とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ヘッドハンティングの罠

「引き抜き」っていいイメージだった

転職サイトに登録してると、人材紹介会社経由のヘッドハンティングと言うものがある。昔は引き抜きと言われていた言葉だ。

これを生業にする人材会社はリクルートキャリアに、パソナキャリア、インテリジェンスなどなど数十社あるんやないかな。

仕組み的には、求人が欲しい会社と仕事を探してる求職者を仲介するんだけど。。。

派遣社員なら毎月コンスタントにピンハネできる仕組みで、正社員だと入社時(or何か月か定着したら)に最初にピンハネできる仕組みって感じだな。

 

というのも、エージェントの紹介で仕事が決まると成功報酬が求人してる会社からエージェントに入るようなのよね。

求職者の年収の3割とか!300万なら100万、600万なら200万とか。契約1本取っただけで大きいんじゃないのかな。会社側からすると、初年度に年収300で雇っても400万、年収600ならあ800万、1000万なら1300万ぐらいかかるってこと。

自分的には人材紹介会社も派遣会社も、こうした裏を聞くと同じにみえる。

f:id:dobokutanuki:20170908202833p:plain

 

転職エージェントは基本何もしない

仕組みとしては、求人サイトに応募者がスペックや希望を登録してると人材会社からアクセスできるようになる。

丁度いい応募者(カモ)がやってきたら、〇〇さんにお勧めの求人があります!と場合によってはブラック企業も進めてくる。

まぁビジネスですからね。人が辞めないホワイト企業はやったらめったら求人しないでしょ。ハローワークに年中求人が出てるのは怪しいのと同じ。

有料で広告出してるぶん、儲かってたり人は選びたいのだろうなという違いぐらいか。

 

恩着せがましく転職会社の担当はこういう。「私がサポートします!」

でもやることやんねーしな。会社に応募者との面接を仕組んだらあとは丸投げ。

書類作成手伝います・アドバイスします、みたいなのは若い子なら良いけど中堅以上なら不要だしな。

若い時に利用したけど、丸投げだったんで口先だけな業者も多いのかも。丁寧な業者さんもいるだろうけど、向こうも商売でやってるという構えでいったほうがよいね。

 

転職エージェントの対応

こうして、仕組んだ面接が決まる。企業との面接が終わると、わりと早い段階で合否を出す(当日ないし3日以内)ものだ。

高い買い物になるから、判断は大手ほど早かったなと言う感じだった。

採用したい!という結果であれば転職エージェントの猛プッシュが始まる。応募者の希望通りかどうかなんて関係ない。成功報酬が目の前まで迫っているのだ。

あとはクロージングをするだけ。

 

「この条件で入社できるなんてすばらしい!大成功です!」「この業界ではここと〇〇が勢いがあるんで今のうちですよ!」とかなんとか。

 

一方、不採用だった場合。どちらも経験があるのだが、採用の場合は電話、不採用の場合はメールで来る。

不採用の時は、「これにてサポートは終了です」とかいう大したことしてないのに、アンケートとか取るなど頭がおかしい事もしてきます。

評判はいいみたいだけど、リクルートエージェントとかでもそうだったな。求人の幅が大きいという点ではリクルートは強いと思う。

サポートって、会社に面接の日時調整したぐらいだよね?履歴書と経歴書と書類はこっちで作成してるし本当に「サポートしてあげた」と連発してくる姿勢が嫌すぎた。

 

人材紹介で入社するにあたって

めでたく入社となっても、応募者にはまだまだプレッシャーがかかる。

通常の人材より「金がかかった」素材なので、明らかに期待されるし、入社後の搾取度合いも激しい。

私はブラックの極みから普通のブラックにドナドナされたようなもので、酷使だったなと思う。ある程度出来るようになってからは「やめる」という言葉を担保に交渉しながら働いてきたような感じ。

 

実際、ある程度の経験者で「仕上がった労働者を入手できる」のだから人手不足の企業にとってはお得だと思う。

新卒から教育してって余裕がないところにはかなり都合がいいだろう。

でも建設業はいろいろと問題が多いから、まともな人は逃げてく気がする。他で働けない人はずっといるだろうけど。。

面白かった事もあるんだけどちょっと体育会系過ぎて無理だなぁというサイドからするとこんな感想。

 

ヘッドハンティングも場合による

私はやや騙されやすいタイプだから、堂々と非常識な事を言われると最初は信じてしまう。今いる会社にいるのがその証拠なのだが。。。

それでも時間がたつと「はっ!!」となるので、救いようのないアレではないはず。

 

ある程度経験を積んでからのほうが、自分を売り込むというのはいいのかもな思いました。年齢と言うよりはその業種での経験年数や経験値かな。。

私はかつて土建屋だったので、ゼネコンと言うだけでまとも!!と思考停止だったので。。(・ω・`(・ω・`(・ω・`)

 

それでもハローワークでどんなのでも雇うよってところよりかは、会社としてよくしたいという意気込みはあるみたい。さすがにベトナム人を月5万円で雇ってないもの。

まぁマージンが欲しいという人材会社の黒い罠と言う側面があるので、利用する方は見極めてヘッドハンティングされてください(`・ω・´)キリッ

 

自分では考えてない意外な会社を紹介してくれたりとかグッドな側面もあるので、一概に人材会社ダメ!絶対!ではないのでここは譲れない!とかこれを優先したい!という自分の意思をキープする事ですね。