とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

鯛の刺身

 

f:id:dobokutanuki:20180303143404j:plain

天然もの VS 養殖もの

だいぶ暖かくなったので、冬ごはんの鍋からさっぱり系に。

晩酌でよく選ぶのが鯛の刺身なのだが、今まで食べてたのが養殖だったと判明。

ぱっと見て美味しそうに見える方を買ってたのだけど。

 

見た目で判断できるのは上級者の証

最初みたとき、ピンクのほうが養殖で透明で白い方が天然ものだと思ってきたけど、逆だった。

正しくは、ピンク:天然、白い:養殖、でしたね(`・ω・´)キリッ

 

見た目はともかく、値段はまったく同じでした。5切れで400円ぐらいだったのでどちらも一切れ80円。魚って高いのね。

私は基本肉派なのだけど、晩酌に合うのは残念ながら刺身だ。

 

非魚派が、天然ものと養殖物ものを比較した結果

自分には養殖の方が美味しかった。オーガニックが流行る前から、天然ものの方が美味しいと思ってたけど、違ったみたいだ。

養殖の方は、ほのかな甘みときしっとした歯ごたえがあるんだが。。。

 

天然の方は、やたら柔らかくて味が薄い。金魚を食べてるような感覚でかるく吐きそう(´;ω;`)

付け合せで入ってる大根のつまとわさびで流し込んだ。まぁ金魚食べた事はないんだけど、生々しい魚の肉ってイメージだ。

 

結論:魚も肉も、天然ものは味がダイレクト

先月に猪鍋食べた時も思ったけど、豚系の肉でも養殖の豚の方が私は食べやすかった。

※猪を品種改良して食用にしたのが豚ですよ、よく知られてますが念のため。

 

魚の場合でも、天然ものは生々しい。。。わかさぎの時は天婦羅で黒胡椒振りかけて加工してたんで気づかなかったけど、素材の味をいかした調理だと(刺身はそのまま)天然ものは生々しい。

 

魚の刺身がオエッてなったのは単に買ってきたやつが鮮度がいまいちで都会のスーパーだからかもだけど、天然ものの魚は覚悟して食べようと思った。