とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ざんねんないきもの事典

www.takahashishoten.co.jp

ふと書店で気になった本をジャケット買いしてみた(`・ω・´)キリッ

本編と続編と出てるけど、どっちも1000円もしないからまとめてゲット。

全てのページにわたって、生き物の「ざんねんな」特徴が書かれてるのだけど、動物好きにはお勧め。珠玉の一冊。

書店でキャッチコピーにもなってるし、有名なのは「アライグマがモノを洗うのは暇だから」ってページかな。

 

自分的には「太り過ぎて飛べなくなった鳥」に一番親近感がわいた。

鳥でも人間でもめんどくさいと思ったら普通に太るもんなのね。

f:id:dobokutanuki:20170925211834j:plain

メタボはやはり生き物であれば生存競争的にNGなのな。。。敵が迫ってもうずくまるだけとか間抜けすぎるだろ。。生死にかかわるならやせたほうがいいね。

 

f:id:dobokutanuki:20170924155816j:plain

これも可愛すぎるw

まぬけな表情がたまらない。そうか、石が君にとっては大事なのね、可愛いなぁ。

お気に入りの道具がないとやる気は起きないもんな。

ラッコとかアザラシとか見た目にゆるいから、他人の気がしないわー。

 

子供向けのようだけど、普通に読んでて楽しい。ところどころ虫や魚もいるけど 、もふもふにしか用はないので流し読み。プロポーズが気持ち悪い虫はかえって、まぁお前は虫だからなwとか思ったり。

あとみんなのアイドル、パンダ🐼はとりたててフューチャーされてないけど、文字通り残念なオチがあった。 本来ガチな肉食だったのに笹をもそもそしてるのは、クマに負けたかららしい。クマよりは弱そうだしな…。

 

タイトルは「ざんねんな」ってついてるけど、完璧っぽくて要領いい動物は見てても面白くないから、残念な部分があった方がいい。仕事でストレスを抱えてる方にもいいかも。

ブラック企業については、先週に「辞めるもんで、来週手続きに行くわ」と言ってこちらからは何もしていないけど一悶着あったので無意識に癒しを求めてるっぽい。

人間にも「ああ、こういうやついるなー」と思う特徴が出てきたりするので、なんだか和む。ついでに、まぁ自分がもやもやしてることなんて生きてるうちの一時の事なんだろうなぁと思ったりする。

 

私は子供は嫌いだけど、動物は結構好きなのでもともと写真集とか本は持ってたけど、基本は綺麗でかっこいい感じの本。

こいつらは動物のかっこよさより「可愛さ・まぬけさ」を追求した傑作なのでもふもふ好きは一度は見とくべし(`・ω・´)キリッ

読む方としては、ざんねんよりニヤニヤする本になってるよ。