とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

人間はブランド物が好き

f:id:dobokutanuki:20180104235807j:plain

 

日本人は特にブランドが好きな民族

去年、自分へのご褒美という事でボロボロになってた財布を買い替えることにした。

これまで仕事一本でお金が入ればいいんじゃね?ということで沖縄旅行で買った土産を長年使ってたのだけど、脱ブラックを機に急にいろいろ変えたくなった。

で、去年の話になるのだけど、普通の駅ビル見た後に百貨店を2店舗周り約半日で理想のお財布に出会えたよ。

残念ながらホームセンターの財布は百貨店には敗北したわ。現場づかいは別にあるけど。

 

もうブランドは卒業したと思ったけど、見比べると値段が張るには値段が張るなりにいいなと思った。

百貨店はクリスマスで目玉の商品がだいたい売り切れたそうだ。※特定のブランドに偏るけど。

一番ええーって思ったのが、エルメスの財布はメジャーなのが1個30万円なのだがすべての色味が売り切れで正月空けても入ってこないとの事。

お金はあることにはあるし、物は売れてるし経済は回っているのだろう。

 

身の丈程度のブランド品なら文句言われることもない

個人の価値観にもよるけど、自分で自立して生活してたら生活するのに精いっぱい・むしろ自立できる収入がない女性が「ブランドォ、質のいいものぉ!!」とむさぼってる姿は美しくない。

別に家事手伝いとか派遣社員がシャネルやエルメス使ったらダメという事はないけど、自分がこなしてる事に対して釣り合ってないので豚に真珠じゃね?と思うとこがある。

 

良いものをもつと、やる気が出るとかはあるかもしれないんだけど、主婦で職業訓練受けてるおばちゃんが「私にしかできない事!」「高品質なものを長く大事に使いたい!」とか言ってるのを聞いて一時期私はブランド品に嫌悪感を抱いていた。

ただ、物に罪はないのだけどね。いい商品で高いのをアレな猿が欲しがって所有してるというだけだった。

 

物に限らず、人口の99%はブランドが好き

ブランド好きというと、バックや財布・時計などの装飾品についてのみなイメージがあるけどブランドというのはそこかしこに存在する。

モラハラ実父の方に、ガタガタ文句を言われたのが、ジジイは別の意味ですごくブランドが好きなのだ。

 

男の人はだいたいそうなのかもしれないが、財布やバッグのブランドにこだわる人はそれほど居ないが車、学歴や職歴、経歴、どういう人間と交友関係があるかにこだわってくる。※お洒落さんやゲイは別で、靴にもこだわってたりする。

学歴は女の人でどうのこうの言われたりすることはほぼないけど、男にはよく張りあってこられるイメージがある。浪人したのか現役なのかとかまで。

仕事でいえば、近くの町工場に勤めてるというよりは、キャリア官僚やら医者の方が上という意識はあるらしい。

 

結局いいものはみんな好きなんだわ

「ブランド好き」というと、中身がなくて自信がないからそれで飾ってるとかディスられるけどお金があったら皆一回は手を出すよね?

そんな感じの事をふと思った。

 

学歴や職業差別も駄目って言われてるけど、どこでもいける知能や金、機会があればいきたいものだしそういうものなんだろうなぁと思う。

承認欲求というのも度が過ぎるとアレだけど、ある程度は満たしてあげたら精神衛生的にいいんじゃないかね。