリート好きが多かった。 

 

医者妻と同じようだけど、それなりの教養のある彼女たちの認識では自分以下の男と付き合いたくないらしい。

私なら中卒のイケメンと、東大卒のえなりなら間違いなくイケメンを取るけど。

 

A氏のキャリア・スペック等

県内有数の進学校から一浪して某大学の工学部へ入学、そのまま修士に進んでトヨタ自動車入社の塩顔だった。たしか技術系でもバリバリ花形の部署だった。

A氏が入社したあたりの時期に出会って、当時も「起業したい」とは話していた。

「今後の社会に役立つ仕組みを作りたい!」との事だった。当時の私は今でも十分なのにすごいなぁと思ってた。

 

私が学部を卒業して何年かしたころには、起業した模様。A氏の名前を検索するとたしかに会社のホームページもある。つか新聞とかメディアでてるし。

今も社会貢献みたいな形で、地域活性をめざす会社をおこしてなんとか田舎で頑張っている。フェイスブック等の自己紹介も「トヨタ自動車を捨てて、事業をおこしたカッコいい俺☆」で始まりそれで終わる。

 

一応、行政からの補助金なりパイプなりをうまく使って軌道には乗ってるようで、ちょこちょこ本も出してる。

キラキラ男子のお手本と言えばお手本だろう。40ならキラキラジジイでいいのか?

 

そんな彼に対して、周りのみんなは褒め称えるが、私は昔から何か違和感を感じていた。

嫉妬かな?と思ったけど、別に自動車業界にも起業にも興味はないので、もやもやはしてた。

盆休みに読んでみた、「嫌われる勇気」の説で、このキラキラジジイの正体が今更明らかに。。

 

26歳当時のA氏

「物事は自分のフィルターを通してみるんだ」とドヤ顔で言っていた。

お前に言われなくても別にみてるけどなと思ったけど、一応男だし切れられても面倒だし黙っておいた。

そんで、当時の私でも「こいつ、素敵な俺の話をきけてありがたいだろう?(ドヤ)」って感じがぷんぷんでいらっとした記憶はある。

言ってる事は普通でもドヤ臭がしてたのでしょう。

この頃から、高校大学会社の話が何度も出てきてうんざりしてた。

 

現在のA氏

起業して数年たっているが、収益も落ち着いてるし事業は回っているようだ。

私もここまでやりきったキラキラ男子で接点がある人ってそんないないし、イラつかされた思い出があるので年一かそこらはネット情報をチェックしている。

しかし、目を通すと毎年同じことを言っている。

 

・田舎で事業を起こしたけど、昔から伝統的な仕事をしている方は尊敬する

・都会での消費にあけくれる生活はみっともない

・満員電車とか冷房とか自然ラブな俺の肌に合わない

・大企業の研修で使ってもらえるそうでその関係をひけらかす

・国の事業とか研修でも取り上げられるのでその関係をひけらかす

・自給自足で生きてる俺、カッコいい

・教育は財産、田舎こそ教育に力を入れたい

・古き良き日本の良さを将来にも伝えたい

 

パッと見は良い事言ってそうなんだけど、同じこと何年も何年も語っている。

 

本質的に言いたいことは「大企業を捨てて自給自足な生活や事業をしてるカッコいい俺&権威のある人にも認められてすごいでしょ(ドヤ)」

 

なのよね。謙虚ぶった言い方はしてるけど。

こいつ成長しないんだろうか?

自分で新聞社やテレビ局に売り込みかけてるし、上品ぶってるけど、承認欲求の塊すぎる。

  

「嫌われる勇気」を読んでキラキラ男子A氏の謎が解けた

私は、そこそこの就職して起業して成功してるのになんで年がら年中自慢話してるんだろう?と疑問に思ってた。

一浪こそしてても、別にマウンティングしなきゃ存在意義を見いだせないってわけじゃないのになんで?と。

 

「充実してるとネット更新なんてできない」とか言って、一週間に5日は更新してるし。自己顕示欲が強いんだろうか?と。

アドラーさんによると、行動の裏には意味があるとの事。

 

自慢する=劣等感の裏返し

 

だそうだ。劣等感を自分の中に持ち続けていると生涯自慢話をする人もあり得なくはないらしい。

 

キラキラ男子の正体

もうアレね、単なるケチでセコい自慢野郎。普通に雑魚メンタル全開!

本人的には何と比べてるかは知らないが、劣等感まみれなのだろう。

40にもなっていまだに「母校の高校が!高校が!」「母校の大学が!大学が!」「自分のいたトヨタ自動車が!トヨタ自動車が!」って連発するのできしょい。


 そんなに過去に関わったもの全て使用しないと気が済まないのだろうか。

表面が綺麗ごとだらけなだけに、みっともないのよね。

 

幸せは自分の心の持ち方次第なんだな、と歳をとって実感します。

学校の事なんて最初の自己紹介か聞かれた時で良いんじゃないの?昔の学校や会社の話をいつまでもネチネチってのも格好悪い。

 

こいつ、坂本竜馬とか武士の偉人が好きみたいなことも言ってたけど、武士は基本こんなことしんよ。

セクハラケチケチ自慢話武士とかないわー、悪代官みたいなやつならそうだろうけど。

※セクハラについては、おまけ参照。

むしろ斬られて成敗される方じゃね?このジジイのやってる事はせこくて見栄っ張りの商人だと思う。

 

おまけ:私がA氏は駄目だと思った理由

発言がちょいちょいうざいなとは思っていたが、いわゆるデートの最後にセコイ事があったのだ。


ドライブに誘われて一日付き合ったのだが、食事やら高速代やら気前よく払うなぁと思っていたら。。。帰りがけにこうおっしゃられた。

 

「じゃあ、3千円で!!」

 

おおう。私は当時学生、やつは当時サラリーマンでそこそこの給料&向こうがどうしてもって言うからバイト休んで出てきてあげたのに。

払うのはいいけど、そのぶん自慢話はやめてくれ

 

「俺の友達・研究室の教授はこんなにすごいんだ!!」って権威づけのオンパレードはさすがに聞かされ続けると拷問。

しかもさりげなく手を握ろうとするから殺意が湧いた。

 

結局、A氏はこの頃と変わらず「素晴らしい俺の話を聞け(ドヤ)」って周りに言いつづけるだろう。

※堂々と自慢話する勇気はないので、さりげなく所属した組織を連発するだけだがw


フェイスブックで友達は何千人いたとしても、深い関係の間柄はいないだろうな。ちょっと関わった私でも「あの薄っぺらい塩顔、どうなったかな」って興味本位しか持てないもん。レアな逸材だから興味だけね。

 

あと、A氏からは昔の携帯の番号だった頃に間違ったふりをして電話がかかってきたことがあった。たぶん自慢話に対していいリアクションが欲しかったのだろう。


残念ながらまだ福山似のイケメン風味にどっぷりな頃だから「間違いですか、じゃっ。(プツッ)」で終わったのだけど。

セコイ上に自慢話&触ろうとする&間違ったふりとかないわーザクッ__♀(・∀・`)アァ?

 

このA氏に関わるまでは、自分と同等以上の実績挙げてきた人に対しては自慢話やマウンティングされてもふんふん聞いてたけど、A氏セクハラ被害にあってからは考えを改めた。

同じ話を何回も聞かされたり、自虐ぶった自慢話に我慢しなくなった。温和にこういうようになった。

「それ、前も聞いたよ(^-^)。これこれこうでしょ。」

 嫌われる勇気は知り合いにセクハラ受けないためにも必要だね(`・ω・´)キリッ