とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ヨガ教室に行ったら、カルト宗教だった1

きっかけは、一枚の手書きのちらし

仕事から帰ってきてポストを空けると、一枚のちらしが目に入った。

うさんくさい文章も載っているヨガ教室なのだが、引越してきた当初からはや5年以上は目にしている。

 

「また入ってるよ」と思ったが、今回のは手書きでキモ可愛いイラストも入ってたので部屋まで持って帰ってしまった。

※脳の臓器・腸の臓器に目と口が書いてある。東京タラレバ娘のたらとれば(白子ポン酢とレバテキのキャラクター)に似た感じかな。

 

イルチブレインヨガ

宣伝ビラにも怪しい文句が並ぶ「腸と脳の活性化」とか「脳がスッキリ」とか「脳の潜在能力」などなど。。。。

スピリチュアルもはまってた時期があるけど、なぜヨガにその要素が入るの???

 

前にジムに通ってた頃にヨガのレッスン、ダイエット目的でホットヨガにも手を出してたから、一般のヨガとは違うようだという雰囲気はあった。

「ま、ヨガは元来宗教から来てるものだし、個人でやってるかなんかの教室だから差別化でアレンジしてんのかな」と思ってたのだ。

 

今までのスタイルのヨガは飽きたし、体験で1000円で出来るならまぁ行ってみようか。と思い予約して行ってきました。脳はおいといて、腸をスッキリに食いついた。

 

電話予約でもう怪しい香りがプスプス

平日夜と土日の午前中に予約枠があるというので、電話をかけてみる。

。。。。。女性が出た。ちらしをみて予約したい旨を告げる。赤字はヨガ受付、黒字は私。

 

「もしもし、広告みてヨガの体験をお願いしたいんですけど。。。」

 

「はい。なんでうちのヨガに来ようと思われたんですか?」

 

「マンションにチラシが入っていて、近所なものですから」

 

「それだけ?もっとあるでしょう。お悩みですとかご不安ですとか。。。」

 

「そうですね。。ダイエットもしてるので腸をスッキリさせるという点で気になるなと」

 

「そうなんですね!では予約をお取りします。」

 

要約するとこんな感じなのだけど、言葉の端々に「お前は悩みがあって今の自分を変えたいからコンタクトしたんだろ?」という悪意を感じた。

それでもヨガ体験の相場にしては安いし、近所だし、時間もよさげだったのでそのまま予約を続行。

 

不信感のある対応だったので、ネットでググる

 

やはりというか、検索してみると「カルト宗教」「韓国人の洗脳詐欺集団」「損害賠償請求」などマイナスイメージのものがたくさん。

ヨガはオウム真理教の始まりとか、何十万何百万円の金額をむしり取られた話とか、代表者のセクハラ訴訟とか、まぁこれはやばいという感じだ。

 

ちなみに最初にアメリカで集団訴訟が起こされていて、何年かのちに日本でも起こされて弁護士もブログ?記事にしています。

国民生活センターにも300件ほど相談が寄せられてるそうです。

電話かけてしまった後にネットで見たので「ええーもう予約してまった。どないしよ」とは思ったけど。。。

 

カルト教団か。面白い、どんなもんかみてやろう。」と思う私も居た。そして、行ってまいりました(`・ω・´)キリッ

 

つづく。