とある土木女子の日記

ブラック企業や日常のアレコレをつづる日記です。好きなものは旅と猫。

ヨガ教室に行ったら、カルト宗教だった3 

イルチブレインヨガ最終章。もう、書いてて自分であきれてきた。イラストが可愛いとか近所だからとか、ヨガなら大丈夫かとか。。。。

5年以上もポスティングするなんてガッツがあるのね!と思ってたけど、違う。

いいカモをゲットする餌蒔きは欠かさないってだけだったな。しつこいのと熱心なのは別物です。ふぅ(´;ω;`)

 

そもそもヨガは餌で、本命は信者の勧誘

受付とはうって変わって、ヨガの行われる部屋はオウム真理教サティアンを思わせる雰囲気だった。とはいえ、完全な密室ではなく、片面は窓がついていた。

殺風景なクッションフロアに、正面のボードには地球を模したポスターがかかってる。さすがに教祖の似顔絵とかはなかった。

 

が、ちらっと背後をみるとさりげなくニュージーランドへのツアーで30万円とか、地球人意識を回復する真理発見の旅?みたいなフライヤーが置かれている。

たぶん最初は健康のためのスピリチュアルなヨガという事にして、徐々に怪しげなプログラムを数万円・数十万円と組ませる感じのようだ。

 

エステや美容外科の仕組みに近いかも。お客や患者は気になる箇所を直しに行くだけなのに、本命の対処や処置以外の金がかかることを勧めてくる。

お試しの脱毛やフェイシャルとかを入り口にして、セルライト除去も必要ですよ・脂肪吸引もどうですか?ってやつやん。

今回の場合はヨガから始まって、精神の修行と称して変なセミナーがついてくるって感じですわ。

 

腸セラピーお姉さんの勧誘

綺麗ではないお姉さんに、優しい感じでマッサージをされる。加えて、親身に話を聞いてくれるところに「これはあなたのためにとてもいいですよ」と誘惑してくるのだ。

本当に悩みがあって藁をもつかむ暇な人なら引っかかった事でしょう、あと「こんなに親切にしてくれた人に断ったら悪いかな」と罪悪感を持ってしまう善人はいいカモ。

 

私は。。。ネットの事前チェックと今日の様子で「ないないないない」と思っていた。

やばそうなのはヨガ段階で発覚してるので、「様子分かったんで帰りまっす!」と申告したのだ。

ところが。「私たちの腸セラピーを試してもらってから判断してください。ここで帰ってしまうなんてもったいなさすぎる!!」

と言われ、渋々「分かち合い」だの「腸セラピー」だのを受けたのだ。

 

まぁ変な道具を使うけど、丹田だかへそ周りをほぐしてもらうのはそこそこ良かった。でも自分でもできると思うし、これを仰々しく「この手法だから」というのはないわ。

 

頃合いを見計らって、勧誘スタート!!

会話からやばさがわかります。赤字:イルチブレインヨガ、黒字:私、青字:心の声。

腸マッサージが始まり、ある程度血行が良くなったところでやつは言った。

 

「こうしてると血行が良くなるでしょう?あら?小腸の動きが鈍いですねぇ。。」

 

 

「そうなんですかー。事前に宿便が気になるって話をしましたけど、悪いですかね。」

あらかじめ話した内容に沿ったこというとるだけやんけ、小腸の位置ぐらい誰でも知ってんだわ。

 

「ええ。これはほっとくと危険ですよ。ダイエットされてるんですよね?」

 

「はい。食事制限と筋トレで戻りつつありますが、ヨガも加えようかなって」

危険な状態なら、もっと酷い症状でてるわ。ぱぱっと病院で見たほうが早いやろ、つかとっくに精密検査済みやわ。こいつなんやねん。

 

「そうでしたら、ここはおススメですよ。ヨガのコースもこうして個人ごとにカードをお作りしてこうしてマッサージもできますし。サポートできます(ドヤ)」

 

「へぇ。いろんなヨガがあるもんですねー。」

 

「本当だったらひと月1万6千円なんですが、今なら特別に1万円で入会できますよ☆」

 

ええー。ヨガで年間12万円が得か?あの内容で?ユーチューブでググれば、きちっと肥満外来行ってもお釣りがくるわ。スポーツジムでも8000円の月会費だったような。。。

 

「ヨガなのに高いっすね。あと、年齢層的に私合わないと思いまっす」

 

「個人個人をケアして、精神を健全にするからこそです。高いものほどいいのですよ(ドヤ)」

「この講座に体験で来られたのも、引き寄せがあったからです。これを機会に、真に健康な体を手に入れましょう!!」

 

ダメだ、こいつなんとかしないと。

 

私のターン!!

「けっこうジムとかヨガとか前に流行ってたんだけど、合う合わないあるので結論せかされるの嫌なんですよね」

「ダイエットって消費カロリーが摂取カロリーを越える状況が続かないと駄目だし、ヨガはストレッチに過ぎないから、あくまで補助と考えてるんだけど」

 

「ですからぁー弱ってる腸の力を取り戻せば、宿便が出ます。お通じは一日に三回あるのが健康的なんですよ!!そこから変えないと!!」

 

なんだろう、この宗教の教えのせい?「腸と脳がうまく働けばオールOK」みたいな発言が続くのだけど。。。

ダイエット以前に人体の代謝なり、知識が乏しすぎる。こんな人がいて、ろくに働いてなさそうな非リア充の退廃した教室にいくのはちょっと。。。。

 

もう「宗教ですか?頭おかしいんじゃね?」と言いたかった。が、温和に済ませたい。

うんこは確かに大事だけど、排便の数より排便の質でそういう事も知らないのに「腸の免疫力がー!!脳が活性化すればー!!」だもの。ある意味、洗脳されてるのか?

あと、宿便も説が定まってないので「留まってる滞留便」の域を出ないのだが。。。

 

「この教室に通って健康になった方は沢山いらっしゃるんです。とにかくチャレンジしないと!!」

 

ええー。もう無理無理。健康になった気分にはなるかもしれないけど「感謝の掃除」とか「無理やり褒める分かち合い」とか「うさんくさい変なセラピー」もう要らない。一回で十分、もういい。

 

「。。。。一度ゆっくり考えたいです。ヨガもいろいろあると思うし、まだ一件目なので。縁がありましたら宜しくお願いします。」

 

「分かりました。お待ちしてます(ドヤ)」

 

感想:話の通じない宇宙人だな。。。

自分の信じることは正しい、というのは他人に押し付けてはいけないよね。

見送りに来た時も、お待ちしております!とかほざいてたし。

強めにいったら逆切れするだろうし、「今日の今日なんて契約しない!」ぐらいのマイルドさでいってみたが。。。。

 

契約書にサインしない時点で、もうこいつ無理って諦めようよ。やる気があったらさっさと契約するし。

ブサイク元彼も「別れた彼女は俺の事をずっと好きで待ってるはず」みたいな思い込みがアレだし。。。

女性でもいるね、変なやつ。無理無理無理。

 

医者妻もその気はあるんだけど、プライベートだし「ばーか、ばーか!!」っていうと音信不通にしてくれるのに。

本当に意思疎通が無理な人って。。。いるんだな。。。。