とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

だめんずへの正しい対処法

特に女性の方々から反響がありびっくり。書きたくなったので語ります。

ちょっと長いですが、若い頃にモラハラだめんずに出会った話や思う事。

ほんと「クズ太郎」氏と性格がそっくりですが、私の方は医者版のクズ男で別人です。

 

私の場合は騙されたとはいえ、付き合ってしまったので少しは自業自得ですが、クズ太郎の被害に遭われた方は彼氏でもないのに大変やったね。。。と驚愕するばかり。。。。

 

クズ太郎はバイトで童貞のようだけど、もやしは既婚で正職員で仕事面がまともかどうかの違いはあります。どっちも性欲魔人できもいの極みであるのは共通。

現在はまっとうな男性と縁がありますが、容姿といい男度は比例するような気がします。

 

全国的に、同じような言動をするクズってたくさんいるものだ。

彼女も私の書いてるものにシンパシーを感じていたようでなんだかほっこり、私も読んでて鋭い切れ味に癒されていますよ*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

それでは私の考えるモラハラだめんずの処方箋を。

 

序章:「俺可哀そう」ブサメンにほだされてはいけません。

当時は20代半ばを過ぎ、彼は30代半ばだった。田舎の幼馴染の開いてくれた飲み会(要は合コンだな)で初遭遇。

 

連絡先をいつの間にか交換してたのか、翌日以降、そのブサメンは毎日「おはよう」「おやすみ」と連絡を入れ続けてきた。

こちらが返事しなくても1か月間送ってくるのでさすがに悪いと思い、返信しだした私。

これがのちに付き合い、裏切られるもやしである。

  

その後、やれ「後輩に女性を紹介してほしいから飲み会をして」だの、「翻訳してほしい論文があるから手伝って」だの、用事を作っては会う機会を作ってきた。

「返事をしないのも悪いし、声をかけてくれたんだし」と答えていた私。

そのうち、ご飯ぐらい一緒してもいいかと誘われるように。油断してたら不幸自慢で聞かされるようになった。

 

「俺はブサイクだから、美人で性格悪い酷い女に貢がされてきた。俺可哀そう」

「君になら心を開きたい」

「自分はもてないから縁のある女性は大切にする」

「今まで女性と付き合ってもらえたことがない」

 

という嘘八百にまんまとほだされ同情しだす。「この人はブサイクだけど一生懸命で優しい人なんだ。ブサイクで誤解されて辛い思いをしてきたんだ。」と信じ込まされる。

 

同時に私の趣味を聞き出しては真似して、食いつきそうな話題を振ってきたりもした。

そうして、私は半年後に落とされたのである。昔の私、ちょろすぎる(´;ω;`)

 

途中結果:モラハラだめんず、モノにしてから本性を出します。

自身でモテない男と宣言した通り、デートと言ってもご飯を食べに行き部屋でまったりするぐらいの退屈な関係。

好きなタイプなら全然ダラダラする関係もアリだけど、年上だからか「俺は医者だ!!羨め!!すごいと褒め称えろ!!」と付き合いだしてからモラハラが激しくなった。

「でもお前駅弁やんけ。私旧帝だし。」と答えようものなら2週間音信不通。

 

だんだんと私の精神は悲鳴を上げていた。普通に付き合ってるはずの相手が、些細な事で激昂して音信不通にする。けっこう年上だったのに。

モラハラについて書くと万字単位になるので割愛するがこんな感じ。

 

・割り勘で嬉しそうな表情をしろ

・デートは俺を楽しませることを考えろ

・俺はブサイクで禿げでチビな医者たちの中ではイケメン、優遇しろ!

・月に一度もセックスさせなかったら、浮気や風俗は当たり前

・音信不通?俺の機嫌を損ねるお前が悪い

・生理なのに食事に誘って、素直にくる女は頭がおかしい

・俺はお笑いが好きなのだから、一緒に笑え

・俺の価値観を尊重して当たり前、否定するな!

 

 

数ヶ月で無理でした。→ロミオメール来た。

以前に付き合っていた彼も相当でしたが、会話が成り立ちました。こんなモンスターとは無理無理無理無理。

そんなある日、率先して割り勘して嬉しそうに財布を出さなかった私は説教をされます。。。えええー。

 

私が悪いような気がして謝りましたが、その後3週間ほど音信不通に。

丁度いい機会なので、それでも白黒つけたい・スッキリしたい私は「今までどうもありがとうございました」とこちらから断りを入れた。

 

 

その直後も、ロミオメールは届いていた。

 

「連絡を絶ったのは、たぬきにいい女になってほしいから。」

「俺の後に付き合う男に同じ失礼なことをして別れてほしくないから」

「俺が不機嫌になるのはよっぽどだ、奢ってくれて当たり前というのは非常識」

「俺がここまで連絡してあげてるのは、気に入ってるから。」

 

そこでブサイク菌に感染していた私は「彼の言うとおりに、財布を出すふり」「お笑いを面白いと思う」事が出来るようになれば、彼の心を引き寄せるとかボケた事を考えていた。

それでも別れた以上、身体の関係は一切持たず連絡が来たら返すぐらいで様子を見ていた。

 

ブサイクの性欲の執念なのか、付き合う前の頃のように美味しい店を探しては「ご飯を食べに行こう」と誘ってくるのでのこのこ出向いていた。

「俺また信じてもらえるように頑張る」とか言ってたな。次の獲物が出来たら手のひらを返されたけど。

 

ブサメンとの結末

今になって思えば、落ち目の時代に押しの強い嘘つきに強制猥褻&モラハラにあったべな、って話だけど。

※詳しくは「ロミオメールは突然に。」を参照。

当時の私はブサイクの方が真面目で熱心に想ってくれると思ったら、わいせつ目的の男に精神的に虐待されて数ヶ月無駄な時間を過ごしたな、と反省している。

 

ブサメンもやしにはとある女性が近づいて、そちらのほうが気に入ったもやしに私はある日突然宣告される。

「たぬきは人として好き」「でも恋愛対象とはちょっと違うような。。。」

ちなみに彼女はいないと言っていたが、常に二人は確保していたようだ。

この女性はもやしが実家暮らしの時に付き合っていた二年間ラブホデートのみで文句を言わなかった同い年の元彼女という女性。

 

セコイ行動に目をつぶって自慢話は聞いて欲しい・常に自分と同じところで笑ってほしい・率先して割り勘して好意を示してほしい、というところで性格は合わないのだ。

私は自慢話をするなら寛大に振る舞えと思うし、謙虚で甲斐性がなくてごめんねというなら割り勘でもせこくてもいいやと思う。

 

あと、旅行なり釣りなりある程度アクティブに動きたいので、部屋でお笑い番組を見るとかちょっと無理。運転が下手な男とかありえないし。

 

付き合う前に「割り勘主義」「彼女と趣味は一緒でないと」と話すべきなのにぐだぐだ言い訳しとった。

 

「最初から割り勘をしたら、チヤホヤされてきたたぬきは無視するから」

「好きな人と同じ趣味でいてほしいというのは当たり前」

 

教訓:だめんずは無視でOK

芸能人でもあんなに綺麗なのにだめんずと。。。。というケースは多いけど一般人でもあるのよ。

よく男性で「女遊びは男のたしなみ」「結婚と恋愛は別物」「若い子と常にセックスしたい」「女を金で買って何が悪い」みたいな性欲魔人をみかけるけど、絶滅してほしい。

 

そういうのに限って、ターゲットの前では誠実そうなふりをしたり、仕事熱心な振りをしたり、家族が大事みたいな白々しいことを言う。

 

ということで、自分の体調がおかしい、皆が凄いという彼だけどどうも会うたび不快度指数があがるとか、好きなはずの人なのに体調が悪くなるのはモラハラのサインかなと感じます。

こういう人と上手くいっても、先にろくな事はないし、自分の評価を落とすことになるので質の悪い男と結婚したり付き合ったりはしないのがベスト。

 

私のように引っかかっても、すぐ別れて縁を切るのがいいかと思う。

賢い女性なら最初からスルーできるけど、優しい部類は要注意。

「可哀そうだし放っておけない」とか「友達もいい人って言ってるし」とかより自分の心の声を優先しましょう。

私の場合、付き合ってしまったがために「あいつは今でもおれの物」と思われてるのがけっこう人生の汚点です。

 

ロミオメールはまだ続いているのですが、思い返したら頭に来たのでかるく復讐をして縁を断ち切ろうという予定でいます。

おわり。