とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

不器用なりに生きる

f:id:dobokutanuki:20171030235759j:plain

10月も最後。。

今月は有給、設計、就職活動などで現場を離れたついでにブログを毎日更新ってのをためしにやってみた。

なんだかんだで、今年もあと2か月なのね(´・ω・`)

 

書いてて気が付いた自分の弱点

ブラック企業や、搾取されて腹の立った話、変な犯罪者の話、自意識過剰ブロガーとかを通していろいろと気づきがあった。

ガチの犯罪者には被害を被ってなかったけど、私もたいがい騙されやすい

 

賢い人は些細なクズにすらチラ見で察知&スルーするんだけど、ワンテンポ自分は遅いのだろう。

もっと鈍臭いと本格的な被害にあうので、一般より注意力が欠けてるのは確かだ。

殺されたり拉致されたりはしてないので、こうしてのんびりブログなんか書いてるのだけど。もっと隙があったら、どうなるか分からんね。

 

いまだに変態のニュースとか見ると、私に関係ないけどかなり怒れてくる。

自分が被害をこうむったちょいクズに対しては、頭にきて復讐したり落とし前をつけてきたけど。いま考えると、余計な仕事が増やしてただけだわ…。

 

自分は不器用らしい

そもそも器用なら最初からブラック企業に入らないし、嘘ついて寄ってくる子の話は顔で笑ってやり過ごせばよかった。やはり私は鈍臭い。

かといって自活して生活は出来るので、不器用ってくくりに入るのだろう。

 

「この先も十分やっていける」という根拠のない自信と、猪突猛進な感じできてしまったので振り返る機会が、書く事によって得られた。

器用で寄り道のない人生に憧れたけど、その路線は無理だったんだよな(´;ω;`)

 

さすがにもう、ブラック激務はもうしないけど。ありゃ20代の時だけで十分、もういいっすわ(ヾノヾノ・ω・`)ナイナーイ

いま夜勤とか徹夜とか、ぜったいむりむり。

 

今の自分が持ってるものを考えた

失った機会や失敗については仕方ないので、現在の持ち分を振り返る。

 

・健康な身体と働ける場所

ブラック企業により得られた裏切りへの耐性

・昔悩んでた事が些細な事だったという悟り

・それなりに信用できる人たち

・自分の居心地のいい家

 

今のところ結婚や子供や持ち家とか、一般に幸せの象徴とされるものは確定していないのだけど「自分は独身のままでも既婚になっても、どう転んでも大丈夫な気がする」ので家族推しに惑わせられなくなったようだ。

信用できる人たちの中には彼も含まれているが、親の面倒をとかそういうのがでてきたらちょっと面倒だなと思う自分がいる。冷たいのだろうか。

 

よく「落ち着きたいならこうしなさい」と既婚子持ちパートおばちゃん&セクハラジジイがアドバイスよこすのだけど。。。

残念ながら、どうも従う気になれないし、そうまでしないと彼らのいう「勝ち組」になれないならもうどっちでもいいやと思う。

そこそこ自由に暮らせてるので、自分にとって必要なものはほぼ持っているからで焦らされる理由がどうもピンとこない。

 

自分がもっと器用だったら、完全に女としての役目も果たせたのかな?と悩むこともあったのだけど、20代当時はこれといった男性にいいように利用されていたし。※数年後にドクズと判明するが。

 

孫の顔をみせないと、という強迫観念みたいなものはあるのだけど、そもそも毒親にいろいろ背負わされてがつがつ働いてきたのになと思うと別にねぇ。

何かと自分に必要なものが必要な時期に配分されてる気がするので、不器用なりに生きてく姿勢が出来てきた。

私は器用な女性でもないし、これからも騙されたりするだろうけど、それなりにやってこうと思う。