とある土木女子の日記

アラサー女が日々のアレコレをつづる日記です。更新は気分次第で。

ブログの身バレ!!

f:id:dobokutanuki:20180130183942p:plain

過去に身バレをしたことがある

正式なブログはここのブログが初だが、過去にMixiというFaceBookよりも陰キャが好むSNSがあった。そこでは身バレ&大炎上した事があった。

 

この頃は完全なる情弱だったので、本名、現住所、出身地、職業、出身校、誕生日、血液型など何のフェイクもなくアップしていたという猛者でした。

まぁ20代前半だったけど、馬鹿丸出しですね。。フウ((((。(´°Α°`)。))))ェェ

最初は旅行ブログ風だったのが、日常ブログになり、生活ブログになり、不平不満ブログになり、大炎上に。若かったなぁ。

 

経験上、ブログが身バレするきっかけ

次の3条件が重なったら、まずアウトですね(`・ω・´)キリッ

①本名、所在など個人が特定される情報を挙げてしまっている。

苗字と名前、年齢、職業、珍しい資格など、どこの誰かが絞り込める情報をさらしたら身バレの第一歩。※というか自ら暴露してますがな。

 

プロフィール欄みたいなのを丁寧に入力しなくても、マニアなファンなら記事を記憶してるので別々の記事で出てくる内容で絞り込んできます。

〇〇に家を建てた、〇〇で同窓会した、近くの〇〇にご飯食べに行った、〇〇と遊んだ、〇〇に子供が生まれた、〇〇に転職したetc.

 

②特定の知人について不名誉な事実を書きたてる

読者がそれほどいなくても炎上のきっかけとなる悪口、これは恨みを買うので①の情報を知ったとたんに、書かれた人が怒り狂います。

名誉棄損で訴えてきたり会社に告げ口したり、学生なら学校にチクったりなどします。

※ちなみに内容が事実でも嘘でも本人に不利益だと名誉棄損なんですって。

 

私の場合は、大学の学部時代に「こうなったらおしまいだな」という同級生の事を赤裸々に書いたら炎上してチクリをいれられました。

10年ほど前の私としては、出会い系でおじさん彼氏とか、母子家庭のふりして夜間部通うとか、算数も英語の読み書きもできないのに教育ぅ教育ぅ!!と主張してくるとか、きもくて耐えられなかったのよね。。。

汚いくせに、ズルしまくりのくせに、かまととぶって何こいつ(*゚益゚)

マイナス要素が多々あるぐらいなら「人間だもの」ですむけど、嘘つきだから余計癇に障る。

面と向かって発言したら無視してきたんで、皆にも分かりやすいように彼女の言動と行動を対比してばらしてみたら、名誉が毀損されたといって騒ぎだしたそうだ。

 

尚、私に関わるあらゆる団体にチクリをいれ、共通の友達にはずっと「はぶにしろ」と命令してたそうだ。

※同じ専攻じゃない集まりだからどうでもいいちゃどうでもいいが。

こちらは「気持ち悪い嘘つき女の実態はばらしとこ。こんなの信じる人間もどうかと思うけど、知らせとこ。」と当時は考えてた。

共通の友達に知らせることはできたけど、いま思えば別に「そういう物体も居るな。」でスルーでして良かった気がすごくする。

 

③社会的に好まれない言動をする

世間的に好ましくない事柄を書くと注目を浴びる気はする。

犯罪ではないけど、意見として人間は平等で全て尊重されるべきという建前にそむく内容はいけない。

子供なんて可愛くないしうざい・嫌いとか、障害者は生きてる意味があるのか、馬鹿は大学に行くなとか、働くなんて馬鹿馬鹿しいとか、糖尿病患者は自業自得とか、そういうのは気に障る人が多いらしい。

 

上記ぐらいは考え方の問題で自由は自由と思うけど、もっと別の段階の人らも居る。

エスカレートして実行に移すのか、犯罪の証拠をアップする頭のおかしい人が結構多いようだ。

動物虐待とかしてる写真をあげる重犯罪者から、マックか吉野家かどこかのファーストフードでゴキブリ入れる悪乗りの酷い奴とか。。

犯罪を堂々と出すのはどうか思うわ。そもそも犯罪はやったら駄目だろ。

 

一番の身バレ対策:計画的でも身バレはやはりわずらわしい 

最大に効果ありなのは、ブログを書かない事。

次点としては個人が特定されないようにする事。

その次が、嫌がられる内容を書かない事。

 

とはいえ、本来書きたい事を書くためにやってるとなると「批判するよりも、内容を自分主体にしておく」と言うのがいいのかも。

ちなみに現在は「特定されない条件下で、思ったことをそのまま書く」というスタイルだ。

 

 なぜこんな昔話を思い出したかと言うと、ブラック会社でも生意気に箝口令をしきだしたのだ。しかも契約書付きで。

こんな契約書が出る前に、大昔に魚面との対決があったので「訴えられても勝てるようなブログの書き方」をしてるので問題ない。

過去の身バレ時(これは半分計画的だけど)も、間違ったことは書かないけど呼び出されてぐちぐち言われるのは気に入らない。

 

だいたい私が文句を書くのは、底抜けにクソ卑怯なやつで直接言ってもごまかす相手ぐらい。基本的には直接面をあわせて、はっきり言う方が気持ちがいい。

面と向かって文句言ったら逃げてく奴は卑怯者、と悟ってからはむかつく対象にも出会う確率がだいぶ低くなった。

 

ともあれ、相手が会社の場合であれば、身バレのリスクとは「書かれた内容によって会社が損害を受けた場合」の話になる。

そうであるならば、所属会社と自分の位置をさらさず金銭面の問題にならない内容にしたらいい。

逆に言えば既に労基に提出するレベルの自分が金銭的・精神的被害を受けた形跡については書いた方が証拠になっていいと思う。

 

 

よく言われる「身バレ=職を失う」はよっぽどの場合じゃないか。

私、思いっきり書いたけど削除もしなかったし。Mixi自体に飽きて登録自体も半年足らずで消したからなくなったけど。どうも出会い系な要素満載で嫌気がさしたSNSだったわ。

 

まぁ、間違ったことを書いてないなら、堂々としてたらいいような気がする。

ただ言動がブログ版と実態版でかけ離れてたら、いたたまれなくて退職とかあるかもしれん。

あと公序良俗に反する事も、あとで本名を出す気があったら止めといたほうがいいかも。

 

なんにせよ今回、こういう箝口令をしてきたのはよっぽど去年訴えられたか、会社の口コミに文句でも書かれたのだろう。

すごく耳触りのいい言葉で契約書がかかれていたが、内容は簡単に要約すると「ネットに社内の事書いたら、罰金取るぞ」という100%脅迫だね。

書面で「脅し」なので私はかえってやる気がわいた(`・ω・´)キリッ

書きたいときに書くから毎日は無理だけど、駄目って言われたら気になるのが人間だもの。