とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

文明が違う

f:id:dobokutanuki:20171106023500j:plain

同じ国に住んでても違う民族のようだ

マニアックな業界にいるせいか、大学時代・院生時代にはまず見当たらなかった「持たざる者」に関わる機会が増えた。

転職をしまくって土木に来なければまず知らなかった文化だ。一人旅でアジアを放浪してた時とはまた違う感じの文化の断絶が国内にもあった。

建築はまだマシだが、土木の貧民ぷりはすさまじい。年収は大差ないと思うが、価値観や考え方が貧しいのだ。これほどまでに違うとは。

 

田舎女子の家族全て教も通ずるものがあるが、「大志を抱ける」はずの男性でこれって。。って思う事がかなりあった。

すきを仕事に、ってのは危険だよという以前にある程度「こういう仕事がしたい」という気持ちと言うのはドライな私でも持っているのだよ。

人生の目標とかやりがいがほぼゼロに近いので、どんびきしたのである。

 

下請け会社の一つなのだが、職長をやってもらっている関係で打ち合わせ等してるのだが、なぜか私に「俺様の素敵な人生ストーリー」を聞いてもないのにしてくる。

「たぬさんも働くのなんて男に任せて家でゆっくりしとけばいいのに」だとよ。セクハラか!

会話した感じ、否定すると仕事の面で嫌がらせする残念なタイプなのでするっとかわしながら観察してみた。

※食事中の方は避けたほうが良い内容有ります。。

 

作業員Aのこれまで

地元の偏差値低めな高校を卒業後、バイト生活してたが働かなくてはと思い立ち、土建屋へ入社。配管工として水道・下水の作業をこなす。

その会社の事務員の女の子(今は本人も奥さんも40過ぎたけど)と結婚、2人の子持ちに&会社近くに持家を建てる。

役職は工事部長になったが、月収は額面30万円。奥さんも共働きで、ローン返済と子育てに金がかかる、それでも〇〇社長は裏切れないから頑張る!

 

作業員Aの実際の1日

朝7時前に土場にて待機し、仕事の材料を作業者・ダンプに積んで、朝礼。今やっている現場に向かう。

※小さい現場だと現場事務所も立てないのです。ここは辛い。

都市部の下水管の入れ替え作業(朝9時から夕方5時)昼休憩ない時もある。

土場へ帰り、不要な材料の返却、車の洗浄、燃料の補充などして会社事務所へ事務作業などをする。(21時まで働くらしい)

 

ここまでだと普通に見えるけど、仕事がきついのです。※週6日から7日出勤がデフォ。

私は彼らがやる作業について、住民・企業・役所への説明なり、現場写真を取って出来高と図面まとめるだけだけど。それだけの緩い作業でも、下水は臭い。

こりゃ私無理だわ。。とさじを投げたい今日この頃。とはいえ作業してる人間はもっとえぐい。水道の時は断水するのだが。。。

下水管って、うんこ流れたまま工事するからね作業員はうんこくらってる。新設のときはシールドで掘ったらおしまいだけど。既設ものは常にうんこが流れてる。

ちなみにうんこ手当というものはないらしい。あんなに臭いのに水道やってる時と給料同じって変なの。

うんこだけじゃなくて洗濯や風呂の水とか生活排水全般が流れてくるそうだ。柔軟剤はいい匂いなんだって。上から見ると泥水流れてるわーって感じだけど((((;´・ω・`)))

 

作業員Aの考え方

仕事の話だとまだしっかりしてるからいいのだけど、仕事観や家族の話には「長い物には巻かれよう」「世間に認められることが大事」というメッセージでいっぱいだ。

きちんと聞いたふりをしないと面倒なので、相槌は欠かさないが長引かないように配慮。発言まとめるとこんな感じ。

 

 

「こんな俺を拾ってくれた〇〇社長(下請けの会社の社長さん)は裏切れない!」

「家族の為に俺は頑張るんだ、子供がいれば仕事なんてどれでも一緒だ」

 

なんちゅーか社長への恩義のために待遇のいい会社に移らないとか言いたいみたいだが、今更この人が今の待遇より良い目を見れる要素はないと思うの。

家族の為に!っていっても、子供ができる前に自分が好きな仕事を確立するべきじゃなかったのって話だし。

 

私だったら家族のあるなしに関係なく、50近くになってもうんこ水にまみれる仕事はしない。そうならないように努力をする。

少なくともそれしかないなら、自慢話(本人はそのつもりで話してる)は一切しない。

下請け会社の部長がそこまで薄給とは思わなかったが(つか部長で現場に出てるなんてどんだけ人間おらんのだw)、給料が高いなら公表するのが当然と考えてるらしい。

 

上には上がいるので不毛だと思うのだけど、自分の素敵さを表現したくて仕方ないらしい。彼の売りは、うんこ水にも負けないメンタルだけだと思うのだが。あと奥さんは綺麗なことぐらい。(書類届けによったら受付にいた)

自分は元請の監督だから、給料は彼らの世帯年収よりはもらってるけど、どうやら女はみんな年収200万円と思い込んでるみたいなのよね。結婚しないで一人でいる女は精神的におかしいとか。

 

先進国と発展途上国ぐらい違った

同じ業界内で働いてるんだけど、社内でもこういうタイプの「女は家庭」「仕事は家族を養えればいい」みたいな考え方の人って多いけど特に現場では多い感じがする。

あと「恩になった人を裏切れない」とかいう時代錯誤な考え方。

会社なんて利益の為に人を雇ってるんだから、本当はえり好みしたくてもやりたがる人がいないから大事にしてるふりだけな事の方が多いのに。

 

以前にいたでかい現場の頃や、スーゼネに出向と言う名の派遣にいくまではマイナス面があまり見えてなかったけど。

この作業員Aと話していると、「なんか人種が違うんよね((((;´・ω・`)))」「感覚がどうも違うんよね((((;´・ω・`)))」と感じたのを思い出した。

 

ごねてやめたいといえばまた給料は上がるんだろうけど、いずれ去るきでいっぱいだし改めて思った。うんこに関わるのはいやだ。

※毎回下水が出てくるわけじゃないけど。。都市土木とうんこは切っても切れない関係。橋やトンネルなどの大物は大物で拘束度合いが激ブラックだし、現場はなるはや脱走しよう。設計もなんか違うし、本気で考えなくちゃ。

 

ゆるい感じで朝は早くても17時過ぎに帰る生活をしててすっかり忘れてたけど、文明の違う人間と濃く接する仕事はきついな。大手中の大手行っても作業員あんな感じ多いし。

金はそこそこもらえても、作業員のあの文化に関わってること自体がもう無理無理無理((((;´・ω・`)))

技術屋ってもそこまで難しくはないし、猿をうまく動かす技術の方が大事な感じなのよね。

話してて悪い人ではないんだけど、視野が狭いし他人に自分の考えを同調させようとしてきてむかついた。

この業界が低学歴の筋肉馬鹿と言われる所以が分かった。

優しい人は多いんだけど、自己犠牲の精神が強すぎる。そしてそれをみんなに強要する。※見返りをこめた優しさと言うのはとても窮屈だ((((;´・ω・`)))

道路とか橋とか、地上でわかるものだと達成感があるのだけど地下にある上下水道とかトンネルとか寂しい感じはするし「家族のため」ってなりがちなんだろうか。