とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ミニマリストではない

f:id:dobokutanuki:20180320161856p:plain

食べ物ネタ以外で初めて取り上げられた(w´Д`w)

またしても記念にスクショを収めた。が、この「新生活」のおススメ記事の方々はみなミニマリストさんだ。

私は気分に寄って断捨離をたまにするミニマリストもどきなのだが、考え方の似てるブロガーさんらが「ミニマリスト」なので調べてみた。 

はたして私はミニマリストに入れるのだろうか??

 

ミニマリストとは

改めて定義を見直すとこんな感じでした。 

ミニマリストとは、簡単にいうと、最小限主義者のことを指し、必要最低限の物で生きる人達のことです。

朝日新聞コトバンクだとこう。

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。 

自分に必要なもののみで、ヴィーガン(菜食主義)やスティーブジョブズ、お坊さんを思わせるスタイルだ。

「断捨離が好きな人」「物を欲しがらない人」で部屋に物が全然ない人ぐらいの解釈でいたけど、見栄とかそういう価値観ではなく、自分に必要なもののみを厳選するという職人的こだわりを感じる。

 

私はミニマリスト部分もあるけど、バブル要素もある

自分の暮らしに必要なものを見極めて最低限で暮らす、この姿勢がミニマリストで素敵な所。

そもそも家賃3万のアパートに暮らせたぐらいだから、私も本来は「もったいない精神」というものはあるのだ。

 

だがしかし。良いものは食べたいし、好きなものに囲まれて暮らしたい。

という事で「必要最低限」だと寂しいなと思う口ですね(´・ω・`)

最低限であれば迷いもないけど、やっぱ人生や空間にあそびは必要だよぅ(´・ω・`)

自分がやりたい贅沢をするためにガチガチと働くのもたまにはいいかな。

という俗人です。まぁタヌキが好きなあたり、庶民丸出しですからね。

※もちろん、身体や精神を壊すのは論外。あと稼げないのに贅沢したいはキチガイ

 

ミニマリストには憧れるが、私はミニマリストもどき(`・ω・´)キリッ

物欲を制し、いつも床に埃一つ落ちていない、「新しいものを買うなら、古いものを捨てる」「1out 1in」という形を必ずしも実行できてはいません。

意志が弱いのです、でもそれが私。

 

物がなくならなくても、物欲が湧き次第買い物に行きます(`・ω・´)キリッ

家賃が高いと言われても引越さないし、外食がもったいないと言われても食べ続ける(`・ω・´)キリッ

 

育った家庭環境と、一人暮らしになってから、土木の世界に入った事、いろいろ組み合わさった結果でこうなりました。

好きなものに囲まれるけど、無駄でどうしようもないものについては、断捨離する。

なにかいい名称があるといいのだけど。

シンプリストという無印良品が好きな人と言う部類(質素・統一感のある暮らしのスタイル)もあるけど、別に無印そう好きじゃないし。昔はよく使ってたけど最近いまいちな気がする。

 

シンプリストってやつではないなと思ったのは、台所の三角コーナーは不要と言うのを聞いて、捨ててやったらすごくスッキリしたから。

無印派の人だったら、物自体はなんかしらおきそうだもの。無駄なものを最初から置かないミニマリストスタイルの方が自分のスッキリする形に近い。

現時点では、ミニマリストもどきですかね(*´﹀`*)