とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

3月になったので新生活にむけて

f:id:dobokutanuki:20180228213205j:plain

まずfacebookを卒業する。

もっと暖かくなると写真みたいなバラも咲くのでテンションが上がるわー(*・ω・*)b♪

転職するか保留のままだけど、新年度にむけて断捨離をまたしてみる。

生活全般に無駄なものを削ってく感じにするのだけど、取り急ぎ「あ・顔本をやめよう!!」と思いたつ。

 

Facebookと私

友達に勧められてしかも流行ってて楽しそうだったから5年ほど前に登録。最初の半年か1年ぐらいはなんか書いたり写真アップしてたのだけど。。。

俗にいうフェイスブック疲れ(もう死語だろうか?)により、基本は放置(`・ω・´)キリッ

 

確か20代末期ぐらいに登録して、パソコン空けたついでにざっと眺めるぐらい。

あまり関わりのない部活の先輩とか、同級生とか友達の兄弟とかから申請が来るので嫌いじゃなければポチポチ「友達」に登録。

 

Facebookの良かったところ

始めたばかりの頃は、「ああ、この子も結婚したのか」「こいつ禿げたな」「元気そうだな」ぐらいで知り合いの近況が分かるし便利だなと思った。

仲のいい子や気になる元彼(当時)の検索したりログイン時間やこういう友達が居るんだなとか見てみたり。

 

自分の活動に熱心でない時期は他人の動向が気になるのですごく楽しかったな。若い頃だけの遊びなんだと思う。

 

Facebookに嫌気がさした理由

①メール配信がうっとおしい

ここ最近特に、しばらくページを開かないと「〇〇さんからお知らせがあります」「〇〇さんが更新しました」「〇〇さんが写真をアップしました」とかメール配信されるのがうっとおしい。

 

ドコモやAU、リクルートの利用キャンペーンとかと一緒で、しつこいともう嫌いになる。見たかったら自分でポチポチみるし!!みたいな。

 

②マウンティング族が多い

自分の幸せアッピール用SNSだからと言えば仕方ないが、学生時代によほどなにかあるのかマウンティング合戦は結構ある。

分かりやすいので言うと、女子に多いのはブスだったり馬鹿だった子が、結婚して子育てするとやたら勝ち組ぶりだす。

男子に多いのは、一流企業に入ったけど起業したよとか、海外出張アッピール。家族アッピールする人もそこそこいる。

 

男性にしろ女性にしろ、他人に誉めてもらいたい&上下を確認したい人が過半数な印象を受ける。普段から所属企業・乗ってる車・既婚か否かをゴリゴリ聞いてくる属性。

私も野次馬根性あるけど、披露が激しい人を見る度に「下品なアピール民だな」としか思えなくなってきた。

 

③書かれていることは全て自己申告に過ぎない

実名でやってる事が多いし、良い事しか書けないのもあるのだろうけど、やたら都合のいい事しか書いてない。

実際に関わってる人なら本当の所が分かるのだけど。。。

嘘つきで信用ない人ほどやたらSNSでは強気だったりで「そういう世界か、ふーん」と幻滅する。

 

知り合いがいないと登録できない(昔は登録してる人からの紹介制だったような・今は自由にできるらしいけど)し実名だから信用できるというのが売りだったはずだけど、嘘つきが幅効かせてるんじゃまぁいいかなとι(^・ω・^)/★

 

メリットとデメリットを比較して 

ざっくりな利点は他人の自己発信する内容が見れる事、デメリットは各種お知らせ(更新の連絡なりマウンティング更新)がうっとおしい事。

 

ちょっと昔には同じ会社でロクに話したこともない男から、「僕ちゃんはこんなに素晴らしい。でも話しかけられなかったから」「僕がたぬさんの転職のアドバイスをしてあげる」と謎のアッピールをされるきっかけになったりとリアルな迷惑につながる事もあったが。。。

 

現在も見切りをつけた元彼が月一で送る俺通信(メッセージ?とかいうチャットみたいなの)俺の生活スタイル更新が、もう飽きてきたしいらないかな。。とトドメに

友達削除とかしたら見えなくなるらしいけど、これずっと無視しても続くのか見てみたいとか思ったりして。そこにも飽きたという。

 

潔く現在も連絡取れていて、かつ会いたいと思える人間だけでいい

SNSで「自分はこんなに素敵」という人に限ってネズミ講だったり音信不通癖あったりで自分とまぁタイプが違うみたいだ。

とはいえ野次馬根性もあるのであれだけど。。。すぐ「きもい人間が多いんで辞めるんじゃ!」とはなれないけど、新生活が始まる前までにはスッキリさせたい。

 

そんな私は、予定では3月までゆるーく(もう今月か)観察して、4月になる前に登録削除と予定でいきます。

自分もいい年齢になってきたのもあるけど、どうでもいい人のどうでもいい出来事に反応するゲームに参加しなくてもいいのかなと思えたので卒業なのでしょう。