とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

もちの悲劇

f:id:dobokutanuki:20180112194914j:plain

正月の鏡餅をお雑煮にした結果。。。

こういう写真のやつを作りたかったんだけど、変なものが出来た。

レシピなんてみなくても、実家で食べてたり旅館でだされてた雑煮の面々をみてもありえない惨劇に(´・ω・`)

そう、餅がとけてドロドロになり、謎の白い液体スープに。。(´・ω・`)

写真を撮る気にもなれないし、鍋も事故にあったようにもちの溶けて蒸発?したのがふたについてる。けっこうトラウマだ。

※関西のある地域では、丸餅を煮てドロドロ風のお雑煮もあるらしいです。地域差があるんでしょうかね。

 

雑煮の正しい作成方法

①出汁を取る(市販のあごだしスープの素でも十分)

②三つ葉や椎茸などもち以外の具材をカットして、必要な部分は①で下ゆでしておく。

③餅は別に焼いてスタンバイしておく。

④出来上がった具材(②で作った分)を先にお椀に入れる。

⑤焼きあがった餅、だし汁を最後に入れる。好みで柚子の皮を削って添えると綺麗。

 

雑煮の最高のポイント:餅は先行で焼くべし(*`゜w゜´*)

あくまで私の好みなのだが、透明感のある出汁に餅が鉄板なのでここでのポイントはこれ。

鏡餅ってすぐそのまま使っていいような空気出してんだけど、ろくに料理してこなかった人がやると悲劇になるのね(⦿_⦿)

 

インスピレーションで料理をするとたまに変なものが出来上がる。どろどろ雑煮を完食して、きちんと雑煮の作り方を復習しましたとさ。

まぁ今回に限らずいろいろやらかしてるんだけど。。正月からやるとはねぇ(ヾノヾノ・ω・`)ナイナーイ

 

悲劇から学んだこと

料理は簡単だけど、手間をかけてあげよう。今までなんとなくで自炊してきたけど、今回やらかしてショックが大きかったんで地道に調べた。※最近は料理も動画で見れるようになったので便利になりましたね。

 

前に雑煮風の鍋を作った時はこんなんではなかったけど、失敗すると見えてくるものがあるものだ。些細な事だが、レベルアップしたわ。

 

・椎茸の綺麗な斬りこみは、前もって一部分を切り取っていたから

・餅は煮るとドロドロになる残念な食材※そもそも焼かないと駄目みたい。

・出汁を鰹節と昆布から取るのもけっこう簡単にできる 

 

ブラック企業と一緒で失敗したら対策を練らないとね。料理自体は、面倒だなと思う事もあるけど好きかもしれない。

食べるのが好きな人は、たぶん作るのも向いてるね。やる気があるから。