とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ビッグマウスに囲まれて(その3)

f:id:dobokutanuki:20180111192227j:plain

ビッグマウスその3。嘘つき列伝に飽きてきて料理編とか挟んじゃったけど、大御所がいた。思い出して書きためたら長文に。

依存しなきゃ生きてけないけど、偉そうなビッグマウスで、男性版より私は嫌いかも。

ちなみにそいつも私の事を「好感が持てない」とか言ってきたので両想いですね。

 

変に出しゃばってこなければ別に主婦は主婦でいいんじゃないの?て感じなのだけど。

既婚でも独身でも、自立しようと正当な努力してきた人間は認めるけど、嘘ついて誉めてもらおうとするのでね。

※今回は遠慮なく書いたので、毒舌苦手な人は避けたほうがいいです。書きたいんで書くけど。

 

ビッグマウスその3:元知人Y(10代から20代にかけて)

前記事にちらっと書いた、在学中に漁ったおじさんと22か23歳で結婚したY。

一言でいえば、承認欲求の強すぎる専業主婦。迷言をずらずら上げていく。

 

①ただの主婦では終わらない!!起業よりも安定できる国家資格の仕事につきます!!

共通の友達に詳しい実際の仕事ぶりを聞いたら介護ヘルパーだった。

※私にはなぜかいつも「すごい仕事」をしている、とか「すごい夫」と結婚してるとか羨ましがらせようとしてきた。

「国家資格必須の社会的責任の大きな仕事!」につく!!と皆に言ってたけど、職業訓練がどうの失業保険がどうのしみったれてたのでうさんくさく思ってはいた。

だってあれは社会経験の浅い若い子向け。なぜ中年の主婦で失業保険もらいながら行くのか謎すぎる。妹も同じことしてたから品のない血筋なのだろう。

 

介護も国家資格だけど、「起業より安定で責任重大」つったら、権威高そうな仕事に聞こえる。ももねいろさんが営業事務かCADオペなのに設計って言ってたのとかぶる。

※この「起業」というのも半分嘘みたいな話になんだけど。

 

実情は、家のローンの支払いが厳しいとかで、確実に収入のある仕事がしたいそう。デイケアだか近所の老人センターだかで時給1000円で週3日働きだしたらしい。

失業保険欲しさに職業訓練してたのは知ってたけど、その後やる気になったんだろうか。それともついに旦那の給料がカットされたんだろうか。

※読者が2人(夫と妹)なのに15年以上ブログを続けている。たまに私も見てた。

 

最初は何を話してきても肯定してたし、共通の友人もそこそこいたので情報だけは入手できます。あと、スノーとか言う顔面加工アプリでじどりを含めたブログを自分で毎日発信してる。

 

②主婦でも起業!!赤字にはならなかったけど、プチ起業は廃業して次に行くぞ☆

起業については、女子アナ志望だったので、司会をする事業?みたいな内容で届を出したみたい。

ブログもやってて私も見てたけど、素人に頼むかな?と思ってた。わざわざ依頼するなら、プロ(元アナウンサーとかラジオで話す人?)じゃない。そんなの。

むしろこいつの売りは、社会保障制度を利用し尽くす・もてない男に擦り寄る・不正受給まがいな所なのに。他人が制度で得するのは許せないから教えないのでしょう。

 

起業でやった事は、個人事業主の届だして顔写真入りの名刺作りのみ。

あと、田舎町の商工会議所に顔を出して仕事をおねだりし続けてたらしい。相手にされないから「所詮田舎は私の価値が分からない」とブログに書いていた。

 

知り合いに頼みこんで日給8千円の司会のお仕事が1回あっただけで、友達の友達にまで「有名な人や講演会できる人を紹介しろ」とか3年粘ったけど廃業。

さすがに何百人に名刺渡してスルーされたら分かるわね。私ももらってたけど運気が下がりそうで引っ越した時に処分した。

「田舎だから需要がなかった!!都会だったら成功したのに!!」が当時の口癖。

 

あと、大学教授なら講演会とか見込めると、当時私の通ってた大学院に学生でも聴講生でもないのに講義を聴きに来てた。※私は地方都市で、魚一家は近い県にいた。

講義後に擦り寄って話しかけて名刺わたしてたらしい。。。不法侵入??

大学ってたまに爆弾予告とか不法侵入あるけど実際におるんや。。((((;゚Д゚)))))))

ちなみに、写真名刺と宣伝用紙はゴミ箱に行ってました。だわな。

変なおばさんが近寄ってモノわたして、捨ててるのみたら押し売りと思うわよね。

 

研究科は全然違うけど、変な事件あると噂になるもんですね。

ちなみに同い年ですが、魚っぽいおばさんにし見えない老け顔だったので、心の中で呼び名は魚面or魚婆でした。

 

③「キー局のアナウンサー試験で最終まで残った!!」

新卒の就職活動で本命のアナウンサー以外でも、有名どころを中心に100社以上受けたが、どこにも受からなかった。

もちろん、最終面接の話もあえて言わなかったけど、面接まで行ってた感じはない。

アナウンススクールって通ってる子チラホラいたみたいで、変に情報はいるのよね。

 

一般企業についても、だいたい夜間で幼児教育科の不細工をソニー電通が取るわけないだろう。足し算引き算できないし。エントリーシートで駄目だろ。

学部の頃の大学なので、私の学科でも誰か行けたらいい方だ。地方の旧帝以外はそこまでブランド力ないからね。しかもこいつ裏口で入ってきたやつだし。

大企業はコネでもない限り使えない奴隷はいらないだろ。

 

他の学部の友達がいないから突っ込まれなかっただろうけど。保育や教育、介護って空気似てるのか、一般企業受けない人が多い印象だった。

※普通に就職する系だと、面接の回数とか、一緒に受けに来てた面接者どう?とかでバレバレなのだけど。

 

その後、近所で時給800だか900円で週3日か4日勤務で新卒からパート生活仕事は好きかどうかは知らないが、月に8万円とかで就職って言うか??

しかも、「総合職なの(ドヤ)」って話してた。月に10万未満の総合職とかないw

雇用形態聞いて「それ普通のパートじゃない?」って言ったら、2週間音信不通に。

 

④日本とアメリカとの懸け橋になる

夫の方がポスドクとかいう期間限定の仕事で働きに出ることに。日本では博士号あっても、助教に成れない人が1年・2年とか留学かつ研究補助が出来る仕組みがある。

月給18万とかでツテで募集があるけど、専攻分野やポジションによって給料は変わるみたい。たしか渡米時で夫は37歳か38歳だった。

 

彼女はアメリカに留学してた夫についていっただけなのだが、自分が「日本とアメリカをつなぐ懸け橋になる」とか言ってました。

※個人的には「日本の恥」を輸出しないでと思いました。

 

 

その後、夫のポスドクタイムが終わり帰国したけど仕事につけず(40前だと面接もNGとか)、お呼びもかからず。

高齢の夫の母に泣きついて、紹介してもらった片田舎の工場へ。近くの県へ家族で移住。

 

⑤「仕事が好きだけど、先に運命的に出来た家族が大切だから主婦してる。」

いろいろ総合してこの魚婆を観察してると、大学へは男漁りの目的で来て(肩書やら空いた時間やら)、仕事もできたような恰好がしたいだけだった。

 

出会った当初から執拗にどの高校出身かしつこかったり彼氏のマウンティングが強目だったので、私も逆に探った。魚はどうも教育ママに育てられたくさい。

小学受験やら中学受験から頑張って国立のエレベーター式の学校に通ってたのに、成績がついていけず、隣の田舎町の底辺校に通ってた。※ちなみに魚は地方都市が実家。

 

渡米する前に英語を教えてあげたのだけど、こんなにも出来ない人がいたんだと衝撃を受けた。尚、数学は一切できなかったからセンター試験は受けていないそう。

ボランティアやサークル漁りで、理系男子ばかりを狙っていた。ブサなので同年代には相手にされず。

 

北は北海道から南は沖縄まで採用試験を受けて、放送業以外も全ての企業にお祈りされたのち、パート生活。

※後で調べたらアナウンサーは難関で、キー局とか言う都会の放送局以外の北海道とかでもわんさか応募が来るらしい。

 

結婚相手も、学生時代(19歳とか)から約15歳年上の出会い系で引っかけたおじさん。現在はとあるアクシデントで、別居だかでもめて魚実家にいる。

食い扶持候補にやり捨て去れたらパーだから、肉体関係ちらつかせて、結婚をだしにおっさん何人かと付き合ってたみたいね。リアル木嶋佳苗もどき。

出会い系で10幾つも下の学生漁るおっさんなんて、もてないし性欲だけ強そうだし「結婚したらやらせる」とか言いくるめとけば簡単におちそう。

そういうの何人もストックしとけば、卒業後に一人と入籍したらいいもんね。

 

というのも、最終的には免疫のなさそうな自称「薬学博士で漢方や化学詳しいでちゅ!な薬剤師」に確定したのだが、もう50近くで単なるサラリーマンなので「僕は科学者として!」といまだに長文を書き綴っている。

一番落としやすいのは、飢えててもてない人だから作戦としてはいい。

 

※ちなみに専業主婦になるために、男受けの悪い「専業主婦になりたい」「養ってもらいたい」という発言はしないで「貴方のお仕事が一番・貴方の気持ちが二番・私の仕事が三番目に大事」とか言うのはテクニックだったようです。

 

そもそも関わりが出来たのって

最初「自分も学費工面や免除で苦労してる」って近寄ってきた。夜間なんて苦労人にイメージしかなかったから、自称姫とかおかしなところあっても印象は良かったのよ。

 

ところがだ。昼間も夜間も大学で見たし、在学中に専門学校通ってた。出会い系で知り合った彼氏の話が頻繁に出てくる。

※これも最初は見栄はってたけど、魚はブサイクだからナンパの線もないし。

自分の環境と共通点ないおっさんと付き合ってる時点で黒だなと思った。

じきに気づいて疑って観察してたら、矛盾に気づいて汚いなと思ったけど、普通の大学生のみんなは気づかない。

 

夜間に通ってる人は全てが苦労人なわけありではなくて、昼間の学生になるには成績が足りない人が結構いた。

当時の学生課で聞いたけど、母子家庭や生活保護だと学費がやすくなる・試験も科目が少なくてOKという制度があった。魚面の場合はこの制度だなとピンときた。

 

生活に余裕がなかったら国立の付属(公立より費用は高い)なんて受験しないし、頭がアレな3人とも大学には行かない。こっそり風俗か?と疑ったけど、さすがにブサイクすぎて無理だ。

姉妹3人がみな大学卒業したと同時に、魚面母も新築のマンションも買ってます。 一家ぐるみで計画的に国から保護をがめてたのでしょう。

※住所が市営住宅で書類上不備がなければ、子だくさんの母子家庭は優遇される都市でした。

 

本当は魚面の家庭には、金が豊富にあったようなので、母子家庭を装ってお得な制度をいろいろ利用してただけなんだなと勉強になりました。

当時の話を総合すると、生活保護受給者であるはずの魚面の母にお金を出してもらって家を建ててました。

 

 

その後の人生でも、失業保険を不当に近い形でがめてたし。全部書いてみたらももねいろさんよりやばいかも。

 

改めてどういう人か振り返ると、こういう女性とは早めに縁を切れて良かったな。

 

魚面は、反面教師にしている。

私もしんどい時は、この魚面のように楽になれる道もあるんだよなと考えたことはある。

嘘ついておじさんにたかる生き方は、確実に落とせるので早く子供は産める。正解は正解かも知れない。

 

残念ながら、人間には向き不向きがあるようで私は5歳以上年上が色目を使った時点で強制猥褻で突き出そうか考えるんで無理だった。

困った局面になっても、自分で働いた方が早いしな。

なので、こういう出来がアレで嘘つきな人に仕事仕事言われるのは納得がいかない。

  

だいたい、この魚面の本当の仕事は、もてない旦那に寄生して子供産んで社会保障から金引き出すこと

 

「仕事が好き」「自分の人生」とか言葉だけはご立派でしたね。寄生先をゲットするための演技は参考になりました。

 

 

 

私には必要なかったけど。ビッグマウスの発言のはけ口にされるのは嫌だなと心底思った案件です。