とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

Dyson Cyclone V10 Fluffy

getnavi.jp

f:id:dobokutanuki:20180521165944j:plain

掃除機を10年越しパナソニックからダイソン最新型へ

去年から掃除機を買い替えたい願望はあったものの、実際に量販店で見比べて買わなかった。

ルンバはどうも吸引力が疑問だし、ルンバ使うには部屋がスッキリしていない。※床にものを置かない部屋向けかと。

去年のダイソンは充電用のブラケットが必須で壁に穴をあけてつけるので嫌になったのだ。

賃貸マンションだしそういうのはちょっとね(´・ω・`)

 

あと、実際使ってる人のイメージがどっちも悪かった。私はキモいなと思った人と同じものを買ったり、同じ行動するのが結構嫌なのだ。

ルンバはイクメン気取りの勘違いパパインテリ気取りの音信不通同僚で萎えたし。

ダイソンは金持ちアピールの激しい上司だったりで萎えたのだ。

 

個人的にはもう、業務用モーター付いてるマキタでいいんじゃね?って考えてたけど、デザイン的にマキタは欲しい気分にならなかった。

シンプルなのはいいけど、明らかに主婦向けの広告をみて、おばちゃんが使ってるイメージだとなんか萎える。まぁピンとこなかったのが大きい。  

dobokutanuki.hatenablog.com

 

今更ダイソンにしたきっかけや、価格について

今回は掃除機ではなくて、DVDプレイヤーを探してたのだけど、丁度ダイソンが張り切ってキャンペーンをやってた。

ルンバは一年中やってたけど、女子は基本限定ものに弱いやん(*´。・ω・。`*)

販売員も私好みのひげ坊主だったし、説明だけ聞こうかなつもりだった。

 

そうしたら去年の購入時で一番ネックだった、壁に穴開けて収納しなくてもOKという進化をしていた。

掃除機を探してたタイミング去年欲しかったメーカーでかつ向こうからディスカウントするというではないの。

モノを買う時にそこまで値段は気にしないけど、渡りに舟な状態だと即決。現金はなくとも躊躇なくカードを切る。

 

気になるお値段は公表通り、7万5千円ほど。どこの家電量販店で購入なのか、キャンペーンやってるかで7万強で済んだりもする。

私はキャンペーンと、いつもその家電屋で買ってるのでポイントがたまってたらしく(パソコンパーツとかDIY道具とか)7万きる位で購入。 

 

実際に使ってみた結果

リビングと寝室とざっと50㎡ほど掃除した結果。。。カップの半分ぐらいまで今までの掃除機では吸えなかったゴミやほこりが溜まっていたΣ(・ω・;)ノシ

 

今まで使ってた電源コード付きの掃除機で、まずフローリングから玄関までを掃除。

その後にすぐダイソンを使ってみた。

モーター等のスペックはネットでも引用した記事からも確認できる。

けど、実際ゴミを吸う吸引力が桁違いなのか、判定するなら今までの掃除機ですえないゴミが吸えるかどうかだわね。

 

先端を切り替えてソファや布団なども掃除できるので、5年ぐらいほぼ放置のベッドをなんとかしたいと思ってた。ベッドやソファにも使える掃除機を探していたのだ。

ここでもダイソンをかけてみたら、カップに半分ぐらい白い粉が溜まった。ダニやカビの死んだやつとか埃らしい(°Д°;

かけ終わった後、見るからにスッキリしてるので寝転がってみたら、えらい気持ち良かった。。臭いがちがったんよね。

私ったら今まであの白い粉たちと一緒に寝てたのかぁ、やだわーΣ(・ω・;)ノシ 

 

箱に載ってるおっさんの正体

ダイソンって会社の名前ぐらいに思ってたけど、創業者の名前らしい。箱におっさん載ってるわーと思ったらダイソンさんでした。清潔感のあるおじさんっていいわね。

あと、付属品や梱包もあっさりしてて好感度が上がりました。

取扱説明書もぐだぐだどうでもいい事書いてないし、ダイソンは掃除機界のAppleっぽいな。

写真も意識してるのかアメリカの起業家はああいうノリなのか、おっさんでも清潔で良い感じだ。

 

家電やものづくりは日本!ってイメージだったけど、コードレスでここまでの掃除機を作れるアメリカってのはすごい国だなと今更ながら思った。

常に電源コードから電力を供給してもあの威力かぁ。。。と思うと、日本はさほど技術立国でもないんかなという印象がしてきた。