とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

あたしおかあさんだから

 

f:id:dobokutanuki:20180206190412p:plain

母ちゃんの歌、炎上

 『あたしおかあさんだから』という曲が炎上しているらしい。

こういうイラストみたいな親子は見てて私も和むので、他人様に迷惑かけない子供はむしろ可愛い。

絵本作家の人が作詞した曲らしいけど、ひと通り歌詞読んで曲聞いてみた。私は子持ちでも何でもないので、「母親の自己犠牲」については特に何も思わなかった。

 

子持ちは生活変わるし、失うものと得るものあるだろうね、それは大変だろうな

お母さん向けの歌としてはいいけど、働く女を馬鹿にしてる歌詞が出てくるので引っかかる人が多いのだろう。女性蔑視はガッチリ出てる。ここは私もはぁ(。´・ω・)?と思った。

 

問題となった歌詞、全文引用してみました。

 

歌:だいすけお兄さん 作詞:のぶみ

 

一人暮らししてたの おかあさんになるまえ
ヒールはいて ネイルして
立派に働けるって 強がってた

 

今は爪切るわ 子供と遊ぶため
走れる服着るの パートいくから
あたし おかあさんだから

 

あたし おかあさんだから
眠いまま朝5時に起きるの

 

あたし おかあさんだから
大好きなおかずあげるの

 

あたし おかあさんだから
新幹線の名前覚えるの

 

あたしおかあさんだから
あたしよりあなたのことばかり

 

あたし おかあさんだから
あたし おかあさんだから
痩せてたのよ おかあさんになるまえ
好きな事して 好きなもの買って
考えるのは自分のことばかり

 

今は服もご飯も 全部子供ばっかり
甘いカレーライス作って
テレビも子供がみたいもの
あたし おかあさんだから

 

あたし おかあさんだから
苦手なお料理頑張るの

 

あたし おかあさんだから
こんなに怒れるの

 

あたし おかあさんだから
いいおかあさんでいようって頑張るの

 

あたし おかあさんだから
あたしより あなたの事ばかり

 

あたし おかあさんだから
あたし おかあさんだから
もしも おかあさんになる前に
戻れたなら 夜中に遊ぶわ
ライブに行くの 自分のために服買うの
それ ぜんーんぶやめて
いま、あたしおかあさん
それ全部より おかあさんになれてよかった

 

あたし おかあさんになれてよかった
あたし おかあさんになれてよかった
あたし おかあさんになれてよかった
だって あなたにあえたから

 

私がこの作詞家、喧嘩売ってんじゃね?と感じた点

「立派に働けるって 強がってた」という最初あたりの歌詞がアウト。

一人暮らしを維持するのには働かないといけないし、強がりとかそういう気持ちの問題じゃないんだけど。

 

まぁ自活するのにいっぱいいっぱいで婚活っ婚活って、結婚出産した女性は知らないけど。別にそういう人もいたっていいし、現実にもいるんじゃないの?

 

しかし、この歌詞の女性は「働く事=強がること」であって、それを応援歌です!!って押し付けられてもね。

内容的に一般事務とかそういう腰かけ仕事をイメージして作詞したんかな。

作業着でヘルメットどすっぴんな私はどうしよう?ニュータイプ??

想定されてない職種の女性って他にもいると思うけど、時代が古い。

 

 

この時代に何もできなかった女性と一緒にされたくない人は多いからそりゃ炎上するでしょ。私もだけど、それなりに勤めてきた女性は胸くそ悪いはず。

同じ女性でも、「働くのが強がり」系とかいうゆるふわ系と一緒にしないでちょうだい(`・ω・´)キリッ

 

ちなみに母親の「自己犠牲」云々はまとめるとこんな感じ。

わりと犠牲ってほど大げさなものはないと思う。

ちびすけ見るための実用性考えたら、まぁやらなくていい事の方が多いからやらないんだら。反対に早起きとかは、都合がいいから早く起きる人も居るってことだら。

 

・ネイル出来ない 

・好きな服買えない 

・料理作らないといけない

・夜中に遊びに行けない 

・ライブに行けない 

・ヒールはけない

・テレビは子供の見たいもの

・朝5時に起きる

 

これに関して子持ちの主婦が「私はネイルしてる」「私はたまには夜外出できる」「母親でも自由な時間はある」と反論してる模様。

 

でも別に、若い頃に経験のある事だしそこまで重要ではなくないか?

この歌に出てくる「我慢しなければならない事」って、そこまで自由を制限されてどうこうって話じゃない。

まぁ母親はこうあるべき!!みたいな押し付けな曲には仕上がってるね。

そこまで常に子供の為に!!って人ばかりでは実際ないだろうけど。

 

母親になる事に対してマイナスかと言えば

すごいフェミニストだと怒りがすごいと思うけど、私はこの「良妻賢母」ちっくな歌詞の女性とフェミニストの中間なのでこう思う。

そういう「尽くすのが趣味」なお母さんもいるよね( ^∀^)ゲラゲラ

私は絶対無理だけど( ^∀^)ゲラゲラ

と思いました。

 

自分の実母も専業主婦だったけど、上記の自己犠牲はほぼしない人だったし子供は必要最低限のケアだけしておけば勝手に育つわ。

3食食べさせて学校行かせて必要最低限のしつけをするっていうのに、+αでやったらいい事ぐらいでないの?

 

お洒落やら夜遊びやらがしたいって言うのも、若い時だけだって( ^∀^)ゲラゲラ。

ある程度やり切ってから家庭に入ってたらそんなに羨ましいものでもないんじゃない。

自分のお金と時間、ってもそんなん10年もやってれば飽きるし。

逆に母親になってまで「女性としての自分を保ちたい!」とか、どんだけ満たされない独身時代だったの?若い頃しっかりやってたらいいお話しやんけ。

 

私自身はこの曲の歌詞について、はぁ?とは思うけど、子育てもいいとこあるんじゃねぐらいには思いました。まぁ好きな曲が基本ロックなので、もう聞くことなさそうだけど。

しっかし、ああいう童謡系って眠いし勢いがなくてテンションが上がらない。

子供にはああいうのがいいのかもしれないけど、私は子育てしたとしても、隙を作ってこっそりロックやパンク聞くと思う。