とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

伊勢うどん

f:id:dobokutanuki:20171113130731j:plain

 

三重県伊勢神宮ではちょこちょこ食べてた。

参拝するまでの道中には、おかげ横町ほか食い倒れスポットが点在する。

筆頭が伊勢うどんになると思うけど、食べてったものをあげてみる。

 

伊勢うどん★★★

 

直径1.5cmぐらいの極太うどん。柔らかいので歯ごたえはない。

味付けは甘辛たれがあって、つけうどんという感じ。価格はキリよく500円也。

この店だけか知らないけど、お茶や水、漬物などはおかわりご自由に!とのことでした。

私は堅麺(できるだけバリ堅)スープ派なので違うなぁと。

 

赤福ぜんざい★★

 

赤福の温かい版。もちをあんこで覆ってるのが赤福で、ぜんざいはこんがり焼いたおもちを2つINしたぜんざい。

ぜんざいなので、あんこが好きな人にはたまらないだろう。

価格は520円也(赤福は200円とか300円で激安だったような覚えがある)、伊勢茶とか言うお茶も自動的にくっついてきますよ。

私は、失敗したな。。。と思った。寒かったので温まったのともちには癒された。

 

牡蠣のタレ漬け★★★★

 

時期が時期だけにぷりぷりで美味しかった。値段が一皿1000円強と攻める感じだったが、まぁ妥当かなと言う感じ。ご飯と食べたらよさそう。

磯臭い香りがするのが気になるが、通な人はそのままに近い味で食べたらよさそう。

私は基本海産物が苦手なのだけど、甘辛く煮てあると香りが誘惑強すぎてつい立ち寄ってしまったのだ。

 

三重ごはん総評

ここでは出てこなかったけど、松阪牛が最強じゃなかろうか。なんだかパンチが薄いのが三重の特徴なような気はする。

冬よりかは夏とかに出かけて食べたほうが三重県はいいような気がする。寒い時期に温まる感じのものが弱めだな。伊勢うどんも汁というより麺がメインだったし。。

伊勢神宮ついでにいったので秋ぐらいだったけど、寒かった。

 

三重県は、北陸の海鮮とかはたんなるどんぶりご飯の分際で2000円とか3000円取ってくるので、比較的、同じ海鮮系でも安く食べられる雰囲気がある。

個人的には北陸もなんだけど、新潟とか日本海側の方が海産物はうまいと思ってる。

寒い時に鍋系が強い地域の方がクオリティが高めな気がします。