とある土木女子の日記

土木業界にて働くアラサー女の日記です。

2017年上半期終了→後半期スタート

早いもので、今年ももう半分が過ぎた。

あちこちのブロガーさんが抱負を述べていたので、便乗して考えてみる(`・ω・´)キリッ

f:id:dobokutanuki:20170505010212j:plain

 

個人的に2017年前半期でよかったことベスト3について語る。

 

No.1:ブログを始めてみた

振り返ると、今年の2月に始めてたみたい。

最初はブラック企業に入って、「私の人生何でこうなんだろう、もっと要領よく生きてけたらいいのに。はぁ(´;ω;`)」「復讐してやるお(´;ω;`)」ぐらいの気持ちだった。

書きだしたらそんなにブラックでもなかったし、その後のステップアップにつながったから結果オーライだわ等、いい事にも気づけたので、前向きになった。

 

Facebookとかインスタでもいいんだろうけど、実名で綺麗ごとを書くストレスというのは時間の無駄になってる気がする。私はブログ派かなぁ。

 

No.2:彼氏ができた

昔からの男性不信に加え、マニュアルに従った恋愛や結婚(3度目のデートまでエロいことしたらダメとか追うより追われるようにとか結婚できなきゃ意味ないとか)に嫌気がさして、しばらく清い生活をしていた。

マウンティング女子の餌食になるし、男に振り回される生活って嫌だったから。

 

ところが、仕事関係で今までの人生で会ったことのないクソタイプのイケメンに出会ってあっさり現役復帰

プライバシーの範疇になるのでぼかして書くが、軍関係でわりと上の方で、年下。

警察でいうとSATみたいな感じ、訓練の内容ちらっと聞ける範囲で聞いたけど普通の人じゃ無理だな。聞いただけで泣きそう。゚(゚´Д`゚)゚。

ああいう訓練に耐え抜いただけあって究極のドМだけど、男らしい。

でらいい筋肉してる(*´・∀・*)moeru

「彼に出会うと分かっていたら誰とも付き合わなあったのにな」ぐらいに反省。

 

娘が出来たら、妥協して変な男と付き合うなら処女でOKといってあげたい。百害あって一利なしだもんね。

まぁいつドンピシャに出会うかなんて分からないから、友達がいいからとかハイスペだからとかは無視で、自分の本能的にいいなと思う相手だったらいけよと思う。ちなみに仕事のスペックは付き合ってから聞いたので、勘で行きました。

 

No.3:仕事が波に乗ってきた

 今の仕事のキャリアの第一歩が小さな町の土建屋だった。職人によく泣かされたなぁ。

女子の大半からは「なんでそんな汚い仕事するの?」って目で見られるので、キラキラ女子の友達と院時代の意識高い系でやたらその大学卒のブランドをプッシュする層とは袂を分かった。

これまでホワイトカラーで年収はそれほどよくもないけど、安全できれいな仕事で一般的な男受けのいい仕事についていたから落差は大きかった気はする。

 

そんな修行時代(メンタル的にも仕事的にも)をへて、中堅ゼネコンにヘッドハンティングされて今に至る。

さらに上に行こうと、最大手の企業から声がかかったところで「私、大きい仕事に就かせてもらえないなら仕事する意味ないんで〇〇に移ります。役職もいらないです」とけじめをつけにいった┗(`・ω・´)┛フンヌッ!

結果、JVか出向という形で私の希望が前面に通った。もう辞めてやる気満々だったので、運がよかった。

「一緒にやってきた皆とも離れるの嫌だし(とはいえ仕事では部署変わるけど)、よかったぁ(-^0^)人(^0^-)イェ~イ☆」って心境です。

だって苦しい思いしたんだから、動ける時に動かないとね。あんまり忠誠心とか高くないのです。 

 

 

後期(7月以降)はここを改善してきたいなということ3点もあげておく。

 このままではやばいので改善したいことリスト

 

その1:家事がやばい

仕事が最優先という事もあって、掃除・洗濯・料理というものをほぼ「やれるときにやって、あとは手を付けない」というスタイルを通していた。

結果、洗濯かごから洗濯してないシャツやら下着やらをためて軽く匂っている。

ちなみに匂ってみてくさくなかったら下着も洗わないし、極力洗わない服が多いのだがクローゼットが臭くなるのでちょっとでもにおったら洗うようにしたい。

※作業着は汗が半端ないので二日以内には洗う。

 

ご飯も基本が外食なので、あるべき調味料がきれていたり賞味期限のきれた食品がわさわさあった。

彼を部屋に招いたときに、だし巻き卵はじめ和食をふるまってくれたのだがその際に「しょうゆがなかった」

さすがに、女子以前に社会人として。。。。不摂生なのかなと反省。料理したいときにアレがない!ってのはだめね。

衣食住は生活の基本なので、「着る物は常にスタンバイして、たまには自炊して、清潔な部屋を保つ」という点は守っていきたいな(*´・∀・*)

 

その2:生活リズムがやばい

 

飲みに行くのが好きなので、もともと家でご飯を食べることがない。

会社の部署でも女子が私だけだし、他の部署にもよくプラプラしてる事が多いので無駄に顔が売れていて飲みの誘いが多いのだ( *゚∀゚* )

残業が必ず発生する業種なので、それは仕方ないし楽しいからいいかなと思ってる。

私お金払う事もないから、財布がアレだからいかないとかにならないし。

 

問題は誘いがなくて一人でもプラプラ行きつけの飲み屋で毎晩ご飯を食べていたのだ。

最近家計簿デビューしたが、自炊は今年に入って5回しかしてない

あとはどこかのレシートか領収書が。。。そりゃ太るわけだ。あまりホリエモンがふくよかとか言えないような。。

こんなに性格がわがままなのにお呼びがかかるのは嬉しいけども。限度をきめたいね。

 

 

その3:余計な事を言い過ぎてやばい

ブログでも実際の人間関係でもなんだけど。

見た目がぼんやりしていて、マウンティングの餌食にはなりやすいのだけど、その際に言わなくていいことをよく言いかえした気がする。

例をあげるとすると、「結婚や子育てを羨ましがって欲しい女」に対して、「私は自分の人生第一なんで、誰でもできる家事育児に興味ないっすね(*´・∀・*)」って感じで言い返しちゃう。だって羨ましいと思えないのに強制されるとうざい。

2017年の上半期に限らず、田舎の幼馴染に村八分にされてからずっとこのスタイルだった。

 

しかし、高校からの看護師の友達(一緒によく海外旅行なりディズニーなり行ってた)に縁を切られた。田舎の幼馴染と同じである日突然、連絡がつかなくなる。

この話は長くなるので後日書くけど、わりとショッキング。

もともと「結婚出産が人生の全て教」にかかっているのだなとは思ってたけど、ついに。。って感じかなぁ。わりと予兆がわかるようになってきた(´;ω;`)

ビジネス本の「Yes,and」話法までいかなくてもいいけど、調子こいたこといってきたら軽く流すようにしたいと思う。

 相手が自分の考えを押し付けようとするってのが当然いけないと思うけど、そういう主義の人に何言ってもアレみたいだからうまくかわすのだ。