とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

寒波が来た日の過ごし方

f:id:dobokutanuki:20180111223409j:plain

迷うことなく、引きこもり体制が至高だと思う

わざわざ外出しない。外に出ないというだけで幸せ。遊びの誘いやボードの誘いがあっても心を鬼にして引きこもります。

外仕事だからと言って、寒いのが好きなわけではないのだ(`・ω・´)キリッ

むしろ、悪条件下で外は極力出たくない。大雪や台風だとたまにテンションあがるけど、一日外ですごせと言われたら凹む。

そんなインドア派が寒波の過ごし方をあげてみる。もっといい手があれば知りたい。

 

1.ブログを書きためる

なんとなくだけど、今月は一日一投稿を試にしてる。ストックを作っておく。

人によると思うけど、私は思いついたやつを書いて、また修正する方が味がある感じに仕上がってると思う。

 

2.ネット通販デビューをする

萌えニャンコもそうだけど、気になるもので実物を画像でも判断できそうなものはネットで買ってみる。相当昔にネット経由で本を買ったのだけど、送料が高いとかで以来現物売買主義になった。

セキュリティさえ気にかけておけば、買い物はネットの方が便利かなと言う気もする。

 

3.お宝DVDを見る

ライブのDVDが一番好きだけど、お気に入りの歌手のPV見てる事が多い。映画やドラマはPCのデータかサイトでみてしまうね。

余裕があったらTSUTAYAかBOOK OFFで新作旧作もチェックしたいところ。

最近だと、黒人女性のNASAの実話をもとにした話でドリームって映画が気になる。働いてる女の人の話が割と好きかな。あとスターウォーズも地味に好き。

  

4.自炊を極める:時間があるときにやれる種類

ふだんは手早く作れるものが多い。最近だと鍋の素で野菜切って肉切って(時には全部カット済み)煮込むだけとか。中食で弁当とかスーパーの惣菜とかもありがち。

基本的な自炊の材料は揃ってるけど、やっぱり簡単に作れる素材が一番いいな。

 

掃除してみたら、冷蔵庫に何もなくなっても非常食のツナ缶を発掘した(`・ω・´)キリッ

使い勝手もいいので料理する人にもツナ缶はおススメです。私はあの油まで好きなのでそのまま食べるのが気に入ってます。害がなくてよかったw

 ※ツナ缶の油は身体に悪いと思ってたけど、魚の旨味成分の染み出た油で逆にいいらしい。

食品の良し悪しはトレンドがあるので自分が良いと思ったら気にせず食べてるけど、「毒ではない」と聞くとほっとするものですね。

 

5.睡眠なり入浴なり気のすむまでごろごろする

いまは風邪気味なので自宅の湯船でまったりしかないが、ついでに掃除もできるし一石二鳥かも。

模様替えするまでは、寝ても寝ても体調が悪かったけど、風があたらないようにしたら全然違う。隙間風のある窓にそって寝てたとか、アホすぎた。。。。

いま現在は至福の環境に。不調な時は原因を確認して一休みするもありだねぇ。

 

6.旅行の計画を立てる

国内編:寒いのは苦手だし風邪でちょっと懲りたけど、真の雪見風呂と雪見酒にはトライしてみたい。

寒波がない日にも雪は降るのだろうから、その日に狙い撃ちでいきたい?

雪が降る地域には住んだ事ないんでそのへんが怪しいのだけど。まぁ、そういう文化があるんだから裸で温泉入ってもいい雪の日というのはあるだろうと踏んでいる。

 

海外編:単なる勘だけど、ニューヨークかラスベガスに行ってみたい。アメリカは遠いしちょっとイメージが悪くなることがあったから敬遠してたけど、それを除けば一度行ってみたい国だ。飛行機が苦手なので、よくいってオーストラリアだったけど、カジノの本場でもポーカーやってみたいわ。

 

7.自分の今後やりたいことを考える

ブラック企業と言いつつ、訴訟や告発・即辞めるという冬のドンパチが功を制し、かつてないほどゆるく小金の入る生活を送っている。

以前15時間とか16時間とか働いてた時には安い金で働いていたのに(当時は資格もしけたのしかないのもあったが)、会社という所は意思表示をしないと良いように扱うという事なのだろう。

 

だけど人間は究極、理想を追いたい生き物だ。転職にしても、まだ同業界にこだわってたりするけど、体力的にここらが限界。

会社だって今はほかに使える奴隷がゼロなので、生意気でも経験者の私を雇うしかないので(本音では気に入らなくても)優遇せざるを得ないだけ。

 

自分の祖母が脳梗塞で34前後で死んでる事だし、やりたいことはさきにやっておこうかなとふと考えた。性格が私と真逆らしいけど、血が1/4はそのババアな訳だから因子としては持ってると思うのよね。海外に行くにしてもパスポートから準備しないとだな。