とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

台風3連休と今後の方針

f:id:dobokutanuki:20170918210846j:plain

九州方面は台風被害があったようだけど、私の住む地域はほぼ台風の影響がなかった。

実は先週末に現場にていろいろ事件があったので、所長の自宅待機命令についてはスルーして普通に連休を過ごしたのだった。

※工事現場(建築も土木も)って基本は所長と現場代理人が見張ってるものだけど、今の現場は皆に責任を課すスタイルらしい。

念願のスーゼネJVで大型現場にきてるが、この3連休も休みではあるけども、末端の職員まで自宅待機させたり大手なのに「はぁ?」と思える事が続き、この先建設業で生きてくこと自体を再検討しだした所。

 

連休1日目:温泉&岩盤浴へGO

近隣の県の山奥へ友達と温泉に行ってきた。由緒正しき旅館の隣に別館みたいな形で日帰り温泉岩盤浴があったのだ。

雨でしっとりとした雰囲気の中、露天風呂って風流だったわぁ(・ω・)ノ

駐車場もほぼ埋まっていて、台風でもわりとみんな平気ででかけてるんやね。

 

ちなみに一緒に行ったのが、昔からの現場監督の友達だったので「イケメンがカピバラに貢いでる事件」を知る。

帰り道に、もう秋の味覚なのか、ぶどうやら椎茸やらが道の駅とかにあったので購入。直径10cmの椎茸に一目ぼれする。マヨチーズ焼きがいいのよね。夕飯は牛肉豚肉食べ放題のキノコスープ鍋の店へ。安くて沢山食べれて体重がまさかの67kgに。ひえ。

 

連休2日目:実家へ帰る

食材をもりもり買ったはいいけど、一人で料理しきれない。

実家のおかん、でか椎茸はこれまで見たことがなかったらしく「調理方法が分からない」という。スマホで調べて説明して作ってもらった。

田舎っても海・盆地系だからか、地元スーパーだと普通の椎茸しか売ってないからかな。

毒親っても離れて暮らして、自立して距離を置いてると実害はない。

 

「ひょっとして建設業から足を洗うかも。。」とかもしてみたら喜んでいた。

まぁ一日一人はどこかの現場で死亡事故が起きてるような仕事だしね。それでも関わってる構造物に愛着が湧けばいいんだけど、そこもなんかなぁと思う事件があったのだ。

 

連休3日目:漫画喫茶で好きなだけ漫画を読む→書店巡り→たこ焼きを買い込み早めに家に帰る

先週の事件までは無駄にやる気があったので、図書館で専門の工法の本でも読んでおくかと思ってた。が、すっかりリフレッシュのための読書の日になった。

自分の仕事からは違う世界観の話に入り込むと、気分がスッキリする。

本当は一人カラオケがよかったけど、なぜかどこも満杯だったなぁ(´・ω・`)

書店巡りでは、表紙できゅんきゅんする本に出会ったので大人買いしてきた。

 

今後の方針

むかつく事件ではあるけど、現場仕事してればあるあるなので完全に離脱が確定したら記事にしたいなと思う。

さすがに社会人なので「もう明日から行かない!」は非常識だし、3連休は仕事以外の事をして、だらだらしてから今後のことを考えようと思ってまとまってきた所。

今回はスーゼネにがっつり転職したわけではなく、前の会社から出向という形で国家プロジェクト的なJVに潜り込んだのだが、いろいろと建設業の闇が見えてきたのだ。

 

土木やってれば頂点のスーパーゼネコンなのだけど、本当に建設業自体が素晴らしいのか見極めたかった。

※退職したいといったら、「そんなに大型現場に行きたいなら良い案件がある」とのことで出向した。渡りに舟だなと、前の現場が終わると同時に来たのだ。

「これも転職の労力をケチって痛い目をみるかな?」と迷う所だったのだけど、行ってみたのは正解だったと思う。

 でも、やっぱり最初に初日で感じた直感って当たるのよね。。(´・ω・`)