とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

10月始まりと手帳と私

www.prime-number.online

www.moleskine.com

今年から来年分の手帳は、初のモレスキン手帳になった。昨日でいったん現場監督としての自分とは区切りがついたので、新しくした。

買った後に、手帳特集ブログなるものを見つけたよ。一目ぼれで買ったけど、わりといい感じで嬉しい(人´∀`*)

 

ふと歴代の手帳たちを振り返ると、その時々の自分の価値観が出てる気がするので振り返ってみる。

 

・20代の若い時:エルメスのオレンジ色のやつ

当時の仕事柄もあったからか高級ブランドを使うと、運勢もよくなると思い込んでた。

本体が8万円前後で、レフィルが1万5千円だった覚えがある。高島屋にて購入。

さすがに高いし元を取ろうと、ちゃんと使ってたようだ。

気に入ってたけど、ある日ふと「え、紙に毎年1万五千円だよね?もういいや☆゚+。(ゝω・´○)ノノバイチャ。+゚☆」と嫌気がさしてお別れ。

・ここ数年:A4サイズのノートみたいなやつ

基本はスマホがあるので不要だったけど、書店とかで目に付くと買ってしまう。

だいたい1000円から1500円ぐらい。1年あっても毎日つけてたりはしなかったな。

・今年:7月始まりのモレスキン製。スマホと同じぐらいの大きさのやつ←今ここ!

ロフトでみて一目惚れ。18か月ものという区切りの手帳だ。

実用には小さいかなと思ったけど、サイズより実際に使うのにストレスがないか否かで、手に取りやすいサイズにしてみた

あと、切符とかチケットとか入れるポケットみたいなのがついてたから便利そうで。

※せっかく24時間の動きと月間スケジュールかけるスペースの手帳を買うも、重たいのでよほど用事があって気が向いた時しか書き込んでなかったという。。。

 

f:id:dobokutanuki:20171001124605j:plain

モレスキンって何?って思った人

私も名前ぐらいは知ってたけど、買ってからうちで調べてみた。

最近できた文房具ブランドみたいで洋ものです。本社はイタリアのミラノらしい、お洒落感があるものね。アーティストやデザイナーとがっつり提携してる雰囲気だな。

無地だけじゃなくて、キャラクターやスターウォーズの柄ものもあったですよ。

※ノートとかの方が有名かもです。

 

手帳に見る自分の変化

若い時はミーハーでブランド物好き→だんだん簡素化→より利便性を追求

 

現在のミニマリスト寄りからは考えられないぐらい、ヴィトンやらエルメスにぞっこんでしたね。

ブランド信者は叩かれがちだけど、一回使ってみると「ああ、こういう感じね」と思うので食わず嫌いしないでいくのもありよ。

ただ、生活削ってまで買うものじゃないね!手帳の最安値は、100均に売ってるやつだから単純計算で約1000倍違うもんで。

 

不思議なもので、ブランド品がぽいっと買えるようになると、なぜか「あえてブランド品を買いたい!」って気持ちが消えてしまう。

歳を取るにつれて自分の生活に自信がついてくると、暇もなくなってくるしそこまで興味がなくなる。

高い化粧品もだけど、時間があって自分を身の丈以上に見せたい!!って状況が私には数年間しかなかったな。

「他人の視線」を気にしなくなると、シンプルになってくんだわね。